公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

フランス大統領選:マクロン VS ルペンの決戦投票へ

2017-04-24 08:47:45 | 政治経済問題
仏大統領選、マクロン氏・ルペン氏決選投票へ 仏メディア (写真=AP) :日本経済新聞 http://www.nikkei.com/article/DGXLASFK24H07_U7A420C1000000/

2017/4/24 6:12

 【パリ=黄田和宏】23日実施したフランス大統領選の第1回投票は、午後8時(日本時間24日午前3時)に締め切った。仏内務省によると、午後10時35分時点で中道系独立候補のエマニュエル・マクロン元経済産業デジタル相(39)が得票率で首位、極右政党、国民戦線のマリーヌ・ルペン党首(48)が2位につけた。いずれの候補も過半数に届かず、仏メディアの予測では5月7日に実施する第2回の決選投票にマクロン氏とルペン氏が進むことが確実となった。


約7割の開票が終わり、得票率はマクロン氏とルペン氏がいずれも23%強で、僅差でマクロン氏が上回っている。共和党(中道右派)のフランソワ・フィヨン元首相(63)が20%弱で3位、急進左派のジャンリュック・メランション氏(65)は19%弱で4位にとどまっている。

 マクロン氏は「国家主義者の脅威に立ち向かう愛国者の大統領になりたい」と述べ、決選投票で勝利することを誓った。一方、ルペン氏は「これは歴史的な結果だ」と、躍進に自信を示した。フィヨン氏は敗北を認めた上で、「極右に反対票を投じるには、ほかに選択肢はない」と述べ、マクロン氏支持を表明した。メランション氏は敗北を認めず、結果を見守る考えだ。

 今回の大統領選の有権者数は約4700万人。最終結果は23日深夜から翌24日未明にかけて判明する見通し。
『ヨーロッパ』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2011年ジロ・デ・イタリア総... | トップ | 「安倍応援団」の連中は「保... »
最近の画像もっと見る

政治経済問題」カテゴリの最新記事