公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

自由党が13年ぶりに復活!

2016-10-13 08:47:48 | 政治経済問題
小沢一郎氏、10個目の政党「自由党」 生活が党名変更(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース

朝日新聞デジタル 10月12日(水)20時56分配信

生活の党の小沢一郎代表は12日、山本太郎氏と率いる「生活の党と山本太郎となかまたち」の党名を「自由党」に変更し、総務省に届け出た。1969年に自民党で初当選以来、与野党で浮沈を繰り返してきた政治人生だが、これで所属する政党名は10個目。かつて率いた党名に回帰することで、支持回復をめざす。

小沢氏は記者会見で「自由党の時が一番、政治的理念、政策も非常にハッキリとして、多い時に600万票を超える支持を頂いた」と説明。かつての自由党は二階俊博・自民党幹事長や小池百合子・東京都知事が所属。自民党と連立後、政権から離脱し、その後民主党と合流した歴史がある。今後は民進、共産、社民各党との野党共闘を維持しつつ、「保守の自民党以外の浮動票を取らないと政権は取れない」と強調した。党員や支持者への郵送アンケートは過半数の返信があり、その86%が自由党に賛成だったという。

 参院議員の山本氏は自由党籍のまま、独自の政治団体「山本太郎となかまたち」を結成。自らはくら替え立候補しないものの、次期衆院選比例東京ブロックで候補擁立をめざす。小沢氏は比例ブロックへの届け出について、「自由党と山本太郎となかまたちの二つ存在する可能性が大きい」と語った。(関根慎一)



生活の党が「自由党」に党名変更(TBS系(JNN)) - Yahoo!ニュース

TBS系(JNN) 10月12日(水)20時47分配信

 政党の「生活の党と山本太郎となかまたち」は、衆議院の1月解散が取り沙汰されるなか、党名を「自由党」に変更することを決めました。

 「新しい党名を『自由党』としてスタートいたします」(生活の党 小沢一郎代表)

 生活の党は12日、両院議員総会を開き、党名を「自由党」に変更することを決めました。党員やサポーターに郵送で賛否を募った結果、12日の時点で過半数以上の返信があり、86%が「自由党」に変更することを了承したということです。

 自由党は1998年に小沢代表が結成した政党の名前としても使われていて、党幹部によると、原点回帰する狙いもあるということです。(12日17:02)

最終更新:10月12日(水)20時47分TBS News i



「新自由党」でもよかった気がするが?


民主党と合併する前に存在した自由党のあらましはこちら


この中で特筆すべきは、現自民党幹事長の二階俊博、現岩手県知事の達増拓也、現東京都知事の小池百合子、現名古屋市長の河村たかしが結党時に在籍していたこと。また、後に新人議員として、現国務大臣の鶴保庸介も在籍者に名を連ねている。

つまりは、現在要職で活躍する議員が少なからず存在したという意味では興味深い政党である。

一方、この政党は明らかに小沢一郎色が強かったため、後に路線対立等を招き、今は小沢と敵対関係にある人物が少なくない。


今回、生活の党と山本太郎となかまたちから名称変更することになる新たな自由党は、上記の「旧自由党」の結党時よりもはるかに人数が少ないし、また、小沢以外に大物と呼べるような人物も今はいない。

はっきりいって、今はいばらの道と言えそうだが、「旧自由党」時代のような人材を将来的に輩出してもらいたいものだね。
『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10/13 徳山周年準優勝戦 | トップ | 10/13 別府S級準決勝 コン... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む