公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

2018年のJBCは史上初の中央開催!京都競馬場に決定!

2017-03-07 07:32:26 | 開催予定の中央競馬
来年京都でJBC開催!11月に交流G1の3競走組み入れ(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

スポニチアネックス 3/7(火) 7:01配信

 全国公営競馬主催者協議会など地方競馬団体は6日、東京都港区のJRA六本木事務所でJRAと合同会見を行い、来年のJBC競走を11月上旬に京都競馬場で行うと発表した。ダートの交流G13レースで構成される地方競馬の祭典を来年1年限定でJRA競馬場で開催し、中央競馬のファン層を取り込みたい考え。地方のビッグレースをJRAで開催するのは、東日本大震災復興競馬として東京競馬場で実施した11年の岩手・南部杯以来となる。

 01年の創設以来、各地方競馬場の持ち回りで開かれてきたJBC競走がJRA主催レースとして行われる。開催の詳細は今秋に発表されるが、11月3日か4日の京都開催日にJBC3競走を組み入れる形で実施する見通し。法令で1日12レースと上限が定められているため、通常の競走を9レースにとどめ、JBC3競走と合わせて12レース制で行うとみられる。JBCクラシックは主にダート2000メートル戦開催だが、京都競馬場に同距離の競走がないため1900メートルか1800メートル戦として、JBCスプリントは1200メートル戦、レディスクラシックは1800メートル戦として組まれる。

 昨年、川崎競馬場で開催した同競走の売り上げは48億7402万2850円にとどまり対前年比100・5%とほぼ横ばい。全国公営競馬主催者協議会・森彪(たけし)常任理事は「訴求力の高いJRAで実施することで起爆剤にしたい。より多くの競馬ファンに参加していただきたい」と語った。



JBC競走、来年は京都競馬場で 中央・地方競馬が発表  :日本経済新聞 http://www.nikkei.com/article/DGXLSSXK10500_W7A300C1000000/

2017/3/6 21:43

 日本中央競馬会(JRA)と地方競馬全国協会は6日、地方交流G1のJBC3競走(クラシック、スプリント、レディスクラシック)を、来年に限ってJRA主催のもと、11月に京都競馬場で開催すると発表した。

 2001年創設のJBC競走は、昨年まで地方競馬場で行われてきたがこのほど、JBC実行委員会が、同競走の発展や知名度アップなどを目的に、ファンへの訴求力の高いJRAに実施を要請し、受け入れられた。

 地方交流G1がJRA主催で施行されるのは、11年のマイルチャンピオンシップ南部杯が東日本大震災の復興支援として東京競馬場で開催されて以来となる。〔共同〕



『競馬』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「日本会議人脈」が総動員さ... | トップ | 熊本競輪場、本場開催実現ま... »
最近の画像もっと見る

開催予定の中央競馬」カテゴリの最新記事