公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

沼津信用金庫40代の男性職員約1億2300万円着服「競馬などに使った」

2016-10-18 22:24:59 | その他
約1億2300万円着服の職員「ギャンブルに使った」(テレビ朝日系(ANN)) - Yahoo!ニュース

テレビ朝日系(ANN) 10月18日(火)0時5分配信

 静岡県にある沼津信用金庫は、40代の男性職員が顧客から預かった約1億2300万円を着服していたと発表しました。沼津信金によりますと、御殿場南支店の渉外係主任だった40代の男性職員は、2010年から今年にかけて定期預金が満期になるなどした12人の顧客に再び預けてほしいなどと嘘を言ってお金を受け取り、合わせて1億2300万円を着服したということです。男性職員は「競馬などのギャンブルに使った」と着服を認めていて、先月に懲戒解雇されました。沼津信金は被害者に弁済する一方で、男性職員を刑事告訴する方針です。
最終更新:10月18日(火)0時5分テレ朝 news
『事件』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10/19の公営 | トップ | 10/18 小倉・青森のダブルミ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む