公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

早くSGでも活躍を

2006-03-26 10:33:11 | オートレース

SGの谷間の開催となった船橋のシリーズ(22~25日)で青木治親が完全優勝。

(オートレースオフィシャルWebより)

12R優勝戦          3100M
着順 枠番 選手名 HG 呼  名 ハンデ 試走タイム 競走タイム ST スタート
1 4 青木 治親    ドゥーズ    0 3.36 3.439 06       
2 6 長谷 晴久    ミユ2     20 3.33 3.420 14       
3 7 五所  淳    ジョーブラック 20 3.34 3.433 03       
4 5 千葉 泰将    ドラグーン   20 3.35 3.436 08       
5 1 牧野 貴博    シェリフ    30 3.35 3.428 08       
6 3 白川 秀行    カカロットA  10 3.37 3.463 11       
7 2 栗原 勝測    プレイバック  10 3.34 3.466 04       
8 8 荒川 哲也    アリダー2   20 3.35 3.465 14       

漸く2度目の優勝を果たした元125CC世界年間王者だが、スタートから堂々押し切ったね。

ちょっと外を回りすぎなような気もするんだが、逆にコーナーの入り方は鋭角走法となるので、他の選手はなかなか突っ込みにくい。

でも、こうした走りがこれまでなかなかできてなかったんだよな。

前回優勝したのは飯塚の29期新人王戦で、このときは圧勝だった。今回は、こちらはいまだ優勝がない浜松の長谷の猛追を受けたわけだが、何とか退けた格好。でも、川口勢としては船橋で優勝することなんて一般戦でさえなかなかお目にかかれないし、ましてや地元では外来勢にやられっぱなしだからとにかく今回の優勝は素直に喜びたいところ。

ところで、そろそろ青木もSG戦線で大暴れして欲しい気がするね。SGは過去何回か出ていたし、来月のオールスター(船橋)も出るんだけど、ドカンと優出ぐらいはやって欲しいところ。

ま、今年も8耐の話が出るのかもしれないが、「本業」でも大暴れしてくれ。

ジャンル:
スポーツ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドバイ国際レース回顧 | トップ | 日本選手権競輪回顧 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
完全優勝ですか (よが)
2006-03-26 11:01:54
ダービーに追われて、チェックしていませんでした。ヒラ場とはいえ、完全優勝ですか。これで波に乗るといいんですが。
川口での優勝を期待 (Bank of Dream)
2006-03-26 22:33:50
過去2回の優勝はいずれも遠征でのものなので、今度は地元での優勝をして欲しいところですね。



しかし川口のヒラは外来勢が強すぎる・・・

あわせて読む