陽出る処の書紀

忘れないこの気持ち、綴りたいあの感動──そんな想いをかたちに。

精霊の守り人 第二十六話

2008-09-27 | アニメの話題
毎週土曜が楽しかったアニメ「精霊の守り人」
本日、いよいよ最終回でした。

先週で精霊の卵の守り人役から解放されたチャグム。しかし、またそれはバルサ姐さんのチャグムお守り役からの免除をいみしてました。
参勤交代みたいな盛大な軍隊にむかえられて、意気揚々と帰還するチャグム皇子一行です。兄君が病死したため、チャグムは正式に次代帝として即位することが決まっていました。

事件がおわってほっとしたのも、つかのま。帝の手下さんたちは、不穏な動き!
なんと、精霊の卵にとりつかれていた事実を知るバルサ姐さんたちに口封じを行おうと。これではバルサは、実の父親の二の舞です。
王宮に戻ったチャグム皇子は、母君と涙のご対面。
私は背背後の女官たちの、マッシュルーム頭がとてもとても気になります
あと、ガッツ石松みたいな呪術師も(感動が台無しです)

でもね、チャグム皇子のかっこって。
今でいったら、髪をキンパツにしてよれよれの穴あきジーンズはいているようなもんですよね。ちょっとそら、ママンも泣きたくなるよね。


王宮にむかえられたバルサたち。
食べきれない量の食事をまえにして兵馬俑くんはおどろきびっくり。しかし、すごいな、このボリューム。日本の王宮でも、こんなに出してなかったんじゃないの?千歌音ちゃんだって、朝はシャケ弁なんだよ?なんだか、日本にひろがっている格差社会をみせつけられて凹む管理人です。このアニメって社会派だったんだね。

チャグムは帝からバルサたちのことは忘れて、自分が伝説の卵をまもった英雄として生きよ、と諭されます。
うーん、なんかそらぞらしいですね。すこしまえまでは実の父なのに我が子を手にかけようとした。国の威信のために。
でも、伝説がねじまげられていて精霊が悪しき存在だと伝わっていたとわかるや、てのひら返したように息子をよびもどす。
この帝ってのは、会社とか組織とかのメンツを重んじて、家族や恋人をないがしろにしている古いタイプの日本人父親像に似ていますよね。チャグムも即位したら、こんな親父みたいになっちゃうんでしょうか。

この帝、御簾の奥で隠れていて素顔がきちんと覗けたのは今回はじめて(?)だったようですが。なんだか、冴えない中間管理職みたいなお顔でした。もしかしたら、彼も優しい人なんですけど国家のかじとりのために、こころを痛めてきたのかも。


ご褒美の金一封をあとは用無し。槍もとりあげられたバルサ一行の道をふさぐ例の暗殺集団(いまさら知ったけど「狩り人」って呼ばれてるらしい)が!あやうし、ピンチ!かと思いきや。彼らが導いた先には、チャグム皇子。
なんといきなり、バルサ姐さんの胸にとびこんで泣きじゃくります。「バルサと別れたくない、いっしょに旅したい」って。

バルサ姐さんの胸は私のものだッ!(殴)
ってか、このコ、先週も抱きついてましたよね?バルサ姐さんもふつうのオトコだったらあしらうのでしょうが、まんざら悪くないようす。まあ、しょうがないですね。お腹の子をとりあげてくれた仲ですから(違)

皇子の気持ちをだきとめたバルサ姐さん。じゃあ、いっちょ、ひと暴れしてみせるかなんて、もちかけ。
なんだか、結婚式場から花嫁を強奪するナイトの勢い(超ベタ)です。じっさい、今後のチャグムの人生は国と結婚するようなものなんですけどね(エリザベス一世ですか、あーた)
で、けっきょく。チャグムは嘆きの矛をおさめて、お別れをちゃんとするんですね。

ほんとに、バルサ姐さんがもうひと暴れしてくれたら、さぞ愉快な最終回になっただろうに。ちぇっ。(無責任発言)
最後に華麗な槍さばきがみてみたかったなぁ~。

で、チャグムと別れたバルサ姐さん。それまた、もうひとつの別れでもありました。
タンダたちと離れて、故郷のカンニバルに戻ることに。八人目の魂をすくったのだから、もう穏やかに暮らしていんじゃないかという孤児の出っ歯の少年(名前を失念)に、タンダはまた待ちつづけると。今回、二年も待たされてきたそうです。しかも、タンダ兄には見合い話(あのダルマ顔のお婆さまに似て、美人らしい)がもちあがってるというのに、バルサは知らぬふり。


ここから考えて。バルサってやっぱり育ての親だったジグロのことがやはり忘れられないんでしょうかね。
それとやはり用心棒稼業をつづけたいのかも。
でも、最後の台詞「タンダの山菜鍋を食べてから来るんだったねえ」は、もしかしてプロポーズを断ったことに対する後悔なのかもと思えてきました。

「精霊の守り人」は、藤原カムイ氏作画で漫画化され、コミックスが三巻出ているようです。評価についてはかなりわかれるところらしですが。ちなみに狩り人のひとりジンを主人公としたスピンオフ作品もあるのだとか。
守り人シリーズは、その後、チャグムが国家間の陰謀に巻き込まれたり、それをまたバルサが救ったりと、どんどん広がっていくようです。
願わくば続編もアニメ化を。





【関連サイト】
精霊の守り人オフィシャルサイト
NHKアニメワールド精霊の守り人
新・異世界物語精霊の守り人アフレコレポート


『アニメ』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 尾形光琳「燕子花図屏風」 | TOP | 『マリア様がみてる─マーガレ... »
最近の画像もっと見る

Related Topics