公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

2024年、2028年の夏季オリンピック開催地が「決定」した

2017-07-12 13:58:55 | スポーツ
あとはいずれかの年の開催が、パリになるかロサンゼルスになるか、だけ。


夏季五輪パリ・ロスで IOC、24・28年同時選定承認 (写真=AP) :日本経済新聞

2017/7/12 0:22

 国際オリンピック委員会(IOC)は11日、スイス・ローザンヌで臨時総会を開き、2024年と28年の夏季五輪開催都市を同時選定する案を承認した。24年大会に立候補しているパリとロサンゼルスを2大会に振り分ける。開催コスト高騰で立候補都市が減る傾向にあり、IOCは28年大会までの開催を確定させて、五輪離れに歯止めをかける狙いだ。


IOC委員たちの挙手により、満場一致で決まった。開催都市は24年がパリ、28年がロサンゼルスになるとの見方が強まっており、9月のリマでのIOC総会で決まる。2大会の開催都市の同時決定は97年ぶりで、極めて異例。ただIOCと両都市が同時選定に合意できない場合、9月の総会では24年の開催都市のみを決めるとした。

 24年五輪の招致には、当初5都市が立候補していた。だが財政負担などに住民が反発し、ローマ、ハンブルク(ドイツ)、ブダペストが撤退。IOCは14年12月に採択した「五輪アジェンダ2020」で既存施設の積極活用による開催費抑制や追加種目の提案を認めるなど、開催都市のメリットを打ち出したが効果はあらわれていない。

 このためIOCは今年6月の臨時理事会で24、28年大会の同時選定方針を承認。IOCの五輪憲章は開催都市の選定について、原則として大会開催の7年前に行うとしているが、バッハ会長は「2都市とIOCに利益のある状況をつくりたい」と意義を強調していた。

 臨時総会前の両都市のプレゼンテーションではフランスのマクロン大統領がパリ開催を訴え、ロサンゼルス側はガーセッティ市長らが出席した。
ジャンル:
オリンピック
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7/11 欧米主要株式・為替・... | トップ | 7/12 高松・S級、ガールズケ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む