福岡発 コリアフリークなBlog

「許さんばい!安倍政治。」
韓国や韓国語に関する雑学メモ。筆者は福岡在住の自称「ヲタク」。Since 05/9.14

延吉と韓国の衛星放送

2016年11月05日 |  ○中国朝鮮族


△延吉市郊外の昔ながらの胡同

いくら朝鮮族の自治州でも、おそらく中国内で韓国の衛星放送を
見るのは公的には認められていないはずだ。


△延吉市郊外の昔ながらの胡同

インターネットの利用にすら厳しい制限を加えている中国当局が、
自由主義国(韓国)の衛星放送について自由な視聴を認めているとは
考えにくい。


△壁にははっきりと「한국위성(韓国衛星)」の文字が見える

しかし、実態として延吉市において、朝鮮族のかなりの世帯で
韓国の衛星放送を見ているのではないかと考えざるを得ない。

上記の画像からも見て取れる通り、韓国の衛星放送を見るための
受信器具が、何らかのルートで売買されているのは間違いない。

朝鮮半島に近い延吉ならば、受信器具さえそろえれば、
2、3の
衛星を通じ、韓国の主要テレビ局の放送が無料で見れるのだ。

その気になれば、有料サービスのSkylifeを見ることだって可能だろう。


△延吉市郊外の昔ながらの胡同

百度地図のストリートビュー(2014年5月撮影)では、延吉市の
かなりの世帯が衛星放送を受信していることが確認できる。



中国のテレビ放送は、CATV(ケーブルテレビ)が主流だとのこと。


△非常にアンテナの多いマンション

中国のテレビを見るためなら、わざわざアンテナまで設置して
衛星放送を見る必要はないのだ。




(終わり)



参加カテゴリ:地域情報(アジア)

『アジア』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 延辺大学のTOYOTA | トップ | 延吉の右ハンドル日本車 »
最近の画像もっと見る

 ○中国朝鮮族」カテゴリの最新記事