公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

日本テレビと産経が真っ向対立!

2016-10-29 15:11:16 | その他
日本テレビが産経新聞に抗議 「南京事件」番組めぐり(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース

朝日新聞デジタル 10/28(金) 19:33配信

 日中戦争中に起きた「南京事件」を取材した日本テレビのドキュメンタリー番組をめぐり、産経新聞社が掲載した番組の検証記事の内容が事実と異なるとして、日本テレビが同社に対して文書で抗議した。抗議について26日にホームページで告知し、「産経新聞の記事は客観性を著しく欠く恣意(しい)的なもので、厳重に抗議する」としている。

 番組は昨年10月に日本テレビ系で放送された「南京事件 兵士たちの遺言」。日本兵の日記や証言などをもとに、中国で捕虜や住民を殺害したとされる事件を検証する内容で、優れた放送作品などに贈られる昨年度のギャラクシー賞(優秀賞)を受賞した。

 この番組に対し、産経新聞は今年10月16日付朝刊で「『虐殺』写真に裏付けなし」という見出しの記事を掲載。川岸に多くの人が倒れている写真の取り上げ方について、逃れようとする中国兵同士の撃ち合いや多くの溺死(できし)があったという記録に触れていないと批判した。捕虜の殺害についても「暴れ始めたためやむなく銃を用いた」とする大学教授の見方を紹介した。

 一方、日本テレビはホームページで「虐殺写真と断定して放送はしていない。産経新聞記者の『印象』から『虐殺写真』という言葉を独自に導き、大見出しに掲げた。いかにも放送全体に問題があるかのように書かれた記事は不適切と言わざるをえない」と指摘。やむなく発砲したという見方についても「同じ証言の存在を具体的に紹介した上で、当時の一次史料にはそのような記載がないことを伝えた」と反論した。

 産経新聞社広報部は朝日新聞の取材に「当社の見解は、10月16日付の当該記事の通りです」。日本テレビ広報部も「ホームページに記載した通りです」としている。



南京事件って、南京大虐殺のことだろ。

俺が山川の世界史で習った頃は南京事件なんて言い方しなかったよ。

ところで、ともに安倍の応援団であるはずの日テレと産経が互いに言い合いをしている。

しかも、互いに真っ向対立状態だ。

どうせ「やるんだったら」、決着がつくまで、とことんやってみろ!

ジャンル:
文化
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10/30の競輪 | トップ | 10/29 平塚S級、ガールズケ... »
最近の画像もっと見る

その他」カテゴリの最新記事