つちのこブログ

趣味の古書店 つちのこ堂 HP→http://tuchinokodou.com

趣味の店 つちのこ堂 新入荷のお知らせ(111)

2016-04-02 17:11:58 | 新入荷本

前回に引き続き↓

恐怖の快楽 ぶんか社 1998年〜1999年と2000年(1冊のみ・・・)を出品しました

創刊3・4年目です。

児嶋都・谷間夢路・神田森莉・腐乱死ス子・山咲トオル・吠夢・さがみゆき・小津哲也など、各先生方の面白い短編掲載されてます


     
心優しい「口裂け女」良かったです




また、1998年9月号から隔月な感じで、呪みちる先生の短編が掲載されています。

 【溶ける蠅女】より

呪先生は、何気に懐かしくも美しい絵を描かれますよね

登場する女の子、風景や背景、コマに小さく書かれた家具、道具・・・・・いちいち良過ぎなんですよ。

その上、世代ツボに嵌る【フラットウッズ・モンスター】や【ベルゼブブ】や【ニューネッシー】なんかの絵が出てくれば、

鑑賞しすぎて、読むの止まりますからね(笑)



で、『火星高校の夜』辺りから、気になる指数が再燃してるので、いつかは参加したい(実は行きたくてしょうがない・・・)

トークショー行ってる夢(夜見るヤツですよ)見たり(笑)で呪先生にサイン貰ってんの(汗)

目覚めて、ミーハーオヤジか!!俺は・・・・・と思う事が正直、ある




石井まさみ先生も相変わらずですが、1999年辺りは、ややレディコミ路線になってます(だが・・やはりグロい)

  刺身ダイエット効いてるね
【やせすぎた女】これ、書き直しとかで、再録あったんだっけ?

もちろん【MASAMIの奇虫ホラー】ですので、オチはありますが

こんなの読んだら、刺身食うの抵抗感じるなぁ・・・。

石井先生は巻末の『読者の快楽』お便りコーナーで、いつも面白いです!!って毎回絶賛されてる。




坐磨屋ミロ先生【胎児の夢】

胎児(ミヤコ)を通して、社会に対する風刺の効いた1話完結(全24話)の好短編シリーズ

    【しかし みんな夢をみる】

前回も書きましたが、坐魔屋ミロ先生の短編、私的ですが刺さるの多いんですよね

短編まとめて、何とか出版されないですかね




『恐怖の快楽』2000年以後は、ほとんど読んだ事ないのですが、たまたま手元にあった2001年辺りを

見る限りでは、レディ色強く、ホラ色かなり弱く感じますので、ホラー好きの触手が動くのはこの辺りまでなんでしょうかね

そんな【恐怖の快楽】事情に詳しい方、是非教えて下さいな



今回の雑誌も『おすすめ本とセット本』に出品しています。

今回出品しました雑誌は全冊「売り切れ」ました。ご注文ありがとうございました。




あと、古書ビビビ様の過去ログでずっと気になってた、白川まり奈先生の未発表作品「犬神屋敷」が8月以後、

まんだらけ・古書ビビビ様のご尽力で出版されるって

書影見本みたら、まんだらけ(様)バージョンが旧ひばりで、ビビビ(様)バージョンがヒットコミックス。

カバ絵ともに違うし、カバ絵とカバ背の絵なんかも完全にキテルし、

旧ひばりのは「特選」入ってるし、ヒットコミックスのは「中殺」の次ナンバリングだし

 

でもって、安藤社長ご遺族の許可済みで、本物ひばり仕様だから・・・・・・すごいよね!!!

イベント用ジャケも気になるなぁ(曙出版バージョンはさすがにない?)


何しろ嬉しすぎ!!!
これは皆様、どっちも絶対買うでしょ

あ〜何だか、すげ〜〜〜楽しくなってきたよ(^^)


子供の頃「どんづる円盤」読んでひっくり返った事や、キノコンガの復刻出たの嬉しすぎて新刊いっぱい買った事や

カラー原画オクで落札できず、ふて寝した事なんかを思い出しちゃったョ(鬼姫おろちのカラー原画欲しかったなぁ・・・)

まさか、まり奈コレクションに未読作品を加える事が出来るとは(泣)×

生きてて良かったぁ(レベル)ーーーーー








お気になるタイトルがございましたら是非つちのこ堂ホームページにおいで下さい。

つちのこ堂HPはこちらまで→http://tuchinokodou.com

出来る限り高額でお買い取りいたしますので、どうぞ本をお売り下さい!!

ご蔵書のお見積もり・大歓迎です(^^)

怪奇・ホラー漫画売って下さいな(๑•﹏•)v



この記事をはてなブックマークに追加

趣味の店 つちのこ堂 新入荷のお知らせ(110)

2016-03-03 21:38:30 | 新入荷本

PC買い換えたのですが、データ移行に手間取ったーーーーー



恐怖の快楽 1996年〜1997年 ぶんか社 出品しました

【レディース・コミックと恐怖漫画が合体したニュータイプ・ビッグホラー誌!ついに創刊!】創刊号表紙より。

本誌は創刊当初から、レディコミの認識のみしかなく、一部立ち読みだけの読まず嫌いで、ほぼスルーだったし、

後のレディコミ完全台頭で、ホラ雑誌無くなっちまったじゃねーか・・・みたいな感情がずっと私を支配してたんです。

(もちろん、本当(最大)の理由は、ホラーブームが去った事で、ホラ雑誌売れなくなったからなんですが)

ホラーブームの落日を認めたくない私としては、何かしら他の理由が欲しかったんですよ(笑)

そんな感じで、今更なぁと思いながら熟読したらば、オイオイ好短編てんこ盛りじゃんかな感じで大好きになりました

って前にも同じ事書いてたし(ハハハハ)

ですので、マイコレにして、ずっと仕舞い込んでおこう・・・と考えていましたが、思い止まる事に成功しました。

私より本誌を必要とされてる方がいらっしゃる(いない可能性も【無】ではない)と思いますので、放出ぢゃ

あと、この辺りで、状態良いのが出る事は、ほぼ皆無だと思います(各種ホラ雑誌をも凌ぐ、完全読み捨て雑誌だよね)

     

ホラー軸での主な作家様ですが、あかしまや(森由岐子)・さがみゆき・児嶋都・石井まさみ(岬マヤ)・谷間夢路・鹿野景子

伊東倫智・高塚Q・坐磨屋ミロ・空路・山咲トオル(1997年初登場)・呪みちる(1998年初登場)らの先生方で(豪華ですね)

結果、90年代の「恐怖の快楽」はホラー色も強く、かつ大人向けな分(少しは子供向きなのもあるョ)

刺さるか、引っかかって脳の中に残留する【珠玉の短編】ありすぎだ(これまた褒め過ぎかなあ




特に刺さった短編たち↓

 【夫の脳を食べたのです】怪奇脳髄夫人・児嶋都先生

本作は恐怖の快楽シリーズの単行本に収録(されてたと思う)今持ってないんです(汗)

久々に読みましたが、楳図様の【洗礼】を彷彿させる脳無し犬は出てくるし

やはり、児嶋先生の名作(と思ってる)創刊号に当ててる訳だし・・・。さらに突き刺さりました




坐磨屋ミロ先生の「魂」を問う短編2つ

その一【赤い風船】

  【永遠にさまよう風船のように・・・】

似たのあると言えば、あるかもですが、強烈に切ないストーリー(好きなんですョ)で、見事刺さりました

その二【魚の飛ぶ村】もう一つの魂の物語

  さまよってはいられない




石井まさみ先生のエログロホラー短編は、全部狂ってる(面白過ぎ)

  全部こんな感じか、不快な虫が沢山出るョ。




山咲トオル先生の初登場・短編【さようなら】刺さり過ぎの良過ぎ

大人の事情でパパに会えない俊哉は、パパに会いたい一心で自殺(死んだらオバケになって会えると考えた)

そしてその夜、本当にパパに会えたのですが・・・泣いただが早い時期に父親を亡くした私には、辛い(´_`。)

   



ほんと、良・短編てんこ盛り(2回目だな)だし、厚いから時間潰しにも最適ですよ

大切に保管してくれる方(笑)よろしくお願いいたします

今回の雑誌は全部『おすすめ本とセット本』に出品しています。


「恐怖の快楽」人気あれば、次回にでも1998年〜1999年分を(全部は揃ってないですが)出品しようと思っています







あと『月刊グリム童話 ぶんか社』大人気な呪みちる先生の短編掲載号を少し(申し訳ない)

この辺りは、以前、熱心な呪みちるファンのお客様にまとめてお譲りしたのですが、

実家(本墓場とも言う)を整理しましたら、4冊ポッキリですが出てきました

  これ面白いです

もう一冊は【口裂け女あらわる!】掲載号です。


今回出品しました雑誌は全冊「売り切れ」ました。ご注文ありがとうございました。






お気になるタイトルがございましたら是非つちのこ堂ホームページにおいで下さい。

つちのこ堂HPはこちらまで→http://tuchinokodou.com

出来る限り高額でお買い取りいたしますので、どうぞ本をお売り下さい!!

ご蔵書のお見積もり・大歓迎です(^^)

サスホラの創刊号、何処かにないですかねぇ・・・。再会したいです(๑•﹏•)v

 


この記事をはてなブックマークに追加

趣味の店 つちのこ堂 新入荷のお知らせ(109)

2016-01-24 20:00:51 | 新入荷本

正月明けに、散財(お前の時代はもう終わった・・・ド単発過ぎる、北斗で当たり前の如く討死)してから、堅実神よりの罰が下ったのか、

その後10日間ほど、微熱が続く、結構しんどい風邪(?)に悩まされました

こんなに長く引っ張られたのは、多分初めてで、なんだか新年早々、免疫力の衰えも感じました。残念・・・ハハハ(汗)




『川島のりかず』後期作品もろもろが、ここの所、ほんと信じられん値段になってますね。

もちろん、いくらで買うかは、買う方が決める事ですので、それ自体は素晴らしい!!

まあ、同じ骨董でも、レトロ玩具なんかと比べたら、古書のプレ値は、可愛いもんですし・・・・・。

でも、コアな怪奇漫画カテは、割と蒐集人口が限られているので、毎度の繰り返しなんですが、

現状、絶対に欲しい方数名が入手した時点で、元相場に戻る可能性が適度に高いんですけれども・・・・・ね。

今回の価格高騰は、はたして本物なのかなぁ


川島本と言わずとも、ひばりのHCや黒枠(ごく一部のタイトルを除く)なんかは、どっかで止まってるだけで、すごい数、残ってますから(汗)

まあ、いつもこんなの言ってるから、俺は商売向きじゃないんだけれども(笑)

ひばりで発行部数、抜けて少ない(これは確定)現在プレ値10万級の【中殺】でさえ、オクや市場にこの20年で、どんだけ出たかって事なんですョ。

過去に俺たちの世代が、必要以上に高く買い過ぎた黒枠や70年代の児童書なんかは、当時の良い価格では、現在まず売れないんだから(汗)



ただ間違いないのは、価格高騰してる川島先品は、人間の深層心理や心の闇を的確に表現、5分(早いでしょ)で読了でき、

内容良く、かつ記憶に蓄積され易い本達なんですよね

って、褒めすぎだろ・・・・・・・・・・・・・いやいや昔からのファンだからね。当然ダ(笑)






貸本を更新しました。

お譲り頂けたお客様、本当にありがとうございました

※今回出品した貸本は、背画像が『おすすめ本とセット本』にあります※

・怪談 女学生恐怖物語 ・怪談 千代紙人形 ・蒸発した美少女 三田京子  東京漫画出版社

いや、繰り返さない方がいいですよ(汗)

・継母妖怪伝 しきはるみ 東漫

   もろもろとトラウマ要素の強い一冊

しきはるみは、味のある本が多いですね(^^)

・赤い部屋白い部屋 池川伸治  ひばり書房

・首のない妖精・非貸・美本  ・130才の少女 杉戸光史  ひばり書房

・呪われた顔 西たけろう  東京トップ社 

・人形娘 西武三郎(西たけろう)  東漫

・3才の花嫁 西たけろう  曙出版

【バブ・バブ】【バブ・バブ】・・・なぜか気になる本

・怪談ねこ 鳥海やすと  若木書房

・ママが怖いの 阿木二郎  宏文堂

・恐怖のブーツ 好美のぼる  曙出版

  巻頭カラーでつらつらと書き綴られる、好美ブーツ怪談。

・怪談 猫の爪 好美のぼる  東漫

オクのウォッチで見た『耳売り少女』・・・・・・・・・その落札価格はマ〜ジ〜かぁ

昔『耳売り』のビニカバ剥がすの失敗して、カバ真っ白になった後、泣きながら処分したんだけど、この損失は死刑レベルですね

顔の皮をはがないで 森由岐子  ひばり書房  森先生の純愛ホラーは、この頃すでに完成されてるのがスゴイ(汗)

・怪奇人形の館 ・あなたは信じますか?ショック ・うろこ肌の魔少女 浅丘ルリ  東漫  等






お気になるタイトルがございましたら是非つちのこ堂ホームページにおいで下さい。

つちのこ堂HPはこちらまで→http://tuchinokodou.com

出来る限り高額でお買い取りいたしますので、どうぞ本をお売り下さい!!

ご蔵書のお見積もり・大歓迎です(^^)

サスホラの創刊号、何処かにないですかねぇ・・・。再会したいです(๑•﹏•)


この記事をはてなブックマークに追加

本年も大変お世話になりました(≧▽≦)

2015-12-31 03:45:17 | インポート

現在、12月31日の3時45分です!相変らず、全く眠くならんなぁ・・・。

今年、最後の夜更かし中です(まあ、超夜型ですので、いつもの事ですが)

今、45ですが、みんなが寝静まった真夜中に、一人でいつも必死に(汗)販売用の本を磨いてるのも、

そろそろ寂しい感じになってきました(汗)

今は、まだ大丈夫なのですが、50越えたら、寂しくて泣くかな・・・・・間違いなく泣くね


でもまあ、相変わらず本が大好きですので・・・・頑張って行くぞ〜〜!!!



今年のマイコレ本(雑誌)

【神田森莉+北川玲子特集・ぶんか社】これは、よく出版されたと思うレベル(神田先生)・・・・・。そんなぶんか社が大好きです(笑)

【戦慄!!タコ少女総集編1/2・リイド社】山咲トオル先生はもう漫画描かれないんかなぁ。

私の所は、今年はホラ雑誌の1年でした(それしか無かったとも言います)




本年も大変お世話になりました!!

年々一年が終わるの加速気味に早すぎて、残りの人生を逆算してしまいそうですよ(汗)

当店でお買い物をして頂けたお客様、大切なご蔵書をお売り頂けたお客様、心より感謝をしております。

また、お問い合わせを頂けたお客様、さっぱり更新しないブログを見て頂けた皆様、本当にありがとうございます



来年は、さらに更新期間が長くなる可能性もあるのですが、何とか良い本を仕入れようと思っておりますので、

どうぞ【趣味の店・つちのこ堂】をよろしくお願いいたします。

皆様、良いお年をお迎え下さい

また、来年も皆様にとって素敵で、幸せな年でありますように(≧▽≦)





≪お買取りのお知らせ≫

70年代の怪奇系児童書ひばり書房の黒枠全種

現在、↑のカテ本は、「黒枠の人気種」は例外ですが、結構格安でなければ動かない本が多いですよね。

まあ、時代の流れとか、元々その程度の骨董価値だった可能性とか、色々理由はあると思うのですが・・・。

上記のカテに該当する本を当分の間、状態経年並上〜美本限定ではございますが、

現在の販売価格(当店の)に近い金額で、お買取りをさせて頂こうと思います。

このカテ本で、利益や損失なんかは、全然考えていません(笑)なんせ、趣味の店だからね(^^)

むしろ、この辺りのきれいな本達と討死したいですョ

並本は現状通りのお査定になります(申し訳ない)

今の市場的価格で言えば、オクに出品するよりは、結果的に高いのたくさんあると思いますので、

きれいな本のご処分をお考えの方は、是非ご一報下さい(^^)



つちのこ堂HPはこちらまで→http://tuchinokodou.com

出来る限り高額でお買い取りいたしますので、どうぞ本をお売り下さい!!

ご蔵書のお見積もり・大歓迎です(^^)。


この記事をはてなブックマークに追加

趣味の店 つちのこ堂 新入荷のお知らせ(108)

2015-12-23 21:08:35 | 新入荷本

途中で、gooブログに変更した時、過去ログの幾らかは消えましたが、

煩悩の数と同じ百八つまで、何とか更新をする事が出来ました!!

ありがとうございます


恐怖・ホラー漫画を少し更新いたしました。

・死体あそび 日菜さちこ 朝日ソノラマ 久しぶりに買取り来ました

・赤ずきんの森【大陸書房】 夢少女ネムリ【講談社】 犬木加奈子

・猫目小僧 楳図かずお 少年画報社 装丁はねこ目・歴代NO1だよね。

   → 
【深き神秘にひかれ・・・】で始まる【妖怪・千手観音】屈指の名作ですよね。吸血千手が、子供心に何しろ怖かった(汗)


・笑い仮面 楳図かずお 少年画報社 小学校の時、本書を必死で探しました・・・が・・・見つける事は出来ませんでした、

でも、代わりに完全トラウマになった『どんづる円盤』見つけたりして


・蔵六の奇病 日野日出志 少年画報社

日野先生のジャケ絵でこれ超えるの結局、無いでしょ旧ひばりの『毒虫小僧』も黒い枠との融合が秀逸ですが・・・


・恐怖のオーディション 森由岐子 講談社 帯付き 

森先生は、浮かぶか、埋まるが多し

・赤い爪あと 菊川近子 集英社 これは、昔、繰り返し読んだなぁ。


・ひき裂かれた顔・吸血の町 あつたゆりこ 集英社 コレ今年、何回かお問い合わせを頂いた本ですけど、皆様よく知ってますね(汗)

実家から、思い出とともに掘り出してきましたョ(笑)。マーガレットにしては絵がグロいので、その分グロプレ付けました(申し訳ない)

古典的・怪奇世界の≪≪≪≫≫≫手法を取り入れてますね。


・くろねこ いばら美喜 ひばり書房・黒枠 【ころん、ころん、ころん、ころん・・・コツン・・かぱっ】って(汗)

骸骨転がるだけでは足らず、その後真っ二つ(真ん中という事が大切)に割れるとは・・・さすが天才的


・眼裂け女 好美のぼる 笠倉出版社 【裂け女】第2弾、口裂け女をしのぐ冷酷さ、あなたの眼にご用心(好美先生は語る)

カエルの卵かと思ったョ・・・・・集めすぎじゃね?  等

【おすすめ本とセット本】にカバー背や本の難点画像があります。





月刊ホラーM ぶんか社 

2003年〜2004年 少しですが!

いつも通り、手抜きは一切無く、シナリオテーマを完全リサーチの上(多分)描かれている関よしみ先生の秀逸短編なんかが、

だいぶ下火になっていた、この辺りのホラMの売上げに貢献したのは間違いないでしょう。

『捨てないで!』ウーピーのじゃないョ。犬の話なんですが、ペットショップの裏ウンチク結構入ってて、賢くさせて頂きました

この辺りは、現在、電子書籍化されてるんかなぁ?電子書籍は興味ないんで、調べてないですが・・・。

もし、出てるようでしたら、是非ご一読下さい(^^)ホラ色は薄いかもですが、面白いですよ!!

    

あと、呪先生は、ぶんか社では【恐怖の快楽】や【グリム】掲載でしたので、月刊ホラーMにはさほど掲載作品がないです。

かなり遅めの、2004年2月号『ひき子さん』で初登場なんですが、その後、少しは短編、掲載されています。

←こちらは、出品分に含まれていません 2004年5月号









関先生は、カラー扉絵が出色なの多いですね日々自重しましたが、おもちゃ箱の原画メチャ欲しかったですョ。

   

↑の扉絵は【サスペンス&ホラー・講談社】掲載のです。








≪お買取りのお知らせ≫

70年代の怪奇系児童書ひばり書房の黒枠全種

現在、↑のカテ本は、「黒枠の人気種」は例外ですが、結構格安でなければ動かない本が多いですよね。

まあ、時代の流れとか、元々その程度の骨董価値だった可能性とか、色々理由はあると思うのですが・・・。

上記のカテに該当する本を当分の間、状態経年並上〜美本限定ではございますが、

現在の販売価格(当店の)に近い金額で、お買取りをさせて頂こうと思います。

このカテ本で、利益や損失なんかは、全然考えていません(笑)なんせ、趣味の店だからね(^^)

むしろ、この辺りのきれいな本達と討死したいですョ

並本は現状通りのお査定になります(申し訳ない)

今の市場的価格で言えば、オクに出品するよりは、結果的に高いのたくさんあると思いますので、

きれいな本のご処分をお考えの方は、是非ご一報下さい(^^)





≪お知らせ≫

佐川急便・宅配便の料金が、10月1日より60サイズ以上一律500円→700円になります。

(今までは、不足分を当店で負担していたのですが、どうぞご容赦のほどを)

ゆうメール(一律・200円)と佐川急便(60サイズ以内・一律・500円)は、今までと変わりません。

※佐川急便は、一部地域(主に沖縄県や離島)に別途・中継料金がかかります※





お気になるタイトルがございましたら是非つちのこ堂ホームページにおいで下さい。

つちのこ堂HPはこちらまで→http://tuchinokodou.com

出来る限り高額でお買い取りいたしますので、どうぞ本をお売り下さい!!

ご蔵書のお見積もり・大歓迎です(^^)。


この記事をはてなブックマークに追加