公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

小沢一郎が自民、民進の派閥の領袖・公明の半数の勢力を自由党に吸収か?

2017-02-09 17:06:22 | 政治経済問題
実現すれば、自由党の党勢が一気に伸びることになるが・・・

さらにそうなったとしても、安倍晋三は民進党をディスる気かね?

「ていせいでんでんには当たらない!」


小沢一郎代表は、自民党、民進党の各派閥の領袖、公明党の半数を口説いて、「自由党」に吸収しようとしている

2017年02月09日 00時59分36秒 | 本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」

◆〔特別情報1〕
 自由党の小沢一郎代表が、水面下で衆院解散・総選挙を念頭に、「多数勢力づくり」を精力的に進めている。民進党の各派閥やグループのトップばかりでなく、与党自民党、公明党にまで手を伸ばして、精力的に直接口説いて回っているという。東京都の小池百合子知事が主宰する政治塾「希望の塾」の運営団体・東京都議会で活動する地域政党「都民ファーストの会」は、言うなれば「小沢一郎代表の別働隊」である。

このことを知らない民進党の蓮舫代表は、「小池百合子旋風」にあやかろうとが、小池百合子知事に接近したものの、歯牙にもかけられず撃沈。自民党、民進党の各派閥の領袖は、すでに小沢一郎代表に取り込まれており、「自由党」に吸収されつつある。公明党の半数も、小沢一郎代表に傾いているという。
『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2/9 園田・第1回ウインター... | トップ | 倉林巧和、ポイントレース制... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む