公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

11/11 アペルドールン・トラックワールドカップ初日

2016-11-12 11:41:45 | スポーツ
全日程・全成績

2016-2017 UCIトラックワールドカップ第1,2戦日本代表選手団について


・男子チームスプリント

予選

・日本(雨谷一樹、堀航輝、河端朋之) 13位(45秒747) → ここで終了。

決勝

・優勝はイギリス。


・男子団体追抜き

予選

・日本(近谷涼、原田裕成、一丸尚伍、新村穣) 14位(4分07秒584) → ここで終了。


男子スクラッチレース 優勝はラマン・ラマナウ(MCC=ミンスク・サイクリング・クラブ)


・女子チームスプリント

予選

・日本(石井貴子(106)、前田佳代乃) 8位(35秒220) → 1回戦へ

1回戦

・4組

〇 スペイン (33秒690) → 決勝へ

● 日本 (35秒485) → ここで終了。8位確定。

決勝

・優勝はスペイン。


・女子オムニアム

スクラッチ 梶原悠未は17着。

テンポ 梶原悠未は4着。

エリミネイション 梶原悠未は7着。

ポイント & 総合成績 優勝はキルステン・ウィルト(オランダ)。 梶原悠未は12位(71ポイント)。   
ジャンル:
自転車
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 幻に終わった「ヒラリー大統... | トップ | 過去に「南京大虐殺」肯定キ... »
最近の画像もっと見る

スポーツ」カテゴリの最新記事