公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

麻生太郎がトランプに喧嘩売った?!

2017-04-22 05:16:17 | 政治経済問題
麻生太郎副総理兼財務相が、米国でトランプ大統領に正面切って歯向かう発言、財務省・金融庁関係者が身の上を案ずる

2017年04月21日 01時14分43秒 | 本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」

◆〔特別情報1〕

 「麻生さんは、米国に行ってまで、あんなことを言って大丈夫なのか」―、麻生太郎副総理兼財務相の身の上を案ずる声が、広がっている。

「麻生太郎総理大臣待望論」が根強かっただけに、天皇陛下からご勘気をこうむり、国際司法裁判所に「有罪判決(死刑)」まで下され、「大宏池会構想」が失敗し、総理大臣の目が完全になくなっている最悪の状況下で、米ニューヨーク市のコロンビア大学(米国ニューヨーク州ニューヨーク市マンハッタン区に本部を置く、アイビー・リーグに属する私立大学)で4月19日(日本時間20日)行った講演で、「米国抜き11か国でTPP発効の協議が進む」との見通しを示した。トランプ大統領に正面切って歯向かう発言だ。

このため、かつて米国に歯向かい不審死を遂げた橋本龍太郎元首相と中川昭一元財務相・金融担当相(麻生太郎内閣、在任期間2008年9月24日~2009年2月17日)のことを思い出して、官僚の多くは、「極めて危ない発言だ」と憂慮している。



ま、「アホウ太郎」と揶揄されるくらい、失言癖のある男だから、「いつもの癖」が出たんだろう。
『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 目的はテロ対策じゃない! ... | トップ | 自民党所属・富田林市議の左... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む