公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

麻生太郎は首相再任を固辞 → 小沢一郎政権誕生近し?

2017-05-16 20:43:08 | 政治経済問題
小沢一郎政権を一番望んでいるのは中国。

ということは、アメリカも中国の意向に沿う流れを容認せざるを得なくなったのかな。


2017年05月15日 03時33分04秒 | 本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」 麻生太郎財務相は、イタリアで「小沢一郎政権樹立」のため「6月解散を安倍晋三首相に進言する」と約束してきた

◆〔特別情報1〕

 麻生太郎副総理兼財務相は、イタリアのバリに緊急招集された主要7か国(G7)財務相・中央銀行総裁会議(5月12日~13日)で、天皇陛下と小沢一郎代表に託されている「MSA」資金の分配(シェア)手続きと、世界恒久の平和と繁栄を築くための「新機軸」に沿った「小沢一郎政権樹立」とを急ぐよう督促された。

これを受けて「6月解散を安倍晋三首相に進言する。私は、総理大臣になるつもりはなく、1議員として派閥をまとめて政治に携わっていきたい」と答えたという。麻生太郎副総理兼財務相と安倍晋三首相は、「国際司法裁判所」で有罪判決を受けたことへの自覚はあるという。麻生太郎副総理兼財務相は、安倍晋三首相に会い、「健康が優れないので、衆院を解散して休養するよう説得する」といい、政局は俄かに政変に向けて動き出した。



ま、6月解散宣言をする、ということは、その代わりに共謀罪を通してくれ、ということを、「安倍が小沢に頼み込む」ってことなのかね?

だったらそんなものは受けてはいけないけど。

『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安倍:「憲法改正する必要が... | トップ | 5/16 平和島・ヴィーナスシ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む