公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

8/6 芦屋・第31回レディースチャンピオン 小野生奈逃げ切って初の女王!

2017-08-06 19:10:00 | 大レース回顧集
【芦屋・レディースC】小野G1初制覇!地元で“夏女王”輝く― スポニチ Sponichi Annex ギャンブル

ボートレース芦屋のプレミアムG1「第31回レディースチャンピオン」は6日、最終日12Rで優勝戦が行われ、1号艇の小野生奈(せいな、28=福岡)が優勝した。インを押し切り、地元で悲願のG1初制覇。優勝賞金1000万円を獲得した。2着は細川裕子(35=愛知)。昨年のクイーンズクライマックスに続く“冬夏連覇”を狙った松本晶恵(30=群馬)は3着だった。

 Vゴールを決めた小野。派手なガッツポーズはなかったがスタンドのファンに何度もお辞儀をした。「やりました!地元の芦屋でうれしさ倍増!!」。福岡支部の先輩・川野から笑顔で迎えられ、ヘルメットの素顔は涙であふれた。

 デビュー8年9カ月。前回大会(津)は準優勝だった。3回目のファイナル挑戦で、ついに女王のタイトル。「訓練生時代はクビになりそうだった。福岡支部の先輩や後輩、師匠の吉田(弘文=引退)さんのアドバイスで、ここまで来ることができた」と喜びをにじませた。

 最終日は強風による水面状況悪化のため安定板装着。その影響で5日目までの舟足が落ちた。「もう朝からバタバタ。川野さんのアドバイスのおかげで何とかなったが、展示でも合っていなかった。あとは気持ち」。腹をくくった。スタートタイミングは遅めのコンマ19。だが、全身全霊の全速インモンキーで先マイを死守。バックでグイッと後続を突き放し、独走態勢を築いた。「差されたと思ったけど誰も内にいなかったのでホッとした」。2号艇、同じ福岡の先輩・日高もカベの役割を果たした。

 地元の芦屋は父親に連れられて初めてボートレースを観戦した思い出の場所。男子に交じってレースする日高の勇姿を見て「私もこうなりたい」と選手を志した。初出走、水神祭、G1初1着が全て芦屋。そして日高を従えての戴冠。こみ上げるものがあった。

 優勝賞金1000万円を獲得し、女子獲得賞金ランキングのトップに浮上した。今年はオールスター(福岡)、オーシャンC(まるがめ)と準優勝戦進出。男子選手とSG優出を懸けてしのぎを削った。ここで満足する小野ではない。目指すは、さらなる頂。もちろん、年末のクイーンズクライマックス(大村)での“夏冬連覇”も期待大だ。

 ◆小野 生奈(おの・せいな)1988年(昭63)10月2日、福岡県生まれの28歳。103期。福岡支部。同期は深谷知博、黒井達矢、喜井つかさら。妹は112期の真歩。08年11月、芦屋で初出走。13年12月、蒲郡W優勝戦で初優勝。14年福岡オールスターでSG初出場。通算1882戦344勝、優勝9回(G11)。1メートル55、47キロ。血液型B。



【芦屋・レディースC】戦い終えて― スポニチ Sponichi Annex ギャンブル


第31回レディースチャンピオン 最終日  

全レース成績

12R 優勝戦 場外締切予定時刻  18:31 

◎ 1 小野  生奈 4 1 21221 1
〇 2 日高  逸子 131 4 211 
▲ 3 松本  晶恵 123 4 231 
  4 細川  裕子 232 131 2 
  5 岸   恵子 1 142 412 
△ 6 遠藤  エミ 1 2 43612 

1 1 4530  小野  生奈 1'50"9
2 4 4123  細川  裕子 1'53"1
3 3 4399  松本  晶恵 1'54"2
4 5 3674  岸   恵子 1'54"4
5 2 3188  日高  逸子
6 6 4502  遠藤  エミ

スタート情報
1
.19  逃げ
2
.19 
3
.15 
4
.14 
5
.07 
6
.11 

3連単
1-4-3
¥2,220 8

3連複
1=3=4
¥820 4

2連単
1-4
¥580 3

2連複
1=4
¥460 3

拡連複
1=4
¥170 2
1=3
¥220 3
3=4
¥550 12


単勝
1
¥130

複勝
1
¥130
4
¥320



【6日芦屋12R】選手コメント - サンスポZBAT!競馬

〔1〕小野 ゾーンが狭い。合えばスピードを持って小回りできる。ホームの伸びは上がいるけど、回ったあとの伸びはいい位置にいる
〔2〕日高 スタートは集中して全速で行ってみようと思った。ツイていた。上には上がいると思うが、伸びも回りアシもいい
〔3〕松本 回転の上がりがスムーズで、4日目よりスタートの行きアシ、出アシ関係が良くなっていた。スタートは遅れずに行きたい
〔4〕細川 準優のスタートは起こしを遅らせたら、だいぶ遅れてしまった。乗り心地と2マークを回る感じは良かった。伸びは普通
〔5〕岸 合えば全体に文句なし。満点がどれくらいなのか分からないけど、80点くらいかな。あとは微妙な回転の調整だけ
〔6〕遠藤 バックのアシは良くなっていた。回りアシもいい。ターンでロスをしていたので、よくして臨みたい。優勝しか考えていない
『ギャンブル』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 8/7 飯塚初日 | トップ | 8月6日ののWIN5は2921万3... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む