陽出る処の書紀

忘れないこの気持ち、綴りたいあの感動──そんな想いをかたちに。

「BLOOD-C」が実写映画化…!

2017-06-06 | アニメの話題

最近のアニメ、ワンクールで終わって、よほどのメジャーでない限りは、すぐ記憶から消えてしまうものですが。何かの調べものがあって、ふと気になって検索してみたら、今更のいまさらですが、知りました。アニメ「BLOOD-C」が実写映画化…!

その名も、
「阿修羅少女 BLOOD-C異聞」

http://asuragirl.com/)…。

阿修羅少女って、ちょっと、なんなのだろうと思えなくはないのですが。
「地獄少女」の対抗作? この実写映画版の舞台は、太平洋戦争直前の日本。特高警察の監視が厳しい時代の寒村、病弱の姉を支える青年が日本刀携えた制服少女と出会って…という設定。甘粕正彦が登場するあたり、思想弾圧とか表現規制に対するアンチテーゼかと見ましたが、さて。2017年秋の公開予定です。

BLOOD-Cといったら、メガネっ子の奇抜な高校の制服か、巫女さんか、しかで惹かれていた私には、ちょっと想像つかないです。2015年には舞台化にもなっていたようで、そこでのキャラクターが主人公になっている。まあ、日本刀もった女子高生の血沸き肉躍るバイオレンスアクション、たしかにファンは多そうですが。

2011年夏にTBS系列で放映されたアニメ「BLOOD-C」は、人気漫画家グループのCLAMPがキャラクター原案。藤咲淳一とともに、大川七瀬がシリーズ構成に参加し、主演声優が紅白出場で話題になっていた水樹奈々さん。制作は「攻殻機動隊」のProduction I.G。音楽も佐藤直紀が担当し、作中のBGMがかなりインパクトありました。音響監督の岩浪美和氏は、アニメ「神無月の巫女」でも見かけた方ですね。実は、声優の川澄綾子(「神無月の巫女」の姫宮千歌音、「Fate」シリーズのセイバーなど)さんもゲスト出演しています。一回で退場する敵ですが、錫杖もった女の化け物でしたよね。

ある青年の陰鬱なポエムちっくなナレーションではじまる、なにか不安げな作風。田舎の村にある学園を中心に「古きもの」と呼ばれる化け物が人を襲う。ヒロインの小夜(さや)は、この村の巫女の生まれで、御神刀でもって、この化け物を退治するのですが…。





このアニメの何が話題になったかといいますと、最終回で小夜の正体とか、村の秘密が明らかになるんですが、黒幕がいかにもCLAMPが好きそうなあの人だったりして。(『東京BABYLON』の星史郎を思い出しますね)。で、すべてが明らかになったあとに起こる大惨事の描き方がかなりえげつないもので、テレビ局にクレームが来たらしいです。今だったら、ツイッターでリツイートしまくりで大変な状態になったかも。しかも、この作品、これでも国際共同製作映画支援事業と称して国から補助金が出た官製アニメでしたのに。中国政府からも暴力描写に対して直々に批判浴びせられたとか。

たしかに凄絶だけれども、流血ドバーとか、「BLOOD」シリーズの持ち味でもありますよね。怪物がグロテスクすぎて、長く見続けたら心臓に悪いけど。正直、この作品のトラウマなること間違いなしの不気味さは、現在国民的人気アニメの「進撃の巨人」よりもはるかに凄いレベルです。はっきりいって、暴力と血で売ってますから。

いつもはぽわんとしているドジっ娘が刀握らせたとたんに、超高速で剣戟のシーン、かなり好きでしたね。OPとEDも映像がなかなかエキセントリックで、たまに聴きたくなりますね。十年以上前に、日曜夕方枠かで、吸血鬼少女の小夜「BLOOD+」は全部観たことないけど、元ちとせが歌う主題歌でかなりヒットした覚えが。でも、きわどいシーンもあったみたいですし。

TV放映後に「BLOOD-C」の脚本家によるノベライズ版も出され、さらに劇場版アニメ「BLOOD-C The Last Dark」も公開で話題を集めていましたけど、ヒロインが荒み切った顔をしていましたよね。命を助けた女の子に慕われるんですけど。このアニメーション映画、海外ではかなり好評を博して、フランスSF専門誌スタッフが選ぶ「L’Écran Fantastique賞」とやらを受賞しています。

実写映画のキャストを見ていたら、坂井真紀とか水野美紀とか有名女優さんも登場するし、「阿修羅少女」もそれなりに耳目を集めるのでしょうか。最近はアニメ原作の邦画もクオリティ高いですし。


【関連記事】
アニメ映画「BLOOD-C The Last Dark」
水樹奈々主演の超問題作深夜アニメの劇場版。宿敵の青年を追って東京に流れてきた美少女剣士の運命やいかに?

映画「ラスト・ブラッド」
日本でもアニメ化された「BLOOD」シリーズの実写映画版。古来より人間を脅かす鬼を狩る少女の孤高の戦い。


『アニメ』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画「マイノリティ・リポート」 | TOP | アニメ業界労働者の待遇改善は »
最近の画像もっと見る

Recent Entries | アニメの話題