Y;の備忘録

 自由気ままにつづってます。最近は登山記事多めです。初心者山登りの参考になれば・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

男体山下山

2010年07月29日 | 

   戦場ヶ原の三本松から望む男体山

男体山の登頂ルートには、通常ルートの二荒山神社からのコースと、
裏側にある志津峠からのコースがあります。

自分が参考にした「栃木の山」には、二荒山神社から登って帰りは志津峠方向に下山し、
そのまま戦場ヶ原の三本松まで林道を歩いてからバスで帰る参考ルートが載っています。

二荒山神社を往復するほうがはるかに時間短縮になりますが、
せっかくなので、本にある参考ルートで下山しました。


  12:20 下山開始


 こちら側の尾根を歩いて下山します。後ろで雲に隠れているのは太郎山。

志津峠ルートのほうが傾斜はゆるやかです。
でも登山道がけっこうえぐれてるので、それほど歩きやすくはありません。
お腹が空いてるので、あまり体力を消耗しないようにスローペースで下山しました。


 14:15 志津峠到着

水はここで飲み干しました。
こちら側から降りてきたことを若干後悔します。

後は2時間かけてひたすら林道を歩きます。



・・・約30分後・・・

新型プリウスに乗った紳士の方が、「乗ってくかい?」
と声をかけてくださいました。


「いいですか!ありがとうございます!!」


こういう方に出会えるのも山の魅力の一つでしょうか。
なんでもこの紳士は千葉県の九十九里から女峰山に登りにきていたみたいです。
ちなみに女峰山山頂は雲で景観は得られなかったそうです。残念。


紳士はもう1人救助して、二荒山神社までお礼も受け取らずに送ってくださいました。

感謝感激です!


  締めのコーラ

今回の教訓
 教訓① 食べ物を用意し忘れてはならない。
 教訓② 片道3時間かかる登頂には、水2Lは持参すべし。
 教訓③ さらなる絶景が見たければ、朝6時には登り始めるべし。


***オマケ***

今回も山頂で投げましたよ。4クラブ片手10キャッチ1発勝負。
結果はごらんの通りです。




早っ!
そこそこのウォーミングアップで結果を残すのは大変なんだということを痛感してます。
でも気持ちよかった~。

これからも日々精進あるのみ!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 祭り、川、花火、滝、山を見... | トップ | パラグライダー体験記① »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事