公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

高村正彦:「下衆の勘繰り」 二階俊博:「大騒ぎはバカバカしい」

2017-06-17 13:01:52 | 加計学園問題
自民党は年寄りから若手まで、品のない奴らばかりだな。


加計問題「大騒ぎはバカバカしい」 自民・二階幹事長(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170616-00000131-asahi-pol @YahooNewsTopics

6/16(金) 23:16配信 朝日新聞デジタル

 自民党の二階俊博幹事長は16日夜のBSフジの番組で、加計学園問題での集中審議をめぐり、「大騒ぎして頂いたが、このことで国会審議が左右されることは、ばかばかしい話だ」と語った。また、事実上閉会する通常国会を「(野党は)もっと綿密な攻め方をしなければいけない。自民党もそう痛手を負うことなく、国会を終えることができた」と振り返った。

 集中審議をめぐっては、同党の高村正彦副総裁も同日朝の党役員連絡会で、「野党の一部にある『げすの勘ぐり』を払拭(ふっしょく)して頂きたい」と発言していた。



高村氏「げすの勘ぐり」発言、二階氏がたしなめる(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170616-00000055-asahi-pol @YahooNewsTopics

6/16(金) 13:53配信 朝日新聞デジタル

 「加計学園」問題の獣医学部新設問題を巡り、自民党の高村正彦副総裁が16日の党役員連絡会のあいさつで、安倍晋三首相や官邸中枢の関与を疑う野党の批判を念頭に、「げすの勘ぐり」と言い捨てる一幕があった。

 高村氏は「岩盤規制を政治主導でドリルで穴を開けた立派な決定だった」とした上で、首相が出席して行われる16日午後の参院の集中審議について「野党の一部にある『げすの勘ぐり』を払拭(ふっしょく)して頂きたい」と発言した。

 一方、二階俊博幹事長は連絡会後の記者会見で、「『げすの勘ぐり』なんて言葉、ほとんど使用禁止用語。今後そういうことのないようにしたい」と述べ、好ましくないとの認識を示した。
『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安倍晋三は「余命3か月~6... | トップ | 小出恵介って奈良岡彩子に似... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む