公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

10/18 千葉記念・荒井崇博4番手から捲り追い込みV! & エボリューションは佐藤博紀V!

2016-10-19 21:01:24 | 競輪
【競輪】千葉競輪G3は荒井崇博がV(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

デイリースポーツ 10月18日(火)20時0分配信

 「滝澤正光杯・G3」(18日、千葉)

 千葉競輪の開設67周年記念「G3・第9回滝澤正光杯」決勝では、荒井崇博(38)=佐賀・82期・S1=が、先行する吉沢純平ラインの4番手をキープ。最終3角から踏み上げて千葉記念を初制覇した。記念優勝は2014年4月武雄に続き13回目。新田祐大は5着、深谷知広は8着と人気を集めた両者が不発に終わり、3連単は35万超の高配当となった。

 荒井が復活をアピールする優勝だ。打鐘で動いて先行する吉沢ラインの後ろをがっちりと確保。後方でお互いにけん制し合う新田と深谷を尻目に、最終3角から一気に追い込んだ。「先行するラインの後ろにいること」とシンプルな作戦を実行。鮮やかに混戦を抜け出して、2年6カ月ぶりの記念制覇を決めた。

 ここ1、2年はG1戦線で思うような結果が出せずにいたが、1月の宇都宮F1から戦法を自力に戻したことが復調のきっかけとなった。「このまま追い込み主体のままではA級に落ちる。それなら悔いを残さないように自力で戦う」と決めてから、成績が上昇してきた。来月12日からは地元での武雄記念が控えている。「このメンバーでまさか勝てるとは思わなかった。地元でも頑張りたい」。この勢いをキープして、記念連覇を狙う。



12R  16:40  S級決勝

△ 1 1 吉澤 純平 31 茨城 101 S2/S1 逃 3.92 0.0 114.13 10/15 初特選 2着 10/16 優 秀 6着 10/17 準決勝 2着 10/18 決 勝 9着
▲ 2 2 新田 祐大 30 福島 90 SS/SS 逃 3.92 0.0 118.44 10/15 初特選 2着 10/16 優 秀 9着 10/17 準決勝 1着 10/18 決 勝 5着
X 3 3 荒井 崇博 38 佐賀 82 S1/S1 両 3.93 0.0 109.38 10/15 初特選 7着 10/16 二予選 1着 10/17 準決勝 3着 10/18 決 勝 1着 
  4 4 小林 大介 38 群馬 79 S1/S1 両 3.92 0.0 105.73 10/15 初特選 5着 10/16 二予選 3着 10/17 準決勝 3着 10/18 決 勝 7着
  4 5 山田 幸司 44 神奈 78 S1/S1 追 3.92 0.0 106.31 10/15 初特選 3着 10/16 優 秀 7着 10/17 準決勝 3着 10/18 決 勝 3着
  5 6 柳詰 正宏 29 福岡 97 S2/S2 追 3.85 0.0 103.29 10/15 一予選 1着 10/16 二予選 2着 10/17 準決勝 1着 10/18 決 勝 4着
〇 5 7 椎木尾拓哉 31 和歌 93 S1/S1 両 3.92 6.0 112.73 10/15 初特選 1着 10/16 優 秀 2着 10/17 準決勝 1着 10/18 決 勝 6着
注 6 8 濱田 浩司 37 愛媛 81 S1/S2 両 3.92 0.0 108.05 10/15 一予選 1着 10/16 二予選 3着 10/17 準決勝 2着 10/18 決 勝 2着
◎ 6 9 深谷 知広 26 愛知 96 S1/S1 逃 3.92 0.0 116.30 10/15 初特選 1着 10/16 優 秀 8着 10/17 準決勝 2着 10/18 決 勝 8着

1 3 荒井 崇博 38 佐賀 82 S1 14.1 差し
2 8 濱田 浩司 37 愛媛 81 S2 1/2車身 14.4 差し
3 5 山田 幸司 44 神奈川 78 S1 1/2車輪 13.8
4 6 柳詰 正宏 29 福岡 97 S2 1  車輪 14.1
5 2 新田 祐大 30 福島 90 SS 1/2車身 14.0
6 7 椎木尾 拓哉 31 和歌山 93 S1 1  車輪 13.8
7 4 小林 大介 38 群馬 79 S1 3/4車身 14.7
8 9 深谷 知広 26 愛知 96 S1 1/2車輪 13.9
9 1 吉澤 純平 31 茨城 101 S1 1  車輪 14.9 HB


9R  14:45  S級エボリューション

◎ 1 1 武井 大介 86 千葉 2
△ 2 2 栗山 俊介 103 奈良 4
〇 3 3 金子 幸央 101 栃木 7
  4 4 福島 武士 96 香川 6
▲ 5 5 勝瀬 卓也 84 神奈 5
  6 6 土岐 幹多 83 岐阜 3
  6 7 佐藤 博紀 96 岩手 優勝

1 7 佐藤 博紀 31 岩手 96 S1 13.8 差し
2 1 武井 大介 36 千葉 86 S1 1/2車輪 13.7 マーク
3 6 土岐 幹多 37 岐阜 83 S2 1  車身 13.6
4 2 栗山 俊介 28 奈良 103 S1 1/2車輪 14.0 HB
5 5 勝瀬 卓也 39 神奈川 84 S1 1  車身 13.8
6 4 福島 武士 30 香川 96 S2 1/2車身 14.0
7 3 金子 幸央 23 栃木 101 S2 1  車身 14.2



平成28年10月17日

千葉記念の3日目は、13億2千万で、3日間の計は43億5545万2500円。

目標の60億には16億5千万で到達するなら何とかクリヤーしそうですが、嫌味なのは岸和田FⅠが今日からスタートした事、これで行ってもギリギリの様な気がするのと、3日目の最終レースが3連単121万の特大配当に、大口買いの財布が底を付いてなければと願うばかりです。

最終日の決勝は、地元ゼロとは残念でも、深谷知広・新田祐大・吉澤純平は乗って来ました。

今回の出来なら深谷・椎木尾拓哉のコンビ対、捲りしか狙わない新田の大捲り。

決勝に乗れなかった稲垣裕之に地元の精鋭は負け戦で頑張り、売り上げに貢献するそうです。

夜は小倉ミッドの2日目。

そしてこゝが終われば熊本記念(久留米競輪場)です。

1班の欠場者は現在の処はゼロ。

日程は厳しいですが、熊本競輪場の早期復活のためには55億は絶対に越えて欲しい数字。そのためにも微力乍ら全力で取り組ませて貰います。



開設記念 第9回滝澤正光杯 最終日  

全レース成績 

Dokanto!
ジャンル:
自転車
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 民進党が「珍しく」実力行使... | トップ | 菜七子、出身地の守谷市で市... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む