公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

ドゥテルテ、日本に「平和的話し合い」を示唆

2016-10-25 10:56:27 | 政治経済問題
敵には容赦しないドゥテルテだが、味方には平和的解決を促す。

安倍との会談が楽しみだ。

それと安倍よ、ドゥテルテと敵対関係には絶対になるなよ。

それは分かってるだろ。


来日直前の比・ドゥテルテ大統領に直撃 訪日目的や暴言の真意は(フジテレビ系(FNN)) - Yahoo!ニュース

フジテレビ系(FNN) 10月25日(火)0時26分配信

過激な発言で注目を集めている、フィリピンのドゥテルテ大統領が、25日に来日するのを前に、24日、日本のメディアとして初めて、FNNの単独インタビューに応じた。

この中で、暴言の真意についても語っている。

24日夜、首都マニラで、単独インタビューに応じた、ドゥテルテ大統領は、訪日の目的を、「(日本で、誰に一番会いたい?)天皇陛下に会いたいです。日本に行ったら、もちろん皆さん、お会いしたいでしょう」、「(訪日前に、日本へメッセージは?)何かをお願いしに行くのではなく、(これまでの)感謝を伝えたいです」などと述べた。

さらに、アメリカなどに過激な発言を繰り返す理由については、「誰も話を聞いてくれないとき、どうやったら、気がついてもらえるか。『汚い言葉で叫んでいる男は誰だ?』と聞いてくれる。わたしに気づき、言うことに耳を傾け始めた。(暴言はわざとだと?)もちろん」と述べた。

また、中国の習近平国家主席と会談した際、ガムをかむようなしぐさを見せたことについては、「あり得ない」と完全否定した。

ドゥテルテ大統領は「口内炎だった。(ガムをかんでいたとしたら)無礼すぎる」と語った。

一方、南シナ海問題については、「まずは、中国と一対一で、対話をしたい」と強調し、「大統領になったばかりだから、どの国とも、けんかはしたくない」と、本音をのぞかせた。

ドゥテルテ大統領は、3日間の日程で、25日に来日する。



比大統領、経済面などで日本への期待を語る(日本テレビ系(NNN)) - Yahoo!ニュース

日本テレビ系(NNN) 10月25日(火)0時31分配信

 アメリカと「決別する」など過激な発言を繰り返すフィリピンのドゥテルテ大統領が25日、大統領就任後、初めて日本を訪れる。そのドゥテルテ大統領が24日、NNNのインタビューに応じ、日本と中国は「どちらも同じ重要な国だ」などと話した。

 ドゥテルテ大統領は24日、マニラでNNNのインタビューに応じ、25日から訪れる日本に対し、経済面などでの期待を述べた。

 ドゥテルテ大統領「貿易、ビジネス、海洋の安全・防衛強化、インフラなどについて話し合いたい」

 一方、南シナ海問題の解決に向けて、日本と共同でできることについては、軍事ではなく平和的な話し合いしかないと主張した。

 ドゥテルテ大統領「(会談では)南シナ海問題についての議論に多くの時間を割くだろう。解決のためには対話以外に方法はないからだ。軍事的な方法をとれば戦争を引き起こしてしまう」

 また、ドゥテルテ大統領は、急速に接近しつつある中国と比べても、日本も同様に重要だと話した。

 ドゥテルテ大統領「(日本と中国は)同じく重要な国だ。習近平国家主席も安倍首相も同じくらい信用できる」

 滞在中は安倍首相との首脳会談のほか、日本に住むフィリピン人との交流なども行われる予定。

最終更新:10月25日(火)0時31分日テレNEWS24
『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 若狭勝が離党示唆 | トップ | 10/26の地方競馬 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む