陽出る処の書紀

忘れないこの気持ち、綴りたいあの感動──そんな想いをかたちに。

映画「ワイルド・ワイルド・ウエスト」

2017-07-12 | 戦争・冒険・活劇映画
1999年の映画「ワイルド・ワイルド・ウエスト」は、「メン・イン・ブラック」の監督バリー・ソネンフィルドと、主演ウィル・スミスが組んだ、痛快西部劇SFXアクション。
「メン・イン・ブラック」と同様、黒人と白人のコンビではありますが、こちらのほうが舞台が作りこまれていて、しかもギャグが満載。もちろん、アクションも見応えバツグン。

ワイルド・ワイルド・ウエスト【字幕版】 [VHS]''
ワイルド・ワイルド・ウエスト【字幕版】 [VHS]ワーナー・ホーム・ビデオ 2000-12-16売り上げランキング : 77207おすすめ平均 starstarハチャメチャな西部劇Amazonで詳しく見る by G-Tools



西部開拓時代、宿敵を追跡中のジェームズ・ウエスト大尉は、あと一歩で逮捕というところで、女装男に阻まれる。その女装男は、連邦保安官のゴードン。
合衆国大統領から警備を任された二人は、嫌々ながらコンビを組むことに。
国家の安全を脅かす破壊兵器をつくって、乗っ取りをたくらむ車椅子のラブレス博士に立ち向かう。

とちゅう、謎めいた美女の歌手リタ・エコスパーも混じって、三人の追跡劇は三角関係に?

結末は見えているのですが、型破りなラブレス博士のメカや、抗する発明家で頭脳派のゴードンの武器がなんともおかしい。そして、ウエストの軽やかな身のこなしが見せるアクションシーンや、台詞の掛け合いが絶妙。これは字幕版で観た方が楽しめそうです。

狂気じみたラブレス博士のキャラは、どことなく「博士の異常な愛情」のストレンジラブ博士を思わせますね。名前からしてそうでしょう。
オープニングのスタイリッシュな映像も魅力的。下ネタがやたら多いのが気になりますが、西部劇とSFが大好きな方にはお勧め。

主演は、ウエスト役のウィル・スミス、ゴードン役は「海辺の家」のケヴィン・クライン。グラント大統領との二役。
両者とも女装するのですが、ウィル・スミスのほうがあんがい似合ってましたね(笑)
ラブレス博士役は、「セレブリティ」の冴えない中年を演じたケネス・プラナー。
そして、リタ・エコスパーを演じたのは、「フリーダ」で、意志の強い女流画家を演じたサリマ・ハエック。

本作は1960年代の同名テレビシリーズの映画化作品。
私は面白いと思ったんですが、最低の映画を決めるゴールデンラズベリー賞では最悪作品賞、監督賞、スクリーンカップル賞、脚本賞、主題歌賞の5部門受賞とか。

ワイルド・ワイルド・ウエスト(1999) - goo 映画
『ドラマ』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画「三銃士/王妃の首飾り... | TOP | スマホ一年生 その3 »
最近の画像もっと見る

Related Topics