公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

理想と正義を実現する、のが政治の常道だ

2017-07-31 13:38:52 | 政治経済問題
2017年07月31日 02時26分58秒  本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」

「安倍内閣が坂道を転げ落ちている」状況の中、第84回小沢一郎政経フォーラムが開催され、政権交代へ動き始めている


◆〔特別情報1〕

 小沢一郎代表は7月29日午前11時から、都市センターホテルで「第84回小沢一郎政経フォーラム」を開催。乾杯直後、会場から、期せずして「小沢総理、小沢総理・・・」とエールを発声、これに参加者多数が呼応して会場を盛り上げ、小沢一郎代表を励ました。

 小沢一郎代表の側近中の側近である平野貞夫元参議院議員は7月30日午前9時43分、TBSテレビ番組「サンデーモーニング」の<風をよむ>のなかで、自民党政権に代わる「受け皿」について、「受け皿を作ることはきれいごとではない、自分の権力と自分の利益を得ようという戦い、権謀術策と現実というものが伴う、しかしそれだけではない、理想と正義を実現する、こういうものがないと政治ではない、ここのところ、日本の議会政治は正義、筋道が全くなく、虚言と隠蔽がずっと続いている、受け皿を作る時の筋道、正義というものが必要」と述べた。
『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今治市長の菅(かん)良二は... | トップ | 7/31 日本・アジア主要株式指数 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む