陽出る処の書紀

忘れないこの気持ち、綴りたいあの感動──そんな想いをかたちに。

リリカルなのは道具箱

2012-08-27 | 感想・二次創作──魔法少女リリカルなのは
あまりにしばらくぶりで自分でもうっかり忘れていたのですが(汗)、いまさらながら、リリカルなのは劇場版第一作のレヴュー最終回を更新しました→「魔法少女リリカルなのはThe MOVIE 1st」全三回のレヴュー


現在公開中の第二作はかなりの好評の様子。六月末に京都に出かける用事があったけど、その頃は公開してなかったのが悔しい。誰か映画館をうちの隣にもってきてください。この映画、第一作からリピーターが多いらしくて、それがグッズ目当ての熱心なファンだからとも言えなくて、二度三度と観てしまう理由がわかるような気がします。もともと全国区で放映されたアニメではないのに、この浸透力はすごい。

さて劇場版公開にかこつけて、くだらない妄想をひとつ。
さいきん、DIYというのが流行ってます。Do It Yourselfの略で、まあいわゆる日曜大工のことですね。最近、このDIYにハマる女子が多いらしくて、レジにいるのも女性が多いんですよね。私もホームセンターに足繁く通うことが多くなったのですが、そこでうきうきするのが、刃物コーナー。

たとえば、これ。高枝切りばさみ。
古い納屋の屋根に生えてきた草を刈りたいと思って購入検討中の。

高枝切りばさみ & のこぎり [1.8mから3mの伸縮式高枝切り鋏&ノコギリ]
高枝切りばさみ & のこぎり [1.8mから3mの伸縮式高枝切り鋏&ノコギリ]高枝切ばさみ 売り上げランキング : 204815Amazonで詳しく見る by G-Tools


ほらほら、よく見ると似てますよね。
レイジングハート、これってエクセリオンモードでしたっけ?(名前うろ覚え) ほら、先端でなにか挟めそうだし。枝もすぱっと切れそうだし、いろいろ変形して使い勝手がありそうだなっと。
そういや、ふつうのスタンダードタイプはなんとなく網に似てやしませんか(んなわけない)






では、次。
長い柄のついた鎌。アニメだとセーラーサターンのあの持ち物でも有名ですが。

星馬 鎌 刈払鎌中厚 195mm600柄付 160212
星馬 鎌 刈払鎌中厚 195mm600柄付 160212キンボシ 売り上げランキング : 28489Amazonで詳しく見る by G-Tools



フェイトちゃんの愛機バルデッシュ。
どちらかというと斧のほうが近いんですが、ホームセンターに売っている斧は柄に対する金属の接着が弱いので、何回も力任せに振りおろしてると、刃がすぐに飛びます。床に突き刺さったときはびっくりしたな。




忍者ものアクションでよく鎖鎌を使っているのをよく見かけますね。
八神組からはヴィータちゃんのあれがハンマー(というか、ゲートボールのステッキか?!)というのは言わずもがな、なので。
最後にこれをひとつ。


ハンドサイズで持ちやすいのこぎり。
チェンソー使うのは怖いので、手動で疲れますが、こういうのを愛用しています。柄がすこし長いほうが持ちやすく、刃が付け替えできるものがおすすめ。ちなみに五千円ぐらいの電動タイプののこぎりというのは、この手動ののこぎりと切れ味画変わらないうえに、半時間ごとにモーターを休ませないといけないので、あまり役に立ちません。

アルス 万能鋸チルトン TL-24
アルス 万能鋸チルトン TL-24アルスコーポレーション 売り上げランキング : 13266Amazonで詳しく見る by G-Tools


さて、この刃物に近いアイテムの魔導師と言えば…。
リリカルなのはForceの主人公トーマのあの武器。初期段階のほうですが。コミックス一巻表紙を見たときからずっと、似てるなって思ってたんです。変身をかさねるとものものしい形態になっていくんですけどね。銃型デバイスらしいけど、銃口がほとんどお飾りになってるような。






なのはViVidのほうは拳闘勝負なので、道具は使わないわけですね。
それはそれで寂しいような。古代の王族の血を引いてるなら、なおさら、杖とか剣とか似合いそうなものなんですけど。武器を出したら、痛々しくなるからという算段かもしれないですが。ヴィヴィオとアインハルトさんの過去話はいつになることやら。

にしても魔法少女が魔法の杖やらコンパクトやらではなく、剣は銃はむろんのこと、斧やらハンマーやらってすごいとりあわせ。美少女が振り回すもんでもないでしょうに。でも、そのギャップがなおさらたまらんわけですね。



『アニメ』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 月をはじめて踏んだ男 | TOP | 夏の虫 »
最近の画像もっと見る

Recent Entries | 感想・二次創作──魔法少女リリカルなのは

Similar Entries