公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

西武園競輪場隣の「ゆうえんち」で火事、当面の間臨時休業

2017-05-14 10:09:41 | その他
西武園ゆうえんちで火災 けが人なし、臨時休園に  :日本経済新聞 http://www.nikkei.com/article/DGXLAS0040002_S7A510C1000000/

2017/5/13 1:45 (2017/5/13 13:54更新)

 12日午後11時半ごろ、埼玉県所沢市の「西武園ゆうえんち」で炎が上がっていると、近所の人から119番があった。埼玉西部消防組合が消防車12台で消火に当たり、約2時間後に鎮火した。遊具などが焼けたが、けが人はいなかった。安全の確保ができるまで、当面の間、臨時休園する。

 県警所沢署と消防は13日午前に実況見分。同署などによると、焼失面積は約千平方メートルとみられ、火災の原因を調べている。

 所沢署や遊園地を所有する西武鉄道によると、入り口近くにある飲食店や土産物店などが並ぶ「アーケード大通り」というエリアが激しく燃え、アーケードのほか、ジェットファイターなどアトラクション4機種やクレープ店などを焼いた。大通りでは2014年にも火災があったという。

 12日は午後4時半に閉園。出火当時、客や従業員はいなかった。アーケードのそばにはジェットコースターの解体現場があり、園近くの事務所に作業員が残っていた。所沢署によると、作業員は「ボンという爆発音がして、気が付くと火が上がっていた」と話したという。〔共同〕



ならば、休園中の間、競輪場で「代替興行」やりますか?
『事件』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三国競艇場所在地の坂井市、... | トップ | H・キッシンジャー:「9月ま... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む