公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

10/20 びわこ周年優勝戦大波乱!湯川浩司がまくり差しV!

2016-10-21 01:56:19 | 競艇
【びわこ大賞】湯川が10度目のG1制覇!GPへ「その気になってきた」 ― スポニチ Sponichi Annex ボートレース

ボートレースびわこのG1「びわこ大賞」は20日、12Rで優勝戦が行われ、湯川浩司(37=大阪)が3コースから鋭いまくり差しで突き抜け、13年10月の住之江高松宮記念以来、10度目のG1優勝を飾った。2着に桐生、3着は森高。1番人気のイン吉川は01のフライング。売り上げ3億501万7400円の約85%となる2億6038万6500円が返還に。吉川はG1福岡チャンピオンC(12月1~6日)に出場後、30日のF休みとなる。

 F発生で大荒れの優勝戦。湯川は冷静だった。コンマ09の快ショット。あとは相棒37号機を信じた。1Mはズバッと切れ込み、BSでグイッと伸ばして後続艇を引き離した。「メッチャ出てたから自信があった。正直、この足なら1号艇より3号艇の方がチャンスがあると思っていた」

 前検から評判の足を維持しつつ、3日目のチルト調整で本格化。節イチのパワーに仕上げ、3連勝と勢いに乗って優勝戦に臨んだ。「1Mは狙い通り。会心のターン。うねりもあったし、自分に流れが向いていた」。G1は3年ぶり、優勝自体も15年10月の平和島以来。賞金は3857万円となってランキングは57位から30位へ。グランプリに向け、「急にその気になってきた」と笑った。

 ◆次走 優勝した湯川浩司、そして吉川元浩、桐生順平、西村拓也の次走は25日からの福岡SGボートレースダービー。松井繁、山崎智也、瓜生正義、池田浩二、菊地孝平、石野貴之、毒島誠、篠崎元志ら強豪と優勝を争う。森高一真は25日からの津一般戦。馬袋義則、須藤博倫、坂口周らが参戦。若林将は27日からの鳴門一般戦。高橋勲、山田哲也、海野ゆかりらとVを争う。



開設64周年記念 G1びわこ大賞 最終日

全レース成績


12R 優勝戦 場外締切予定時刻 16:39

◎ 1 吉川  元浩 123 122 1 フライング
〇 2 森高  一真 1 112 161 
△ 3 湯川  浩司 241 311 1 1
▲ 4 桐生  順平 2 31251 2 
  5 若林   将 3 311 242 
  6 西村  拓也 1 134 422 

1 3 湯川  浩司 1’48’7
2 4 桐生  順平 1’50’0
3 2 森高  一真 1’51’1
4 5 若林   将 1’51’3
5 6 西村  拓也 1’52’6
F 1 吉川  元浩

11号艇 F.01
22号艇 .04
33号艇 .09 まくり差し
44号艇 .05
55号艇 .02
66号艇 .04
『ギャンブル』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 上西小百合、「松井一郎は大... | トップ | 公明党も激怒!山本有二の辞... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む