公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

ガールズドリームレース2017回顧

2017-08-15 09:12:22 | 大レース回顧集
画像ソースはデイリースポーツ



関連記事:8/14 平・第60回オールスター競輪準決勝 & ガールズドリーム:コンドルヒント付


【競輪】ガールズドリームは高木真備が制圧 小林優香をタイヤ差でとらえてVゴール(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170814-00000093-dal-spo @YahooNewsTopics

8/14(月) 16:18配信

 「ガールズドリームレース・F2」(14日、いわき平)

 「G1・オールスター競輪」4日目9Rで行われ、高木真備(22)=東京・106期・L1=が直線で差し切って1着。「オールスター競輪」内で行われるガールズケイリンコレクションを2年連続で優勝し、賞金313万円(副賞込み)を獲得した。外並走から最終2角で先にまくった小林優香(福岡)が2着、小林マークを高木に阻まれたものの、立て直した梶田舞(栃木)が3着に入った。

 普通開催のガールズケイリンでは先行することの多い高木が、好さばきを披露した。打鐘から最終1角過ぎまでずっと内に包まれる厳しい展開だったが、小林がまくっていくと、すかさず梶田との踏み合いを制して後位にスイッチ。タイヤ差で小林をとらえた高木が1着でゴールした。

 昨年に続いて8月のガールズケイリンコレクションを制した高木は「抜けたかどうか、分からなかったです」と激戦を振り返る。「自力を出したかったけど、追い込みになってしまって、想定とは違いました」とイメージ通りに戦えなかったことを悔やんだ。

 ただ「オールスター(でのガールズケイリンコレクション)は思い入れがあるので、強い気持ちで走りました」とキッパリ。今年の獲得賞金ランクはトップを独走中。ガールズグランプリ初優勝へ向けて、視界はかなり広がっている。



9R (L級ガールズドリーム) 1,625m(4周) 曇・風速1.0m

1 4 高木 真備 22 東 京 106 L1 12.0 差し
2 2 小林 優香 23 福 岡 106 L1 タイヤ差 12.1 捲り B
3 3 梶田 舞 30 栃 木 104 L1 1 車身 12.1
4 5 石井 貴子 27 千 葉 106 L1 1車身1/2 12.1
5 6 奥井 迪 35 東 京 106 L1 3 車身 12.4
6 1 児玉 碧衣 22 福 岡 108 L1 3/4車身 12.6 H
7 7 山原 さくら 24 高 知 104 L1 2 車身 12.8

2車複 2=4 660円 (2)
2車単 4-2 2,190円 (7)
3連複 2=3=4 1,820円 (7)
3連単 4-2-3 12,960円 (36)
ワイド
2=4 210円 (2)
3=4 1,090円 (14)
2=3 510円 (5)



捌きもできるようになった高木真備がゴール直前、わずかに小林優香を差して優勝。

それにしても、高木はオールスター開催は非常に相性がいい。

昨年はファン投票第一位でコレクション初優勝。

一昨年は石井貴子(106)に差されたものの、小林優香に先着する2着と健闘。そして、このレースを境に、高木は優勝を量産するようになった。

高木自身、いずれ、現在の先行主体の競走から、捲り・追い込みもできる自在選手を目指すと言っていたが、今回はそのきっかけとなったかも。

小林は車体のブレがひどい。一体どうしたことか?
ジャンル:
自転車
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 8/16 びわこ・オールレディ... | トップ | 両毛線は全駅、乗降する客は... »
最近の画像もっと見る

大レース回顧集」カテゴリの最新記事