公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

113回の橋本英也、114回の豊岡英子、そして中原未來こと日野未来らが合格

2017-01-14 17:19:54 | 競輪
中原未來」が合格した。





日本競輪学校第113回(男子)及び第114回(女子)生徒一般入学試験合格者の発表について 配信日:2017年1月12日

日本競輪学校(校長 瀧澤 正光 (タキザワ マサミツ))は、平成28年11月30日(水)~12月1日(木)に日本競輪学校において行いました第113回(男子)生徒一般入学試験第2次試験、及び平成28年11月22日(火)~23日(水)に日本競輪学校において行いました第114回(女子)生徒一般入学試験第2次試験の結果を踏まえ、本日、日本競輪学校入学試験委員会を開催し、第113回生(男子)合格者70名及び第114回生(女子)合格者20名を別添のとおり決定しましたのでお知らせ致します。
 なお、第113回(男子)及び第114回(女子)生徒の入学式は、平成29年5月10日(水)に行う予定です。
 主な合格者は、以下のとおりです。

[第113回生(男子)技能試験]
山田 諒(ヤマダ リョウ) 平成28年度全国高等学校総合体育大会1kmタイムトライアル 1位
橋本英也(ハシモト エイヤ) 日本中距離界のエースで2016トラック世界選手権ポイントレース 5位
山口拳矢(ヤマグチ ケンヤ) 父は、KEIRINグランプリ1998年、2011年優勝の山口幸二元選手

[第113回生(男子)適性試験]
黒沢 征治(クロサワ セイジ) 平成27年度社会人野球日本選手権大会 2位 ホンダ所属(投手)

[第114回生(女子)技能試験]
豊岡 英子(トヨオカ アヤコ) 平成27年度全日本シクロクロス選手権 1位(同大会7連覇含む8回優勝)



日本競輪学校第113回生徒入学試験合格者名簿

日本競輪学校第114回生徒入学試験合格者名簿

第113回生徒 主なる合格者

ラモス レオっていう合格者がいるよ。

ヤマコウ「驚いている」次男拳矢さんが競輪学校合格

[日刊スポーツ 2017年1月12日16時29分]

JKAは12日、日本競輪学校113期生(男子70人)、114期生(女子20人)の合格者を発表した。

 主な合格者は自転車競技中距離のエースで16年トラック競技世界選手権ポイントレース5位の橋本英也(23=岐阜)、社会人野球ホンダの投手だった黒沢征治(25=埼玉)、ヤマコウ(山口幸二氏=日刊スポーツ評論家)の次男拳矢(21=岐阜)らとなっている。

 ヤマコウは「自転車を始めて3カ月で合格したので驚いている。競輪選手になるためのスタートラインに立つことができたのでしっかり頑張ってほしい」と話した。


第114回生徒 主なる合格者
ジャンル:
自転車
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1/13の宮島優勝戦「トリプル... | トップ | 日本競輪学校第111回生、第11... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む