公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

6/13 日本・アジア主要株式指数

2017-06-13 16:00:03 | 政治経済問題
外資系証券寄り付き前注文動向 6/13 8:07更新

6月13日

売り 510

買い 720

差し引き 210万株の買い越し

金額ベース 買い越し

米国系 買い越し
欧州系 売り越し

セクター別

売り・・・化学 機械 電気機器 輸送用機器 情報・通信業

買い・・・石油石炭製品 ゴム製品 精密機器 卸売業 小売業 保険業

売り買い交錯・・・医薬品


日経平均

現在値 19,898.75↑ (17/06/13 15:15)
前日比 -9.83 (-0.05%)
始値 19,859.81 (09:00) 前日終値 19,908.58 (17/06/12)
高値 19,929.03 (10:12) 年初来高値 20,239.81 (17/06/02)
安値 19,850.86 (09:13) 年初来安値 18,224.68 (17/04/17)


日経平均は9円安と小幅続落、引けにかけ前日終値近辺でもみ合い、FOMC控え様子見=13日後場/2017/06/13 15:19

13日の日経平均株価は前日比9円83銭安の1万9898円75銭と小幅続落。前場は、12日の米国株安や円高・ドル安を受け、利益確定売りが先行し、一時1万9850円86銭(前日比57円72銭安)を付けた。その後は、円相場がやや伸び悩んだこともあり、株価指数先物買いを交えてプラス転換する場面もあったが、上値は重く引けにかけて小安い水準で推移した。後場は、買い物がちで始まり、再度プラス圏入りしたが、その後は方向感に乏しく、前日終値近辺でもみ合いとなった。13-14日開催のFOMC(米連邦公開市場委員会)を控え、様子見気分が強まった。

 東証1部の出来高は16億1438万株、売買代金は2兆1192億円。騰落銘柄数は値上がり1106銘柄、値下がり748銘柄、変わらず164銘柄。

 市場からは「底堅い動きだ。ハイテク系は売られているが、内需系が買われ、資金循環が利いており、センチメントは悪くない。ただ、FOMCを控えており、あすも全般はもみ合いか」(準大手証券)との声が聞かれた。

 業種別では、新日鉄住金<5401>、JFE<5411>などの鉄鋼株や、オリンパス<7733>、島津製<7701>などの精密株が軟調。野村<8604>などの証券商品先物株も売られた。

 個別では、株主優待制度の変更が売り材料視されたオンリー<3376>が大幅安。オルトプラス<3672>、東天紅<8181>、イーブック<3658>、Bガレージ<3180>などの下げも目立った。

 半面、JX<5020>、コスモエネH<5021>などの石油石炭製品株が堅調。菱地所<8802>、三井不<8801>、住友不<8830>などの不動産株や、大成建<1801>、大林組<1802>、鹿島<1812>などの建設株も買われた。

 個別では、ゲーム関連でトーセ<4728>が4営業日連続のストップ高となり、フォーカス<4662>もストップ高。コラボ公式アプリ「乃木坂46~always with you~」の事前登録者数が15万人を突破したエムアップ<3661>や、スターティア<3393>、ルネサス<6723>、日本ライフL<7575>などの上げも目立った。なお、東証業種別株価指数は全33業種中、22業種が上昇した。

提供:モーニングスター社



信用を読む=売り残が3週ぶりに減少し1兆円を割り込む、信用倍率は2.5倍に上昇/2017/06/13 17:35

9日申し込み現在の2市場信用取引残高は、金額ベースで売り残が前週比429億円減の9886億円、買い残が同598億円増の2兆4736億円だった。売り残が3週ぶりに減少し1兆円台を割り込み、買い残は2週ぶりに増加。信用倍率は前週の2.3倍から2.5倍に上昇した。

 この週(5-9日)の日経平均株価は、9日の終値が2日の終値比164円安の2万13円だった。週を通じて上値が重い展開が続いた。8日には、英総選挙、ECB(欧州中央銀行)理事会の動向、コミー前FBI(米連邦捜査局)長官の議会証言など控え、模様眺めムードが広がった。

 個別銘柄で、売り残増加、買い残増加の上位には、モブキャス<3664>、三井ハイ<6966>、ANA<9202>が入っている。モブキャスは2日から動意づき、6日には年初来高値となる1433円まで急騰した。短期的な過熱感が高まり、残高が膨らんだようだ。三井ハイは、6日引け後、18年1月期の連結業績予想の上方修正と中間期配当の増額を発表し、急騰を演じている。ANAは、5月の連休明け以降、下値を切り上げる展開が続いていることから、強弱感が高まったようだ。

 売り残減少、買い残増加の上位には、商船三井<9104>、三菱重工<7011>、IHI<7013>、三菱自<7211>などが入っている。



日経平均寄与度

日経平均 値上がり銘柄数 115

日経平均 変わらず銘柄数 10

日経平均 値下がり銘柄数 100


TOPIX

現在値 1,593.51↓ (17/06/13 15:00)
前日比 +1.96 (+0.12%)
始値 1,589.08 (09:00) 前日終値 1,591.55 (17/06/12)
高値 1,597.08 (10:13) 年初来高値 1,613.18 (17/06/02)
安値 1,588.72 (09:00) 年初来安値 1,452.15 (17/04/17)


東証業種別ランキング:石油石炭が上昇率トップ、格上げ観測の建設や海運がしっかり[FISCO] #klugfxnews_374893

配信日時 2017年6月13日(火)17:25:51 掲載日時 2017年6月13日(火)17:35:51

石油石炭が上昇率トップ。12日のNY原油先物相場は、サウジアラビアとロシアによる需給均衡見通しが好感されており、資源関連への見直し買いに向かわせたようだ。その他、不動産、建設、鉱業、海運がしっかり。建設と海運は、証券会社による格上げ等が観測されていた。一方で、鉄鋼が下落率トップ。精密機器、証券、非鉄金属、電気機器が小安い。


業種名/現在値/前日比(%)

1. 石油・石炭製品 / 1,082.37 / 2.28
2. 不動産業 / 1,442.46 / 1.96
3. 建設業 / 1,246.94 / 1.60
4. 鉱業 / 301.45 / 1.52
5. 海運業 / 334.68 / 1.10
6. その他金融業 / 634.95 / 0.81
7. パルプ・紙 / 533.24 / 0.65
8. 陸運業 / 2,082.24 / 0.46
9. 銀行業 / 186.56 / 0.42
10. 小売業 / 1,188.13 / 0.36
11. 金属製品 / 1,355.64 / 0.31
12. 保険業 / 1,008.02 / 0.29
13. 卸売業 / 1,288.03 / 0.28
14. 倉庫・運輸関連業 / 1,618.75 / 0.28
15. その他製品 / 2,544.15 / 0.23
16. 医薬品 / 2,583.68 / 0.17
17. 水産・農林業 / 549.09 / 0.14
18. サービス業 / 1,806.38 / 0.07
19. 繊維業 / 686.93 / 0.05
20. 食料品 / 2,026.84 / 0.03
21. 機械 / 1,731.51 / 0.02
22. 空運業 / 292.81 / 0.01
23. ガラス・土石製品 / 1,127.47 / -0.12
24. 輸送用機器 / 2,715.45 / -0.14
25. 電力・ガス業 / 468.03 / -0.15
26. ゴム製品 / 3,635.65 / -0.16
27. 化学工業 / 1,817.14 / -0.19
28. 情報・通信業 / 3,440.79 / -0.24
29. 電気機器 / 2,190.24 / -0.28
30. 非鉄金属 / 1,035.56 / -0.33
31. 証券業 / 403.28 / -0.34
32. 精密機器 / 5,110.44 / -0.76
33. 鉄鋼 / 524.15 / -0.85


JPX日経インデックス400

現在値 14,190.22↓ (17/06/13 15:00)
前日比 +19.05 (+0.13%)
始値 14,148.91 (09:00) 前日終値 14,171.17 (17/06/12)
高値 14,220.64 (10:11) 年初来高値 14,398.16 (17/06/02)
安値 14,144.66 (09:00) 年初来安値 13,018.61 (17/04/17)


JASDAQ平均

現在値 3,218.79↓ (17/06/13 15:00)
前日比 +5.22 (+0.16%)
始値 3,212.21 (09:00) 前日終値 3,213.57 (17/06/12)
高値 3,219.77 (15:00) 年初来高値 3,238.49 (17/06/06)
安値 3,209.83 (09:06) 年初来安値 2,750.70 (17/01/04)


JASDAQ平均は反発、テクノ・セブンやセーラー広告がストップ高[FISCO] #klugfxnews_374882

配信日時 2017年6月13日(火)16:47:51 掲載日時 2017年6月13日(火)16:57:51

[JASDAQ市況]JASDAQ平均   3218.79   +5.22 /出来高 1億1199万株/売買代金 656億円J-Stock Index 2943.61   -9.43  

本日のJASDAQ市場では、JASDAQ平均は反発、J-Stock Index、JASDAQ-TOP20は続落となった。値上がり数は333、値下がり数は284、変わらずは84。

JASDAQ平均は売り先行で取引を開始。しかし、その後すぐにプラスに切り返すと、終日狭いレンジながら堅調な値動きとなった。 

個別では、テクノ・セブンがストップ高で上昇率トップ。年初来高値を更新したことで、短期資金を集めたようだ。セーラー広告も同じくストップ高で年初来高値を更新。従来無配としていた18年3月期の中間配当において、記念配当5円の実施を発表したことが好感された。ホロンは、半導体製造装置大手との取引などを期待材料視する動きか。ラクオリア創薬は、バイオ株の循環物色の流れ。こころネットは、昨年7月に公表した中期経営計画の数値目標を上方修正したことで、成長期待が改めて高まる展開に。プロパストは、17年5月期業績の上方修正が材料視された。その他、買取王国、システム ディ、サンキャピタル、五洋インテックスなどが上昇率上位にランクイン。 

一方、下落率トップは11%安のニューテック。本日より信用規制解除も、前日に思惑買いで買われた反動。シンバイオ製薬は、バイオ株物色の流れで前日に上昇しており、利益確定の流れに。日本一Sなどゲーム関連株も冴えない。その他、桜井製作所、伊豆シャボテン、テリロジー、アイルなどが下落率上位にランクイン。 JASDAQ-TOP20では、セリア、ポラテクノ、ユビキタス、メイコーなどが堅調。一方、フェローテク、クルーズが軟調な値動きとなった。



マザーズ指数

現在値 1,127.41↓ (17/06/13 15:00)
前日比 +2.23 (+0.20%)
始値 1,122.79 (09:00) 前日終値 1,125.18 (17/06/12)
高値 1,134.56 (09:38) 年初来高値 1,135.03 (17/06/12)
安値 1,120.29 (09:05) 年初来安値 949.51 (17/01/04)


マザーズ指数は反発、材料株やバイオ株に買い、アンジェスが連日のストップ高[FISCO] #klugfxnews_374884

配信日時 2017年6月13日(火)16:53:15 掲載日時 2017年6月13日(火)17:03:15

 本日のマザーズ市場では、材料株やバイオ株などに買いが向かい、マザーズ指数は朝安後にプラスへと切り返した。ただ、直近の人気株などでは利益確定の動きが続き、マザーズ指数の重しとなった。

なお、マザーズ指数は反発、売買代金は概算で1361.91億円。騰落数は、値上がり110銘柄、値下がり116銘柄、変わらず11銘柄となった。

マザーズ指数は前日の値幅内で推移した。 

個別では、マザーズ売買代金トップのREMIXが急反落し、下落率でもトップとなった。その他売買代金上位では、ソレイジア、モブキャス、ミクシィ、サイバーS、グレイスなどが下落。また、フィットやリネットジャパン、総医研はやや下げが目立った。

一方、アンジェスやmbsは買い気配が続き連日のストップ高。アンジェスは引き続き遺伝子治療薬の申請観測報道が、またmbsは特許取得がそれぞれ材料視された。ホットリンクもストップ高で取引を終えたほか、「網羅的がん遺伝子解析」を開始すると発表したトランスGや一部証券会社のレポートが観測されたシンプロメンテは大幅高。その他、アカツキ、ASJ、アプリックスなどが上昇した。



東証REIT指数


現在値 1,735.24↓ (17/06/13 15:00)
前日比 -4.16 (-0.24%)
始値 1,742.14 (09:00) 前日終値 1,739.40 (17/06/12)
高値 1,745.40 (12:58) 年初来高値 1,868.86 (17/01/06)
安値 1,735.24 (15:00) 年初来安値 1,726.89 (17/04/14)


日経平均VI

始値 14.37 (09:00) 前日終値 13.90 (17/06/12)
高値 14.37 (09:00) 年初来高値 24.33 (17/04/13)
安値 13.67 (12:55) 年初来安値 12.96 (17/06/09)


東証2部指数

始値 5,953.23 (09:00) 前日終値 5,967.99 (17/06/12)
高値 5,970.45 (14:08) 年初来高値 6,051.09 (17/04/03)
安値 5,938.71 (10:06) 年初来安値 5,230.62 (17/01/18)


日経平均先物

現在値 19,820.00↑ (17/06/13 05:30)
前日比 -40.00 (-0.20%)
高値 19,860.00 (16:30) 始値 19,860.00 (16:30)
安値 19,750.00 (22:52) 前日終値 19,860.00 (17/06/12)


TOPIX先物

現在値 1,585.50↑ (17/06/13 05:30)
前日比 -2.50 (-0.16%)
高値 1,588.50 (16:30) 始値 1,588.50 (16:30)
安値 1,580.00 (23:00) 前日終値 1,588.00 (17/06/12)


JPX日経400先物

現在値 14,110.00↑ (17/06/13 05:30)
前日比 -30.00 (-0.21%)
高値 14,150.00 (16:30) 始値 14,150.00 (16:30)
安値 14,060.00 (23:01) 前日終値 14,140.00 (17/06/12)


東証マザーズ指数先物

現在値 1,099.00↑ (17/06/13 05:19)
前日比 -1.00 (-0.09%)
高値 1,100.00 (18:11) 始値 1,099.00 (18:03)
安値 1,096.00 (00:03) 前日終値 1,100.00 (17/06/12)


NYダウ先物 円建

現在値 21,215.00↑ (17/06/13 04:58)
前日比 -3.00 (-0.01%)
高値 21,245.00 (22:38) 始値 21,200.00 (17:54)
安値 21,183.00 (03:20) 前日終値 21,218.00 (17/06/12)


CME日経平均先物 円建

現在値 19,820.00 (17/06/12 17:15 CST)
前日比 +10.00 (+0.05%)
高値 19,835.00 始値 19,825.00
安値 19,820.00 前日終値 19,810.00 (17/06/12)


SGX日経平均先物

現在値 19,820.00↑ (17/06/13 04:44 SGT)
前日比 -40.00 (-0.20%)
高値 19,880.00 始値 19,860.00
安値 19,750.00 前日終値 19,860.00 (17/06/12)


長期国債先物

現在値 150.530↑ (17/06/13 05:09)
前日比 +0.010 (+0.01%)
高値 150.560 (17:37) 始値 150.510 (15:30)
安値 150.510 (15:30) 前日終値 150.520 (17/06/12)


13日の日本国債市場概況:債券先物は150円39銭で終了[FISCO] #klugfxnews_374905

配信日時 2017年6月13日(火)19:07:15 掲載日時 2017年6月13日(火)19:17:15

<円債市場>

長期国債先物2017年9月限

寄付150円49銭
高値150円49銭
安値150円38銭
引け150円39銭
売買高総計27067枚

2年 377回 -0.115%
5年 132回 -0.075%
10年 347回  0.060%
20年 160回  0.580%

債券先物9月限は、150円49銭で取引を開始。米連邦公開市場委員会(FOMC)に向けた警戒感から売りが優勢になり、150円38銭まで下落した。20年債入札が好調だったことを受けて、いったん買われ再び150円49銭をつける場面もあった。現物の取引では、2年債と20年債が買われ、5年債と10年債は売られた。

<米国債概況>2年債は1.36%、10年債は2.22%、30年債は2.87%近辺で推移。債券利回りはほぼ横ばい。(気配値)

<その他外債市況・10年債>ドイツ国債は0.27%、英国債は1.02%で推移、オーストラリア10年債は2.40%、NZ10年債は2.76%。(気配値)



日本国債3年

年利回り -0.103 (17/06/13 02:05)
前日比 +0.004


日本国債5年

年利回り -0.075 (17/06/13 02:05)
前日比 -0.003


日本国債10年

年利回り 0.059 (17/06/13 02:05)
前日比 -0.002


中国 上海総合指数 アジア株価 リアルタイムチャート


13日の中国本土市場概況:上海総合0.4%高と反発、資源株の上げ目立つ[FISCO] #klugfxnews_374883

配信日時 2017年6月13日(火)16:49:00 掲載日時 2017年6月13日(火)16:59:00

13日の中国本土市場は値上がり。主要指標の上海総合指数は、前日比13.87ポイント(0.44%)高の3153.74ポイントと反発した。上海A株指数も上昇し、14.50ポイント(0.44%)高の3302.88ポイントで取引を終えている。朝安の後に買われる流れ。市中金利の上昇基調を嫌気した売りが先行したものの、政策期待のある銘柄などに買いが入り、指数は中盤からプラスに転じた。

資源株が相場をけん引。なかでも、石炭株の上げが目立つ。エン州煤業(600188/SH)が5.2%高と値を上げている。国家能源局(国家エネルギー局)の局長が「供給サイド改革を強く推し進める」と改めて強調したことを受け、市況改善の期待が高まった。非鉄株も急伸。第2四半期の非鉄相場について、業界団体が第1四半期と同様に堅調に推移すると予測したことが手がかりだ。自動車株も高い。最大手の上海汽車集団(600104/SH)が4.6%上昇した。中国工業和信息化部(工業情報化部)が12日、「自動車プロジェクトの投資管理に関する意見書」を正式公布し、ガソリン車やディーゼル車の生産を抑制する方針を明示したことなどが支援材料。過当競争の緩和につながると歓迎された。ITハイテク関連株やバイオ医薬関連株、消費関連株なども物色されている。

一方、外貨建てB株相場は値上がり。上海B株指数が2.17ポイント(0.67%)高の323.24ポイント、深センB株指数が6.35ポイント(0.57%)高の1115.62ポイントで終了した。



上海総合指数 中国
▲0.44%
3,153.74
H:3,155.99
L:3,131.04
+13.87
06/13

CSI300指数 中国
0.22%
3,582.27
H:3,584.41
L:3,559.21
7.88
16:01

上海B株 中国
▲0.67%
323.24
H:323.65
L:320.68
+2.17
06/13

深センB株 中国
▲0.57%
1,115.62
H:1,115.62
L:1,108.11
+6.35
06/13

上海A株 中国
▲0.44%
3,302.88
H:3,305.23
L:3,279.08
+14.50
06/13

深センA株 中国
▲1.26%
1,945.30
H:1,946.94
L:1,917.94
+24.23
06/13


13日の香港市場概況:ハンセン0.6%高と3日ぶり反発、カジノ株に買い[FISCO] #klugfxnews_374904

配信日時 2017年6月13日(火)18:29:04 掲載日時 2017年6月13日(火)18:39:04

13日の香港市場は値上がり。主要50銘柄で構成されるハンセン指数が前日比144.06ポイント(0.56%)高の25852.10ポイント、本土企業株で構成されるH株指数が39.89ポイント(0.38%)高の10525.74ポイントとそろって3日ぶりに反発した。売買代金は798億5300万香港ドルに縮小している(12日の売買代金は876億2600万香港ドル)。

自律反発狙いの買いで上昇した。12日のハンセン指数が約2週間ぶりの安値を付けただけに、値ごろ感が着目されている。この日の本土株がプラスに転じたことも、買い安心感につながった。

ハンセン指数の構成銘柄では、マカオ・カジノ株の上げが目立つ。金沙中国(サンズ・チャイナ:1928/HK)と銀河娯楽集団(ギャラクシー・エンターテインメント:27/HK)がそろって2.6%高で引けている。終値で、約2年半ぶりの高値をそろって切り上げた。6月の域内カジノ収入は、前月に続いて堅調に伸びる——との観測が流れている。スマートフォン部品メーカーの瑞声科技HD(AACテクノロジーズ:2018/HK)は1.8%高と反発。前日の相場では、米IT株が急落した流れを継いで3.8%下落していた。中国自動車セクターの一角も急伸。比亜迪(BYD:1211/HK)と北京汽車(BAICモーター:1958/HK)がそろって6.5%高、東風汽車集団(489/HK)が3.9%高、広州汽車集団(2238/HK)が2.9%高と買い進まれた。中国工業和信息化部(工業情報化部)が12日、「自動車プロジェクトの投資管理に関する意見書」を正式公布し、ガソリン車やディーゼル車の生産を抑制する方針を明示したことが支援材料。過当競争が緩和されると歓迎された。非鉄セクターも高い。モリブデン中国最大手の洛陽モリブデン集団(3993/HK)が7.8%、アルミニウム中国最大手の中国アルミ(チャルコ:2600/HK)が4.9%、中国最大手の江西銅業(358/HK)が3.2%、ニッケル大手の新疆新シン鉱業(3833/HK)が2.3%ずつ値上がりした。第2四半期の非鉄相場について、業界団体が第1四半期と同様に堅調に推移すると予測したことなどが刺激材料となっている。

本土市場は反発。主要指標の上海総合指数は、前日比0.44%高の3153.74ポイントで取引を終えた。資源株が相場けん引。ITハイテク関連株やバイオ医薬関連株、自動車株、消費関連株なども上昇した。



HangSeng 香港
▲0.56%
25,852.10
H:25,883.22
L:25,722.63
+144.06
17:00

H株指数 香港
▲0.38%
10,525.74
H:10,576.93
L:10,488.74
+39.89
06/13

レッドチップ指数 香港
▲0.10%
4,023.73
H:4,034.66
L:4,011.12
+4.10
06/13

AORD オーストラリア
▲1.67%
5,772.77
H:5,772.80
L:5,677.80
+94.96
16:35

KOSPI 韓国
▲0.71%
2,374.70
H:2,375.81
L:2,358.92
+16.83
18:03

STI シンガポール
▲0.28%
3,257.52
H:3,264.92
L:3,252.62
+9.18
18:10

加権 台湾
▲0.18%
10,128.15
H:10,146.67
L:10,109.70
+18.19
14:31

KLSE マレーシア
▼0.25%
1,784.44
H:1,793.01
L:1,784.31
-4.45
06/13

PSEi フィリピン
▼0.91%
7,917.89
H:7,998.76
L:7,900.11
-72.35
06/13

JKSE インドネシア
▲0.28%
5,707.65
H:5,715.21
L:5,693.88
+16.21
18:11

VN ベトナム
▲0.77%
756.89
H:756.89
L:750.10
+5.80
06/13

SET タイ
▲0.55%
1,572.36
H:1,573.32
L:1,564.55
+8.55
06/13

Sensex インド
▲0.03%
31,103.49
H:31,260.77
L:31,062.34
+7.79
06/13

Nifty インド
▼0.10%
9,606.90
H:9,654.15
L:9,595.80
-9.50
06/13
ジャンル:
経済
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国内主要商品指数 6/13終値 | トップ | 6/14の競艇 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む