公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

新井敏司引退

2016-10-13 01:42:24 | 競艇
現役生活45年「SG無冠の帝王」68歳新井が引退発表… ― スポニチ Sponichi Annex ボートレース

68歳の大ベテラン、新井敏司(群馬)が引退を発表した。11日、戸田2、6Rで45年間の選手生活に別れを告げる。第32期生として71年デビュー。優勝75回(G119)を積み上げたが「SG無冠の帝王」とも呼ばれた。一番の思い出は完全優勝した77年の関東地区選手権(桐生)。「“新井のまくりはまくりの見本”と新聞に書かれたのがうれしかった」。通算1万298戦2492勝(10日終了時点)。

[ 2016年10月11日 05:30 ]



GIは19回優勝か・・・

内、関東地区選手権は5回制覇し、関東の雄とも謳われた新井だけど、ついにSGには届かなかった。

野中と彦坂の壁が大きく立ちはだかったことが一番の原因。

そんな新井だけど、第4回の名人戦では、野中を逆転して優勝を果たした。

これが10年早ければ、SG制覇だったと思ったけどね。
『ギャンブル』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 稲田朋美の控訴棄却 | トップ | 10/13 小田原S級、A級 各決勝 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む