Here is

ここに居るよ!

■ 姑の変化に戸惑いつつ

2017-06-19 15:00:01 | 愚痴
最近、姑の様子がおかしい。
便秘や下痢でお腹の調子が悪いせいか、あれだけ健康に自信があったのが嘘のように弱音を吐くようになった。
外出が好きで、一人で出歩いていたのに近ごろは出たがらない。
急な体調の変化が心配らしい。

そして一番の変化は「物忘れ」である。
昨日のこと、今朝のこと、ほんの少し前のことを忘れるのだ。
私に何度も聞いて来るので、その都度分かるように教えるのだが、その時点では「あ~そうだった」と分かるのに、時間の経過とともに記憶は曖昧になるらしい。
これは痴ほう症の始まりではないだろうか。

夫や義妹に話しておいた。
二人は血族だから嫁の私とは違ったショックを受けるだろうが、現実は現実としてこれから先を考えて行かねばならないと言っている。
姑は自分のことは自分で出来るし、バスに乗って一人で通院も出来る。
人とのおしゃべりも好きで社交的だ。
しかし、どんどん周りから同年代の知り合いが居なくなって行く年齢に差し掛かり、若い年代との交流にも無理があることもある。
かと言って、姑と同居の私が四六時中、おしゃべりに付き合うのは無理であり、同じ話を繰り返す姑に付き合うのも苦しく感じることがある。

この先は、変化に注意しながら見守り、介護の専門家の協力を仰ぐことになるのだろうが、出来ればもう少し先になって欲しいとも思っている。
これは姑のためだけでは無く、私や夫のためでもある。
矛盾している自分の気持ちは充分に認めるが、正直な気持ちでもある。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ■嫌われることを恐れない | トップ | ■じれったい »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

愚痴」カテゴリの最新記事