いたこわ漫遊喜 -霧ケ峰山麓発信-

 脳出血からの後遺症13年目、前に歩め歩めの毎日。
   (起・HP2005.1・blog2005.8~ )

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

“福沢諭吉”生まれる

2005-12-12 | Weblog
 12日(月)  6時半起床   幕末から明治にかけての最大の思想家・教育家、福沢諭吉・1834年12月12日、九州の下級武士の次男として誕生。蘭学を修め、渡米・渡欧、慶応義塾の設立等を通じ、生涯にわたって西洋の合理主義思想を紹介した。「学問のすゝめ」・「西洋事情」などの著書が有名。学校教育だけでなく、家庭の大切さを説いた諭吉の言葉『一家は習慣の学校なり。父母は習慣の教師なり』

  今の教育の世界に、習うことはたいへん多く、また家庭のお父さんや、お母さんには耳の痛いことと思う。諭吉爺さん、もう一度この世に戻って世直ししていただけませんか。 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« “電話のはじめ” | トップ | “クシャミ” »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
福沢諭吉の祖先は・・・ (た)
2005-12-12 18:54:14
福沢諭吉は九州中津藩の下級武士の子供,と普通言われています。そのご先祖が茅野市の出身だったということをご存知ですか?

ビーナスライン(R152)のジャスコ(ビーナスライン茅野ショッピングセンター)のすぐ上を曲がって「前橋」を渡り,「福沢」地籍にはいります。すぐ右側に小さな公園がありそこに「福沢諭吉祖先発祥の地」(だったかな?文言が間違っているかもしれない)と書いた碑が建っています。その由来書きもあります。ぜひ一度ごらん下さい。d(^_^;)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む