公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

8/8 欧米主要株式・為替・商品・債券 各指数

2017-08-09 08:49:50 | 政治経済問題
NY金融市場動向(取引終了後速報):下落、地政学リスクへの警戒感広がる

米国株式相場は下落。ダウ平均は33.08ドル安の22085.34、ナスダックは13.31ポイント安の6370.46で取引を終了した。小幅下落して寄り付いたものの、主要小売決算が好感されたほか、ハイテク大手を中心に上昇する展開となった。しかし、トランプ大統領が核交渉を拒否した北朝鮮に対して厳しい姿勢を示したことから地政学リスクへの警戒感が高まり、引けにかけて再び下落に転じた。

【 米国株式 】             前日比       高値    安値   ↑ / ↓
*ダウ30種平均 22085.34  -33.08   -0.15% 22179.11 22057.29   9   20
*ナスダック   6370.46  -13.31   -0.21%  6423.35  6355.88  949 1384
*S&P500      2474.92   -5.99   -0.24%  2490.87  2470.32  169  331
*SOX指数     1093.77   -4.48   -0.41%
*225先物     19950 大証比 -30   -0.15%

【 為替 】               前日比       高値    安値
*ドル・円     110.32   -0.43   -0.39%   110.83   110.25
*ユーロ・ドル   1.1758 -0.0037   -0.31%   1.1824   1.1715
*ユーロ・円    129.71   -0.92   -0.70%   130.83   129.60
*ドル指数      93.65   +0.22   +0.24%   93.88   93.24

【 債券 】           前日比       高値    安値
* 2年債利回り    1.35   -0.00      1.36    1.35
*10年債利回り    2.26   +0.01      2.29    2.25
*30年債利回り    2.84   +0.01      2.87    2.83
*日米金利差     2.19   -0.06

【 商品/先物 】           前日比       高値    安値
*原油先物      49.17   -0.22   -0.45%   49.79   48.86
*金先物       1256.4   -1.8   -1.80%   1264.1   1251.4
*銅先物       294.3   +3.6   +1.22%   294.6   289.2
*CRB商品指数   181.09   +0.12   +0.07%   181.42   180.27

【 欧州株式 】             前日比       高値    安値   ↑ / ↓
*英FT100     7542.73  +10.79   +0.14%  7551.85  7518.45   62   36
*独DAX     12292.05  +34.88   +0.28% 12329.97 12184.59   20   9
*仏CAC40     5218.89  +11.00   +0.21%  5231.65  5191.38   23   15


ダウ平均は11日ぶりに反落 利益確定売りで後半伸び悩み=米国株概況 #klugfxnews_384589

配信日時 2017年8月9日(水)05:37:00 掲載日時 2017年8月9日(水)05:47:00

NY株式8日(NY時間16:29)
ダウ平均   22085.34(-33.08 -0.15%)
S&P500    2474.92(-5.99 -0.24%)
ナスダック   6370.46(-13.31 -0.21%)
CME日経平均先物 19945(大証終比:-35 -0.18%)

 きょうのNY株式市場でダウ平均は11日ぶりに反落した。連日の最高値更新から利益確定売りも出て寄り付きは売りが先行した。ただ、先行き期待は根強く売りが一巡するとすぐに買い戻しが入りダウ平均はプラス圏に浮上。しかし、前日までダウ平均は10日続伸し、上値では利益確定売り圧力も強まっている。

 銀行株が後半になって下げに転じ相場を圧迫。この日発表になった6月の米求人件数(JOLT)が過去最高に上昇しており予想も上回った。米国債利回りが上昇し、銀行株も買いが優勢になったが、北朝鮮問題など地政学リスクもあり、この日の3年債入札が好調だったことで利回りが上げ幅を縮小し、銀行株も追随した。

 この日はアパレル企業の決算が発表になっていたが、既存店売上高は減少していたものの、予想ほどの減少でもではなかったことから株価も上昇し相場の雰囲気をサポートしていた。今週はアパレルのほか百貨店の決算発表も予定されている。ネガティブな数字が予想されるが、だいぶ織り込んでいる面もあり反応は未知数。
 
 ダウ採用銘柄ではメルクやデュポン、ベライゾンが下落しているほか、ジョンソン&ジョンソン、3Mが軟調。反面、アップル、マイクロソフト、ディズニーが堅調に推移している。

 ナスダックも終盤に伸び悩み反落。アップルやテスラは上昇したものの、今週決算を控えているエヌビディアが反落したほか、ネットフリックスも下落しており指数の上値を抑えた。

 テスラが上昇。アナリストの投資判断引き上げが伝わっており、投資判断を中立から買いに引き上げ、目標株価も444ドルとしている。

 レンタカー株が大幅安。エイビス・バジェットが4-6月期決算を発表しており、利益が予想を下回った。通期の利益見通しも下方修正している。それを受けて同業のハーツ・グローバルも連れ安。

 アパレルのマイケルコースが大幅高。4-6月期の決算を発表しており、既存店売上高が予想ほど落ち込まなかったことや、利益も予想を上回った。通期見通しも上方修正している。

 クラウド通信のトゥイリオが大幅高。4-6月期の決算を発表しており予想を上回った。通期見通しも上方修正している。


エイビス・バジェット 30.09(-3.30 -9.88%)
ハーツ・グローバル 14.28(-0.96 -6.30%)
マイケル・コース 45.25(+8.02 +21.54%)
トゥイリオ 33.58(+3.05 +9.99%)

アルファベット(C) 926.79(-2.57 -0.28%)
フェイスブック 171.23(-0.75 -0.44%)
ツイッター 16.15(-0.25 -1.52%)
テスラ 365.22(+10.05 +2.83%)
アマゾン 989.84(-2.43 -0.24%)
エヌビディア 170.30(-2.05 -1.19%)

ダウ採用銘柄
J&J       132.27(-0.59 -0.44%)
P&G       91.58(+0.14 +0.15%)
デュポン     81.12(-0.67 -0.82%)
ボーイング    239.50(-0.73 -0.30%) 
キャタピラー   114.41(-0.30 -0.26%) 
ユナイテッド   118.19(-0.33 -0.28%) 
ビザ     101.28(-0.21 -0.21%) 
ナイキ        59.46(-0.33 -0.55%)
GE        25.56(-0.07 -0.27%) 
3M        206.43(-1.01 -0.49%) 
エクソンモビル  79.96(-0.20 -0.25%) 
シェブロン    110.35(+0.57 +0.52%) 
コカコーラ    45.60(-0.04 -0.09%) 
ディズニー    106.98(+0.63 +0.59%) 
マクドナルド   154.92(-0.05 -0.03%) 
ウォルマート  81.59(+0.31 +0.38%)
ホームデポ   153.35(0.00 0.00%)
JPモルガン   93.68(-0.34 -0.36%)
トラベラーズ     128.55(-0.25 -0.19%)
ゴールドマン     232.05(-0.87 -0.37%)
アメックス    85.94(+0.09 +0.10%) 
Uヘルス     194.90(+0.12 +0.06%)
IBM      142.11(+0.14 +0.10%)
アップル      160.08(+1.27 +0.80%)
ベライゾン   48.60(-0.26 -0.53%)
マイクロソフト  72.79(+0.39 +0.54%)
インテル     36.41(-0.02 -0.05%)
ファイザー   33.28(-0.03 -0.09%)
メルク      62.32(-0.52 -0.83%)
シスコ      31.67(-0.17 -0.53%)


米国株式市場=下落、トランプ大統領の北朝鮮けん制発言が圧迫

[ 8日 ロイター] -
 終値 前日比 % 始値 高値 安値
ダウ工業株30種 22085.34 -33.08 -0.15 22095.14 22179.11 22057.29 前営業日終値 22118.42
ナスダック総合 6370.46 -13.31 -0.21 6373.33 6423.35 6355.88 前営業日終値 6383.77
S&P総合500種 2474.92 -5.99 -0.24 2478.35 2490.87 2470.32 前営業日終値 2480.91
ダウ輸送株20種 9232.85 -51.81 -0.56
ダウ公共株15種 735.68 +2.09 +0.28
フィラデルフィア半導体 1093.77 -4.48 -0.41
VIX指数 10.96 +1.03 +10.37
S&P一般消費財 725.37 -0.31 -0.04
S&P素材 339.15 -3.02 -0.88
S&P工業 586.11 -1.73 -0.29
S&P主要消費財 568.10 -2.14 -0.38
S&P金融 419.42 -0.72 -0.17
S&P不動産 200.04 -1.06 -0.53
S&Pエネルギー 478.67 -0.60 -0.13
S&Pヘルスケア 915.62 -4.46 -0.48
S&P電気通信サービス 160.28 -0.87 -0.54
S&P情報技術 994.04 -1.32 -0.13
S&P公益事業 274.43 +0.90 +0.33
NYSE出来高 7.72億株
シカゴ日経先物9月限 ドル建て 19945 - 35 大阪比
シカゴ日経先物9月限 円建て 19935 - 45 大阪比

(ロイターデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)


ダウ平均株価

名称 値 前日比 前日比(%) 1ヶ月利回り変化幅 年間利回り変化幅 更新日時 (JST)

ナスダック 運輸株指数 4,502.54 -17.97 -0.40% -5.00% +34.27% 6:16

S&P 小型株600種 851.48 -3.27 -0.38% -0.38% +14.16% 5:42

ラッセル2000種指数 1,410.15 -4.02 -0.28% -0.40% +14.48% 5:30

ナスダック バイオテクノロジー株指数 3,292.14 -30.76 -0.93% +0.69% +6.93% 6:16

NYダウ 工業株30種 22,085.34 -33.08 -0.15% +3.13% +19.19% 5:42

ナスダック 銀行株指数 3,728.94 +8.34 +0.22% -1.91% +28.56% 6:16

ブルームバーグ REIT指数 283.95 -1.43 -0.50% +1.50% -4.61% 5:00

NYSE 総合指数 11,949.97 -37.80 -0.32% +1.68% +10.77% 7:39

ナスダック 100指数 5,926.35 -8.38 -0.14% +4.77% +23.86% 6:16

ナスダック 金融株指数 7,315.81 -20.45 -0.28% +1.89% +23.66% 6:16

ナスダック 保険株指数 8,691.75 -83.72 -0.95% +1.82% +13.52% 6:16

NYダウ 輸送株20種 9,232.85 -51.81 -0.56% -4.77% +17.33% 5:42

ナスダック 通信株指数 303.01 -1.45 -0.48% +2.15% +6.43% 6:16

S&P 500種 2,474.92 -5.99 -0.24% +2.05% +13.44% 5:42

ナスダック 総合指数 6,370.46 -13.31 -0.21% +3.53% +22.20% 6:16

NYダウ 公共株15種 735.68 +2.09 +0.28% +4.79% +6.58% 5:42

KBW銀行株指数 97.09 +0.15 +0.15% -0.04% +38.71% 6:16

ラッセル1000種指数 1,370.42 -3.42 -0.25% +1.98% +13.39% 5:30

ナスダック 金融100指数 4,210.68 -6.87 -0.16% +0.61% +24.05% 6:16

ラッセル3000種指数 1,462.99 -3.69 -0.25% +1.80% +13.47% 5:30

ナスダック コンピューター株指数 3,663.11 +1.38 +0.04% +5.63% +31.07% 6:16

ナスダック 工業株指数 5,153.04 -14.84 -0.29% +3.56% +18.28% 6:16


今日の世界株価指数

名称 値 前日比 前日比(%) 1ヶ月利回り変化幅 年間利回り変化幅 更新日時 (JST)

アルゼンチン メルバル指数 21,255.71 -222.73 -1.04% -3.51% +37.53% 5:36

ブラジル ボベスパ指数 67,898.94 -40.72 -0.06% +8.95% +17.81% 5:21

S&P/BMV IPC指数 51,328.75 -60.52 -0.12% +2.54% +7.76% 5:16

S&P トロント総合指数 15,256.35 -1.62 -0.01% +1.53% +4.15% 5:39


欧州株価指数

ロンドン株8日 4日続伸 10.79ポイント高で終了 取引は低調:日本経済新聞

FTSE100イギリス
▲0.14%
7,542.73
H:7,551.85
L:7,518.45
+10.79
08/08


2017/8/9 0:59

【NQNロンドン】8日のロンドン株式市場で、FTSE100種総合株価指数は小幅ながら4日続伸した。前日終値に比べ10.79ポイント高の7542.73で引けた。構成銘柄の約6割が上昇した。夏季休暇シーズンで商いは低調だった。

 午前は利益確定の売りが先行していたが、午後に入り、鉱業株や保険株の一部が買い戻されたほか、銀行株や石油株、小売り株への買いが相場を押し上げた。

 石油株が全面高で引けた。午前は利益確定の売りが先行していた鉱業のアントファガスタや資源商社のグレンコア、保険のプルーデンシャルやリーガル・アンド・ゼネラル(L&G)などが買い戻され、小幅高となった。マークス・アンド・スペンサー(M&S)やネクストなど前日下落した小売り株は軒並み上昇した。銀行株と医薬品株は、ともに全銘柄が上げた。個別銘柄では住宅建設のテイラー・ウィンピーと決算処理のワールドペイ・グループが高かった。

 半面、上期決算を発表したインターコンチネンタル・ホテルズ・グループとブックメーカー(賭け屋)のパディパワー・ベットフェアの下げが目立った。ともに増益となったが、利益確定目的などの売りが出たようだ。スーパーマーケット株や出版関連株も売りに押された。たばこ株は売られやすい基調が続いている。



ドイツ株8日 反発、DAX34ポイント高の12292 電力株が上昇:日本経済新聞

DAXドイツ
▲0.28%
12,292.05
H:12,329.97
L:12,184.59
+34.88
00:35


2017/8/9 1:08

【NQNロンドン】8日のフランクフルト株式市場で、ドイツ株式指数(DAX)は反発した。終値は前日比34.88ポイント(0.28%)高の12292.05だった。電力のRWEとエーオンが指数の上げを主導した。アナリストが目標株価を引き上げたドイツポストも高かった。一方、ハイデルベルクセメントが安かった。銀行株も下落した。

 欧州の主要株式市場も総じて上昇した。イタリアのFTSE・MIBは22048.30となり、2015年12月2日以来の高値で引けた。



CAC40フランス
▲0.21%
5,218.89
H:5,231.65
L:5,191.38
+11.00
00:40

SMIスイス
▲0.08%
9,162.33
H:9,189.52
L:9,140.23
+7.20
00:35

FTSE MIBイタリア
▲0.08%
22,048.30
H:22,065.42
L:21,947.02
+17.13
00:39

IBEX35スペイン
▲0.55%
10,734.70
H:10,758.20
L:10,665.20
+58.20
00:35

AEXオランダ
▲0.24%
532.68
H:533.18
L:530.32
+1.27
00:39

BEL20ベルギー
▲0.14%
3,965.63
H:3,966.10
L:3,946.28
+5.60
01:05

ATXオーストリア
▲0.05%
3,280.48
H:3,285.00
L:3,271.35
+1.76
08/08

PSI20ポルトガル
▲0.02%
5,276.86
H:5,287.22
L:5,262.72
1.11
08/08

ASEギリシャ
▲0.31%
830.44
H:832.78
L:827.36
+2.58
08/08

OMXS30スウェーデン
▲0.37%
1,581.32
H:1,583.14
L:1,571.36
+5.85
08/08

OBXノルウェー
▼0.02%
669.93
H:670.92
L:666.60
-0.13
08/08

OMXC20デンマーク
▼0.73%
988.63
H:995.93
L:985.00
-7.29
08/08

RTSロシア
▲1.55%
1,048.69
H:1,048.69
L:1,033.29
+16.01
00:50

ISE100トルコ
▼0.13%
109,639.12
H:110,321.81
L:109,434.23
-142.01
00:10

AllShr南アフリカ
▼0.33%
55,980.05
H:56,342.27
L:55,899.46
-183.55
08/08

ユーロ・ストックス50
▲0.28%
3,515.63
H:3,524.94
L:3,493.03
+9.83
08/08

BDI(バルチック)指数
▲0.19%
1,038.00
+2
08/08


欧州市場サマリー

[ 8日 ロイター] -
<為替> 欧州終盤 アジア市場終盤
ユーロ/ドル    1.1722 1.1807
ドル/円 110.70 110.57
ユーロ/円 129.80 130.55

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終値
STOXX欧州600種 382.65 +0.64 +0.17 382.01
FTSEユーロファースト300種 1505.10 +2.75 +0.18 1502.35
DJユーロSTOXX50種 3515.63 +9.83 +0.28 3505.80
FT100種 7542.73 +10.79 +0.14 7531.94
クセトラDAX 12292.05 +34.88 +0.28 12257.17
CAC40種 5218.89 +11.00 +0.21 5207.89

<金現物> 午後 前営業日
値決め 1261.80 1258.00

<金利・債券>

米東部時間14時21分

*先物 清算値 前日比 前営業日終盤
3カ月物ユーロ 100.33 0.00 100.33
独連邦債2年物 112.07 -0.03 112.10
独連邦債5年物 132.35 -0.09 132.44
独連邦債10年物 163.13 -0.17 163.30
独連邦債30年物 164.68 -0.52 165.20

*現物利回り 現在値 前日比 前営業日終盤
独連邦債2年物 -0.665 +0.017 -0.682
独連邦債5年物 -0.311 +0.016 -0.327
独連邦債10年物 0.476 +0.016 0.460
独連邦債30年物 1.225 +0.020 1.205

<為替> 

6月の米求人件数が過去最高となったことを受けドルが上昇した。人民元は対米ドルで10カ月ぶり高値。基準値(中間値)が元高水準に設定されたほか、7月末の外貨準備高の伸びが市場予想を上回ったことが材料視された。ドル/円は110円台前半での取引。

<ロンドン株式市場> 

6週間ぶりの高値に続伸して取引を終えた。ポンドが対ユーロで10カ月ぶりの安値となり、石油や銀行株の追い風となった。

ポンド安を背景に、外貨での収益が多い石油大手BPとロイヤル・ダッチ・シェルがFT100種の最大の押し上げ要因となった。

ホテル経営大手インターコンチネンタル・ホテルズ・グループ(IHG)は4.0%下落した。第2・四半期決算で、利用可能な客室当たりの収入(RevPAR)の伸びが鈍化した。今年のイースター(復活祭)が昨年よりも遅い時期だったことが響いた。

ブックメーカー(賭け業者)のパディパワー・ベットフェアは3.9%下落し、2年近くぶりの安値となった。ここ2営業日で時価総額の9%が吹き飛んだ。前日はブレオン・コーコラン最高経営責任者(CEO)が辞任するとの発表が売り材料となった。この日は上半期決算が嫌気された。

<欧州株式市場> 

欧州株式市場は反発して取引を終えた。自動車や電力株が相場を押し上げた。

フィンランドのタイヤメーカー、ノキアンは6.6%上昇し、9カ月ぶりの大幅高となった。ロシアの需要が改善したことを背景に四半期利益が市場予想を上回ったほか、業績見通しを引き上げた。ノキアンの値上がりを受けてSTOXX欧州600種自動車・部品株指数は0.48%上昇した。

発電・エネルギー取引事業のユニパーは3.4%上昇した。営業利益と配当の見通しを引き上げたことが好感された。ユニパーの値上がりを受けて電力株指数は0.63%上昇した。

一方、デンマークの宝飾品メーカー、パンドラは13.7%急落。第2・四半期決算が市場予想に届かなかったことが嫌気された。

<ユーロ圏債券> 

イタリア10年債利回りが6週間ぶりの水準に低下し、独連邦債との利回り格差が年初来の水準に縮小した。欧州中央銀行(ECB)が7月に規定を大きく規模のイタリア国債を買い入れていたことが明らかになったことが背景。

イタリア10年債利回りは一時1.97%と6週間ぶりの水準に低下。独10年債DE10YT=TWEBとの利回り格差は152ベーシスポイント(bp)近辺と、年初来で最も狭まった。

ECBは7月はフランス国債とスペイン国債も規定を上回る規模の買い入れを実施。6月末のドラギECB総裁の発言を受け債券が売りにさらされた際も周辺国国債が比較的底堅く推移していた理由がこれで説明できる可能性がある。



NY為替・8日=求人労働移動調査でドル買いに、ズマ政権は継続

NYタイムの為替市場は、欧州通貨に対してドルが強含んだ。材料難の中狭いレンジで取引されていたが、通常は滅多に為替相場が反応することの無い米国の求人労働移動調査(JOLTS)が、6月は統計開始以降最高の616.3万件という好結果になったことをきっかけにドル買いになった。それぞれの通貨はストップロスを巻き込み、ユーロドルは1.1715ドル、ポンドドルは7月20日以来となる1.2953ドル、ドルスイスフラン(CHF)は0.9773CHFまでドルが買われた。その後はドルを新たに買う材料も無く、米10年債利回りも一時2.288%まで上昇していたものが2.26%付近に戻したこともあり、ユーロドルは1.17ドル半ば、ポンドドルは1.3000ドル手前、ドルCHFは0.9740CHF前後まで戻された。

 ドル円もJOLTS発表後は110円前半から110.83円まで上昇した。クロス円はドル円の買いの勢いが他通貨よりも緩やかだったこともあり軒並み下落した。ユーロ円は129.60円、ポンド円は6月27日以来の安値になる143.19円、スイスフラン(CHF)円は113.17円まで弱含んだ。ドル円も欧州通貨同様に110.83円の高値をつけた後は110円前半まで戻された。またトランプ大統領が北朝鮮のこれ以上の脅しに対しては、世界がこれまで見たことの無い復讐と砲火に満たされると発言をしたこともあり、クロス円全体は上値が重くなった。

 オセアニア通貨も弱含み、豪ドル/ドルは0.7887ドル、豪ドル円は87.38円、NZドル/ドルは0.7318ドル、NZドル/円は81.01円まで下落した。南ア・ランド(ZAR)は、ロンドン時間の午前にズマ南ア大統領の不信任投票への期待感から、対円で8.42円、対ドルで13.11ランドまで強含みに推移した。しかし結果は不信任に反対198票、賛成177票、棄権9票で、不信任投票は否決された。これを受けて市場は失望のZAR売りになり対ドルでは13.42ZAR前後、対円では8.22円までZARが売られた。

 6時現在、ドル円は110.32円、ユーロドルは1.1752ドル、ユーロ円は129.66円で推移。



為替市場の四本値(ドル円・ユーロドル・ユーロ円)

    ドル円  ユーロドル  ユーロ円
始値  110.75  1.1795  130.63
高値  110.83  1.1824  130.83
安値  110.25  1.1715  129.60
終値  110.32  1.1752  129.65

為替市場の四本値(ポンド円・豪ドル円・カナダ円)

   ポンド円   豪ドル円  カナダドル円
始値  144.35  87.63  87.35
高値  144.47  87.85  87.50
安値  143.19  87.26  86.89
終値  143.33  87.32  87.10

世界各国通貨に対する円

                  現在値    前日比       %   前日終値
*ドル・円           110.33円   -0.42円    -0.38%   110.75円
*ユーロ・円         129.67円   -0.96円    -0.73%   130.63円
*ポンド・円         143.34円   -1.01円    -0.70%   144.35円
*スイス・円         113.23円   -0.60円    -0.52%   113.82円
*豪ドル・円          87.27円   -0.36円    -0.41%   87.63円
*NZドル・円         80.83円   -0.71円    -0.87%   81.54円
*カナダ・円          87.09円   -0.26円    -0.29%   87.35円
*南アランド・円        8.24円   -0.13円    -1.54%    8.37円
*メキシコペソ・円       6.18円   +0.00円    +0.01%    6.18円
*トルコリラ・円       31.23円   -0.14円    -0.46%   31.37円
*韓国ウォン・円        9.77円   -0.05円    -0.55%    9.83円
*台湾ドル・円         3.66円   -0.01円    -0.30%    3.67円
*シンガポールドル・円   80.93円   -0.34円    -0.42%   81.27円
*香港ドル・円         14.10円   -0.06円    -0.42%   14.16円
*ロシアルーブル・円     1.84円   -0.00円    -0.07%    1.85円
*ブラジルレアル・円     35.27円   -0.15円    -0.44%   35.43円
*タイバーツ・円        3.32円   -0.01円    -0.34%    3.33円
              年初来騰落率 過去1年間での高値/安値 昨年末終値
*ドル・円            -5.67%   118.66円   99.54円   116.96円
*ユーロ・円           +5.45%   131.40円   112.09円   122.97円
*ポンド・円           -0.80%   148.46円   121.61円   144.50円
*スイス・円           -1.35%   118.61円   102.89円   114.77円
*豪ドル・円           +3.63%   89.43円   75.97円   84.22円
*NZドル・円         -0.18%   83.91円   72.23円   80.98円
*カナダ・円           +0.09%   89.73円   74.83円   87.01円
*南アランド・円        -3.36%    8.98円    6.99円    8.53円
*メキシコペソ・円       +9.50%    6.43円    4.97円    5.64円
*トルコリラ・円        -6.66%   35.30円   28.62円   33.46円
*韓国ウォン・円        +0.86%   10.20円    8.75円    9.69円
*台湾ドル・円         +1.05%    3.78円    3.15円    3.62円
*シンガポールドル・円    +0.10%   82.67円   72.70円   80.85円
*香港ドル・円         -6.49%   15.29円   12.84円   15.08円
*ロシアルーブル・円     -2.78%    2.02円    1.54円    1.90円
*ブラジルレアル・円     -1.86%   37.45円   30.44円   35.94円
*タイバーツ・円        +1.53%    3.36円    2.88円    3.27円


米10年債利回りは横ばい 後半に伸び悩む=NY債券概況

配信日時 2017年8月9日(水)06:14:00 掲載日時 2017年8月9日(水)06:24:00

米国債利回り(NY時間17:10)
2年債   1.351(0.000)
10年債  2.262(+0.009)
30年債  2.843(+0.009)
期待インフレ率  1.826(+0.020)
※期待インフレ率は10年債で算出

 きょうのNY債券市場で10年債利回りは横ばい。この日発表になった6月の米求人件数(JOLT)が過去最高に上昇しており予想も上回った。米国債利回りは上昇して反応。しかし、北朝鮮問題など地政学リスクから米株が下げに転じる中、米国債利回りも前日付近に低下した。

 なお、この日の3年債入札が好調だったことも利回りを押し下げた。

 10年債利回りは2.28%台に上昇後、2.26%台に低下している。

 2-10年債の利回り格差は91(前日90)。

米3年債入札結果
最高落札利回り 1.520%(WI:1.529%)
応札倍率    3.13倍(前回2.87倍)



NY他市場 3時台 ダウ平均は前日付近で推移 #klugfxnews_384579

各国10年債
ドイツ  0.474(+0.015)
英 国  1.157(+0.018)
カナダ  1.951(+0.030)
豪 州  2.627(+0.007)
日 本  0.070(-0.002)

ビットコイン(ドル)(NY時間14:14)
1ビットコイン=3391.27(+49.99 +1.50%)
ビットコイン(円建・参考値)(NY時間14:14)
1ビットコイン=374600(+5522 +1.49%)
※円はドル円相場からの計算値



修正:小幅続落、米国の需要期終了が迫る=NY原油概況 #klugfxnews_384587

配信日時 2017年8月9日(水)05:25:00 掲載日時 2017年8月9日(水)05:35:00

NY原油先物9月限(WTI)(終値)
1バレル=49.17(-0.22 -0.45%)
ブレント先物10月限(ICE) 52.14(-0.23 -0.44%)

 ニューヨーク原油の期近は小幅続落。終値の前営業日比は、期近2限月が0.22ドル安。米エネルギー情報局(EIA)が発表した月報で、米原油生産見通しが上方修正されたことが重し。米ドライブシーズンの終了が視野に入りつつあるなか、高水準の需要が減少し、原油消費量が鈍ると想定されることも圧迫要因となった。例年では、8月終盤にかけてガソリン需要がピークアウトしていく。石油輸出国機構(OPEC)加盟国と非加盟国による専門家会合の声明文は、各国とも協調減産を支持するという当たり障りのない内容で、材料視する部分は見当たらなかった。

 時間外取引で9月限は49.79ドルまで堅調に推移する場面があった。サウジアラビアが9月の原油供給を少なくとも日量52万バレル削減すると伝わったことが手がかり。ただ、買いは長続きせず、通常取引開始にかけては伸び悩み。通常取引では、前日終値を挟んで方向感なく推移し、小幅安で引けた。



金は反落、ドル高が圧迫=NY金概況 #klugfxnews_384585

配信日時 2017年8月9日(水)05:11:00 掲載日時 2017年8月9日(水)05:21:00

NY金先物12 月限(COMEX)(終値)
1オンス=1262.60(-2.10 -0.17%)

金12月限は、反落。時間外取引でドル安を受けて堅調となった。しかし、日中取引では6月の米求人件数が過去最高となったことによるドル高をきっかけに戻り売り圧力が強まり、7月26日以来の安値1257.1ドルを付けた。
ジャンル:
経済
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 阿比留瑠比、長谷川幸洋、百... | トップ | 菅野完に110万円支払いの... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む