公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

今村雅弘復興大臣辞任へ

2017-04-26 13:30:49 | 政治経済問題
復興相不適切発言 今村雅弘復興相辞任へ 震災「東北で良かった」発言で更迭(産経新聞) - Yahoo!ニュース

産経新聞 4/25(火) 20:43配信

今村雅弘復興相は25日、辞任する意向を固めた。東日本大震災に関し「東北で良かった」と発言した責任を取った。今村氏は失言が相次ぎ、被災者らが反発する事態を重く見た安倍晋三首相による事実上の更迭で、後任の人選を急ぐ。後任の復興相は早ければ26日にも皇居で認証式を行う。

 昨年8月に発足した第3次安倍再改造内閣で閣僚が辞任するのは初めて。平成24年発足の第2次安倍内閣以降では、昨年1月の甘利明前経済再生担当相以来、今村氏で5人目。

 今村氏は25日、所属する自民党二階派のパーティーで講演し、東日本大震災の被害に関し「まだ東北で、あっちの方だったから良かった。首都圏に近かったりすると、莫大(ばくだい)な、甚大な額になった」と述べた。

 今村氏は講演後、記者団に「私の大変不適切な発言で皆さんを大変傷つけたことを深く反省し、おわび申し上げる」と語った。

 パーティーに出席した首相は「東北の方々を傷つける極めて不適切な発言だ。首相としておわびをさせていただきたい」と不快感を示していた。

 今村氏は4日の記者会見で、東京電力福島第1原発事故に伴う自主避難者の帰還について「自己責任」との認識を示し、謝罪、撤回したばかりだった。

 今村氏の発言に対しては、野党だけでなく公明党も辞任を求めた。政府は今村氏を続投させた場合、国会審議が停滞し、共謀罪の構成要件を厳格化した「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案などの成立が危ういと判断した。



今村は、言ってはならないことを言ってしまった。

これは大臣はおろか、議員辞職に値するもの。


大震災「東北で良かった」=今村復興相がまた問題発言、取り消し―安倍首相おわび(時事通信) - Yahoo!ニュース

時事通信 4/25(火) 18:22配信

今村雅弘復興相は25日夕、東京都内のホテルで開かれた自民党二階派のパーティーで講演し、東日本大震災について「(発生場所が)東北で、地方だったから良かった。これがもっと首都圏に近かったりすると莫大(ばくだい)な、甚大な被害があった」と述べた。

 原発事故の自主避難者をめぐる「自己責任」発言に続き、被災者らの反発は必至だ。

 今村氏は講演後、記者団の取材に対し、発言を取り消す意向を示すとともに、「不適切で、反省し、おわびする」と陳謝した。進退に関しては「そこまで(考えが)及んでいない」と述べ、辞任を否定した。

 安倍晋三首相は同じパーティーに後から登壇し、復興相の発言について「東北の方々を傷つける極めて不適切な発言があったので、首相としておわびしたい」と述べた。

 一方、公明党の大口善徳国対委員長は国会内で記者団に「政治家として自ら出処進退を決断すべきだ」と述べ、復興相の辞任を促した。

 今村氏は4日の記者会見で、東京電力福島第1原発事故に伴う自主避難者への対応に関し「本人の責任だ。裁判でも何でもやればいい」などと発言。避難者をはじめ、与野党から厳しい批判を浴び、撤回した経緯がある。

 今村氏は今回の発言を取り消す際、「東北でもあんなひどい災害だった。首都圏に近い方だったらとんでもない災害になっただろうという意味で言った」と釈明した。 
『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 4/25 欧米主要株式指数 | トップ | 4/27 飯塚準決勝 »
最近の画像もっと見る

政治経済問題」カテゴリの最新記事