福岡発 コリアフリークなBlog

「許さんばい!安倍政治。」
韓国や韓国語に関する雑学メモ。筆者は福岡在住の自称「ヲタク」。Since 05/9.14

朝鮮族の新天地とF4

2016年10月11日 |  ○中国朝鮮族


△ソウル大林洞(Daum地図ストリートビューより)

1993年に始まった韓国の外国人産業研修生制度(ビザ区分=D3)は、
10年後の2003年には外国人単純労働者の新しい受け皿となる外国人
雇用許可制(E9)
へとシフトした。


△中国への宅配を受け付ける事務所(Daum地図ストリートビューより)

そして、2006年には雇用許可制と並行し、別途、朝鮮系中国人(朝鮮族)を
主とする在外同胞のみを対象にした訪問就業制度(H2)を新設した。


△F4資格を強調する行政書士事務所(Daum地図ストリートビューより)

このH2は、25歳以上の在外同胞を対象に3年間(1年10か月の延長
可能)の韓国滞在と単純労働への就業を認める、というもの。


△事務所の窓で在留資格の説明①(Daum地図ストリートビューより)

その後、2012年には、同じく在外同胞のみを対象にした在外同胞
ビザ制(F4)が加わった。


△事務所の窓で在留資格の説明②(Daum地図ストリートビューより)

F4は、本来、有資格者や高学歴者、一定規模以上の事業主、60歳以上の
高齢者などを対象に、単純労働への就業を認めない代わりに、3年ごとの
更新義務を果たせば無期限で韓国在留を認めるというものだった。


△事務所の窓で在留資格の説明③

しかし、現在、就業制限は大きく緩和されているので、在外同胞に
とっては、実質、永住権(F5)に近い意味を持つ在留資格に
なっている。

参考までに、韓国で永住権を取得すれば、当然、就業制限や更新の
必要はなく、取得後3年が経過すれば選挙権も認められる。


△不法滞在者にH2、F4取得を呼びかける事務所(Daum地図ストリートビューより)

近年、韓国で急増している朝鮮系中国人のほとんどは、上記のF4と
H2ビザの所持者と、その家族だ。

法務部の資料によれば、2016年7月末現在、F4(在外同胞)ビザ所持者が
35万5000人、H2(在外同胞訪問就業)ビザ所持者が27万人に上って
おり、そのほとんどが朝鮮系中国人だ。


△F4取得には一定の韓国語能力が求められる?(Daum地図ストリートビューより)

D
aum地図のストリートビューでソウルの朝鮮系中国人の街を観察して
いると、多種多様な中国料理店に混じって、多くの
行政書士事務所や
職業紹介所、旅行店が目につく。


△地下鉄大林洞駅近くの職業紹介所①(Daum地図ストリートビューより)

在留資格を延長したり変更しようとすれば、行政書士の手助けが
必要となる。


△地下鉄大林洞駅近くの職業紹介所②

また、
とにかく生きていくためには何より仕事が必要だ。



そして、故郷と往来するためには飛行機や船、列車のチケットも
必要になる。





(終わり)



参加カテゴリ:地域情報(アジア)

『アジア』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 韓国の新8大中国人街 | トップ | 朝鮮系中国人街の学習熱 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む