yoshのブログ

日々の発見や所感を述べます。

山中問答 李白

2017-05-19 06:27:37 | 文学
詩仙 李白の七言絶句を紹介します。
  山中問答
問余何意棲碧山
笑而不答心自閑
桃花流水窅然去
別有天地非人間

山中問答(さんちゅうもんどう)
余ニ問ウ 何ノ意アッテカ碧山ニ棲ムト
笑ッテ答エズ 心自カラ閑ナリ
桃花流水窅然然(ようぜん)トシテ去ル
別ニ天地ノ人間(じんかん)ニ非ザル有リ


「訳」
 人が私にたずねる。「どういうつもりで、人里離れた緑の山にこもっているのか。」 そういう問いには、笑って答えない。わが心はのどかである。
桃の花びらが川の流れに散り、はるかかなたへ流れてゆく。ここは世俗と違うすばらしい世界が、別に開かれているのさ。

 「鑑賞」
故郷の蜀を出た李白は隠者や道士たちとしきりに交わり、隠逸の生活にあこがれた。深山に住まう境地には「笑って答えず」である。桃源郷の語のもととなった陶淵明「桃花源記」をふまえて「桃花流水」の句を配し、理想の別天地を
うたいあげる。飄々としたこの趣は、李白の実生活うたったというより、理想の境地を描き出したとみるべきであろう。絶句の形ではあるが、平仄のきまりを無視したり、第ニ句の「而」のような散文に用いる字を使っているのも注目される。
石川忠久 「NHK漢詩紀行」 日本放送出版協会
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 忖度 | トップ | 考えをめぐらす »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。