公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

5/11 有力馬動向

2017-05-11 08:30:39 | 競馬
以下はスポニチアネックス。

川崎・杉村が実効30日間の騎乗停止…携帯電話を調整ルームに持ち込む

川崎競馬場は9日、杉村一樹(39)を実効30日間(9日〜6月19日)の騎乗停止とすることを発表した。16年2月から今年3月まで、開催執務委員長指示事項で持ち込みが禁止されている携帯電話を騎手調整ルームに持ち込み、外部と通信したため。

 同競馬場によると今年3月21日、杉村自身が第14回開催(2月27日〜3月3日)に携帯電話を調整ルームに持ち込み、外部通信を試みたと申し出。だが、6日後に16年2月以降、杉村が同様に通信していたと告発があり、杉村に事情聴取。最初の申し出には一部虚偽があり、1年以上前からの違反を認めた。同組合は行政手続法に基づき弁明の機会を与えたが、指定期日(5月8日)までに弁明書の提出はなかった。[ 2017年5月10日 05:30 ]



昨年の最優秀2歳牡馬・サトノアレス(牡3=藤沢和師)が、ダービー(28日、東京)を回避することが決まった。藤沢和師は「体調面もあるが、2400メートルは長いと判断した」と説明した。陣営には米G1ベルモントダービー招待S(7月8日、ベルモントパーク芝2000メートル)の招待状が届いており、同師は「今後は未定だが、いろいろな選択肢の中から決めたい」と、米国遠征の可能性も示唆した。国内なら巴賞(7月2日、函館)が有力。同馬は皐月賞11着後に放牧に出され、9日に美浦に帰厩した。

先週のブリリアントS4着ラニ(牡4=松永幹)は芝に切り替えて目黒記念(28日、東京)に参戦することが決まった。芝は一昨年9月の新馬戦4着(阪神芝2000メートル)以来、1年8カ月ぶりとなる。松永幹師は「新馬戦の頃はまだ走る気になっていなかった。この距離(2500メートル)が魅力」と語った。ジョッキーは調整中となっている。

1月AJC杯で重賞初制覇を飾ったタンタアレグリア(牡5=国枝)は右前脚の深管骨瘤で宝塚記念(6月25日、阪神)を見送ることが決まった。所属するG1サラブレッドクラブが10日、ホームページを更新。9日に追分ファームリリーバレー(北海道安平町)に移動している。

新潟大賞典1着サンデーウィザード(牡5=大久保)は「夏は休ませる予定」と大久保師。

4着フルーキー(牡7=角居)はエプソムC(6月11日、東京)を視野に。

7着ムスカテール(牡9=友道)は目黒記念(28日、東京)へ。

天皇賞・春9着シャケトラ(牡4=角居)はルメールで宝塚記念(6月25日、阪神)へ。

阪神牝馬S12着デニムアンドルビー(牝7=角居)は鳴尾記念(6月3日、阪神)へ。

新潟大賞典5着のバロンドゥフォール(セン7=久保田)はメイS(20日、東京)を視野に調整。

ブリリアントS1着ミツバ(牡5=加用)は帝王賞(6月28日、大井)へ。

メトロポリタンS6着ハッピーモーメント(牡7=角居)、同10着メイショウカドマツ(牡8=藤岡)は目黒記念(28日、東京)へ。


NHKマイルC4着レッドアンシェル(牡=庄野)、6着タイムトリップ(牡=菊川)、7着ミスエルテ(牝=池江)、9着モンドキャンノ(牡=安田)、13着アウトライアーズ(牡=小島茂)、18着ガンサリュート(牡=安田)は放牧。

12着ジョーストリクトリ(牡=清水久)は「使うとすれば日本ダービー(28日、東京)。近日中に決めます」と清水久師。

14着キョウヘイ(牡=宮本)は日本ダービーへ。

京都新聞杯2着サトノクロニクル(牡=池江)は未定ながら「日本ダービーに登録はするかも」と池江師。

6着ゴールドハット(牡=角居)は白百合S(27日、京都)を視野に。

プリンシパルS4着エトルディーニュ(牡=小桧山)は放牧。

兵庫CS4着リゾネーター(牡=牧)は放牧。



【大井・羽田盃】キャプテン1冠!的場師はクラシック初制覇

南関東3冠の第1戦「第62回羽田盃」が10日、大井で行われ、1番人気キャプテンキングが逃げ切って1冠目をゲット。2番人気の2着ヒガシウィルウィンとのマッチレースを制した。矢野は牡馬クラシック初制覇。的場師はクラシック初制覇となった。5着馬までが東京ダービー(6月7日、大井2000メートル)への優先出走権を獲得した。

 最内から好スタートを切った矢野は腹を決めてハナに立った。直後には森騎乗のヒガシウィルウィンがピタリ。結局、この態勢がゴールまで続いた。直線では南関トップ騎手同士の火花散る追い比べ。矢野の気迫に応え、キャプテンキングは最後まで先頭を譲らなかった。JRAのヒヤシンスS5着の実績を引っ提げての転入初戦。的場師は「逃げるんじゃないかと予想はしていた。ドキドキしましたね。直線は声が出ました」と語った。

 矢野は14年桜花賞、15年東京プリンセス賞に続くクラシック制覇。牡馬では初の制覇だ。「こういう馬に乗せてもらって感謝しています。力のある馬ですから僕自身、気を引き締めてやらないと」。東京ダービーでの2冠制覇を見据えた。

 ◆キャプテンキング 父ファスリエフ 母ストロベリーパフェ(母の父ブライアンズタイム) 牡3歳 大井・的場直之厩舎 馬主・平本敏夫氏 生産者・北海道新ひだか町の静内フジカワ牧場 戦績9戦3勝(南関東1戦1勝) 総獲得賞金5650万円。


【大井・羽田盃】戦い終えて


皐月賞2着のペルシアンナイト(牡3=池江)は戸崎との新コンビでダービー(28日、東京)に挑むことが決まった。所属するG1サラブレッドクラブが10日、ホームページを更新した。皐月賞で騎乗したM・デムーロは青葉賞を制したアドミラブルとのコンビ継続が決まっており、新パートナーでの参戦となった。

メドウラーク(牡6=橋田)は土曜京都メイン・都大路Sへ。

かしわ記念1着コパノリッキー(牡7=村山)は放牧を挟んで帝王賞(6月28日、大井)か南部杯(10月9日、盛岡)へ。

5連勝中のグレーターロンドン(牡5=大竹)は安田記念(6月4日、東京)でG1挑戦。

メトロポリタンS1着ヴォルシェーブ(牡6=友道)、2着シルクドリーマー(牡8=黒岩)、5着レコンダイト(牡7=音無)は目黒記念(28日、東京)へ。

新潟大賞典6着トルークマクト(牡7=尾関)は目黒記念かエプソムC(6月11日、東京)。

鞍馬S勝ちキングハート(牡4=星野)は函館SS(6月18日)を視野。

同S8着アフォード(牡9=北出)は安土城S(28日、京都)、

9着アクティブミノル(牡5=北出)は放牧を挟んでCBC賞(7月2日、中京)、

17着レッドラウダ(牡4=音無)は韋駄天S(21日、新潟)へ。

桃山S1着コパノチャーリー(牡5=村山)は平安S(20日、京都)へ。

ゴドルフィンマイル5着カフジテイク(牡5=湯窪)はプロキオンS(7月9日、中京)を予定。

かしわ記念6着リッカルド(セン6=黒岩)は大沼S(6月24日、函館)かマリーンS(7月9日、函館)を使ってエルムS(8月13日、札幌)。


NHKマイルC2着リエノテソーロ(牝=武井)はユニコーンS(6月18日、東京)を視野。

8着トラスト(牡=中村)はダービー(28日、東京)、

17着カラクレナイ(牝=松下)は放牧を挟んで秋華賞路線へ。

皐月賞11着サトノアレス(牡3=藤沢和)は今週中に帰厩するが、ダービー出否は未定。

プリンシパルS3着ロードアルバータ(牡=角居)、10着スズカメジャー(牡=橋田)、京都新聞杯11着カケルテソーロ(牡=吉村)は放牧。

兵庫CS3着クイーンマンボ(牝=角居)は関東オークス(6月14日、川崎)。500万勝ちトラネコ(牡=堀井)はユニコーンS。

『競馬』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5/11 国内主要商品指数 | トップ | 宇都宮記念は「鬱の宮記念」... »
最近の画像もっと見る

競馬」カテゴリの最新記事