公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

将棋ソフトを使って不正した?

2016-10-13 08:48:50 | その他
将棋の世界における「ドーピング」発覚か?


スマホの将棋ソフト使い不正か 三浦九段「ぬれぎぬ」(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース

朝日新聞デジタル 10月12日(水)19時49分配信

日本将棋連盟は12日、15日に開幕する第29期竜王戦七番勝負(読売新聞社主催)で、挑戦者の三浦弘行九段(42)が出場しないことになったと発表した。対局中、スマートフォンなどに搭載の将棋ソフトを使って不正をした疑いもあるとして、説明を求めたという。連盟は、期日までに休場届が出されなかったため、12月31日まで公式戦の出場停止処分とした。

 三浦九段は朝日新聞の取材に「不正はしていません。ぬれぎぬです」と話した。

 竜王戦は将棋の七大タイトル戦の一つ。七番勝負には挑戦者決定戦で敗れた丸山忠久九段(46)が出場し、渡辺明竜王(32)と対戦する。

 今夏以降、三浦九段の対局中の離席が目立ったため、連盟は11日に聞き取りを実施。三浦九段は対局中のスマホなどの使用を否定したが、「疑念を持たれたままでは対局できない。休場したい」との意思を示したという。だが、期日の12日までに休場届が出されず、連盟は処分を決めた。
ジャンル:
その他
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10/12追記あり 東京で大規模... | トップ | ヒラリー、「TPP再交渉」に意... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む