公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

安倍晋三の「成果」:隠蔽法、戦争法、共謀罪法の「凶悪法トリオ」を成立させたこと

2017-08-09 13:18:26 | 安倍晋三生命重大危機説
安倍の成果は以上の3つに「集約される」な。

ま、安倍が倒れたら、三法とも廃止が妥当。

さすれば、安倍の成果は5年やったものの、「ゼロ」となる。


2017年08月09日 04時39分45秒 | 本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」

安倍晋三首相の「口癖」は、「結果を出す」だが、在任5年を経て、「大きな結果」は、何も見当たらない。


◆〔特別情報1〕

 世界唯一の「被曝国」にもかかわらず、安倍晋三首相は、国連本部の条約交渉会議が7月7日午前(日本時間7日深夜)採択した広島、長崎の被爆者の悲願である「核兵器禁止条約」(国連加盟193か国中124か国が出席、122か国賛成)をボイコットした。

このため、広島市の平和記念式典(8月6日午前)終了後に開かれた「被爆者代表から要望を聞く会」で、被爆者7団体代表は、安倍晋三首相の誠意のない姿勢、態度に憤慨し、失望感に打ちひしがれていたという。安倍晋三首相の「口癖」は、「結果を出す」だが、在任5年7ヶ月を経て、これといった「大きな結果」は、残念ながら、何も見当たらない。

『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 菅義偉にブーメラン! | トップ | 江崎大臣、「実はまともだっ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む