公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

梶山弘志:速記録の破棄認める

2017-08-09 11:38:50 | 加計学園問題
しかし何で破棄したのか?

国会で当事者を呼んで説明してもらわねば困る。


梶山大臣、速記録の破棄認める 加計幹部同席の特区WG(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170808-00000071-asahi-soci @YahooNewsTopics

8/8(火) 16:58配信

学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部新設問題をめぐり、梶山弘志・地方創生相は8日の閣議後の記者会見で、「速記録は議事録や議事要旨を作った時点で不要になるので破棄していると聞いている」と述べ、政府の国家戦略特区ワーキンググループの2015年6月のヒアリング内容を記した速記録を破棄したことを認めた。

 ヒアリングには愛媛県と同県今治市の関係者に加え、「説明補助者」として加計学園幹部ら3人が同席し、教員確保の見通しなどを述べたとされる。梶山氏は、学園幹部らの発言の速記録への記載の有無についても、「速記は機械的な作業。説明補助者の発言も記載はあるということだ」と述べた。
『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 菅野完に110万円支払いの... | トップ | 菜七子、きょう二十歳の誕生日 »
最近の画像もっと見る

加計学園問題」カテゴリの最新記事