ポッコのフォト散歩

野鳥を主に折にふれ風景、お花などの写真撮影を楽しんでいます。

可愛いゴイサギ

2017-05-15 23:26:13 | 留鳥
先日のダイサギのコロニーではゴイサギも仲良く混在しておりました。
その愛らしさはパソコンに取り込んで初めてわかりました。
巣材運びのゴイサギ







巣作りの手直し中




餌を狙って




ペア




赤ちゃんのようなカップル!




おまけ
コブハクチョウのヒナ



今はヒナ誕生の季節ですね!沢山のヒナの出会いがありますように!




ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 絶妙なシラサギ! | トップ | まだまだ懲りずに(笑) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (mio)
2017-05-16 01:29:30
コメントにあるように幼鳥のようなふくっらとした可愛さですね。コブハクチョウのヒナのふわふわの羽毛。
無事育ちますように。
触覚のような長い冠羽 (hazar)
2017-05-16 17:17:58
こんにちは ポッコ様

こんなに いろいろな鳥たちを たくさん、どれも こんなに 愛情深く撮られて…

撮られるまでの ご準備と、撮られる瞬間の集中力、撮られてからの調節や整理、upまでと、ほんとうに自然に楽しくなされておられるのは伝わってまいるのですが、カメラを扱わぬ者には計り知れぬ、ご努力と工夫の賜物にて、こうして拝見でき、ほんとうにありがたく、頭が下がる想いで一杯です…

藤の絡まり降りる渓流に 巣を営む 幼い夫婦の、くっきりとした色合いでふんわりと柔らかな羽毛と、ガーネット色の目の深い慈しみの耀きに、圧倒され…

そしてまた、ポッコ様の飛ぶ鳥のどれもがそうなのですが、飛翔する、一枚一枚の羽先まで神経のゆきわたった翼の拡がりが、風を切り、光の透ける様子に目を奪われ…

あと、ゴイサギの冠羽というのか、触角のように長い二本の羽が、状況や気分に応じ、いろいろな形をとる様子が写し出されていて、とても感動的でした…

古代エジプトの神鳥は、アオサギからきていると言われますが、首も長く大きな鳥で、冠羽は黒いので、小型で親しみ易く、愛情深く、白い冠羽のゴイサギも、こうしたイメージに重ねられているのでは、と想ったり…
(上から三枚目の画像)http://www.nydailynews.com/news/world/grader-officially-names-asteroid-nasa-explore-article-1.1333015

いつも ほんとうに ありがとうございます

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。