公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

10/10 前橋・寛仁親王牌 稲垣裕之悲願のG I 初制覇!

2016-10-11 14:18:35 | 競輪
写真は2014年7月31日 向日町競輪場にて。ちなみにこの日は「例の件」があった後の復帰初戦だった。



回顧:寛仁親王牌2016回顧

関連記事:稲垣裕之G I 初優勝記念! 村上義弘が本性を暴露したトークショー再録!


11R  16:30  S級決勝

〇 1 1 浅井 康太 32 三重 90 SS/SS 両 3.92 3.0 118.88 10/ 7 日競杯 2着 10/8 ローズ 9着 10/9 準決勝 2着 10/10 決 勝 6着 
▲ 2 2 平原 康多 34 埼玉 87 SS/SS 両 3.92 3.0 118.00 10/ 7 日競杯 3着 10/8 ローズ 6着 10/9 準決勝 2着 10/10 決 勝 2着
◎ 3 3 稲垣 裕之 39 京都 86 SS/SS 逃 3.92 0.0 117.11 10/ 7 特選予 8着 10/8 二予B 1着 10/9 準決勝 1着 10/10 決 勝 1着
  4 4 深谷 知広 26 愛知 96 S1/S1 逃 3.92 0.0 115.22 10/ 7 一予選 1着 10/8 二予A 2着 10/9 準決勝 1着 10/10 決 勝 8着
△ 4 5 村上 義弘 42 京都 73 SS/SS 逃 3.92 0.0 116.63 10/ 7 日競杯 6着 10/8 二予A 4着 10/9 準決勝 3着 10/10 決 勝 3着
  5 6 古性 優作 25 大阪 100 S1/S1 逃 3.92 0.0 109.00 10/ 7 一予選 3着 10/8 二予B 2着 10/9 準決勝 1着 10/10 決 勝 7着
X 5 7 園田  匠 35 福岡 87 SS/SS 追 3.92 0.0 113.82 10/ 7 日競杯 5着 10/8 ローズ 5着 10/9 準決勝 3着 10/10 決 勝 5着
  6 8 南  修二 35 大阪 88 S1/S1 追 3.92 3.0 113.40 10/ 7 特選予 3着 10/8 二予A 2着 10/9 準決勝 3着 10/10 決 勝 4着
注 6 9 脇本 雄太 27 福井 94 S1/S1 逃 3.92 0.0 117.33 10/ 7 日競杯 8着 10/8 二予A 1着 10/9 準決勝 2着 10/10 決 勝 9着

1 3 稲垣 裕之 39 京都 86 SS 9.5 捲くり
2 2 平原 康多 34 埼玉 87 SS 1/4車輪 9.1 差し
3 5 村上 義弘 42 京都 73 SS 1車身1/2 9.6
4 8 南 修二 35 大阪 88 S1 1  車輪 9.4
5 7 園田 匠 35 福岡 87 SS 1  車輪 9.3
6 1 浅井 康太 32 三重 90 SS 3/4車輪 9.2
7 6 古性 優作 25 大阪 100 S1 3  車身 9.9
8 4 深谷 知広 26 愛知 96 S1 4  車身 10.0
9 9 脇本 雄太 27 福井 94 S1 2  車身 10.8 HB


2枠複 2=3  1,040円 (4)
2車複 2=3 940円 (4)
3連複 2=3=5 1,040円 (1)
2枠単 3-2 1,500円 (5)
2車単 3-2 1,380円 (4)
3連単 3-2-5 3,960円 (6)
ワイド 2=3 310円 (2) 3=5 240円 (1) 2=5 860円 (14)


平成28年10月9日

今回は2日目と3日目にe-shinbunの宣伝を兼ねて午前10時から30分間ニコ生に出演させて貰いました。有意義な事は伝えられたと思ってます。次に又、機会がありましたら協力しますので期待して下さい。

3日目は22億4394万3400円。これは富山共同杯よりは売れましたが、3日間で55億7千万では少な過ぎるのでは。

多分に番組の技量、そして今回から特別専門に成った審判のエキスパートの力量に問題があり、それで売り上げは伸びなかった様な気がして成りません。指摘されてこんちくしょうとは思わず、謙虚に受け止めて反省すべきでは。

そうしないと本当に競輪はダメになると思います。

審判団に言いたいのは、ファンそして選手も問題視していた、初日の木暮安由をセーフにしてどうして準決の村上博幸が失格なのか、どう見ても偶発的な出来事なら、2例共に相互接触でセーフにして良かったのでは。鎖骨々折で二ヶ月休んだ村上博幸は只真直ぐ走ったら前の煽りと後から後輪をハウスされ、やむなく内圏線を切ったのが真相。前でフラフラしてた新山響平の動き、そして一か八かで内を来た吉田敏洋にも原因はあったと思いませんか。

番組は言語道断。もっと勉強する意欲ある人材に委ねるべきかと思いますが。これは私だけでなく、詳しくて熱心な記者仲間の総意であり、命懸けで走ってる選手の願いでもあります。

決勝戦は如何なる展開に成っても今度こそ稲垣裕之、悲願の特別初優勝、みんなで後押ししましょう。

その他のレースも全部が狙い目ですので。

夜は小倉MD最終日、こっちの方もよろしくお願いします。



寛仁親王牌・世界選手権記念 最終日  

全レース成績 

Dokanto!




10月10日(月) 11R (発走予定16時30分)

1 浅井康太(三重・90期)

(準決勝は)けっこう大きいレースでは吉田(拓矢)君、武田(豊樹)さんのラインとやっているので、(竹内)雄作もけっこう落ち着いてレースをしてたのかっていう感じはしますね。(竹内は)たぶん前回の優勝が今回の自信につながっているんじゃないかなって感じました。昨日から自転車を変えたんですけど、その結果でけっこう乗れているのかなって感じました。3コーナー手前から切り替えて踏んでいったんですけど、けっこういい伸びができたと思います。(決勝戦は)自分は深谷君がいるので番手にいきます。深谷君ともう1回、グランプリを走れるように決めたいですね。

2 平原康多(埼玉・87期)

(準決勝は)あんまり今日の展開は想定してなかったんですけど、咄嗟の判断でいけました。新しい自転車なんですけど、日に日に上がってきているかなって思います。(決勝戦は)単騎で自力で勝負します。集中して頑張ります。立ち遅れないように攻めていきます。

3 稲垣裕之(京都・86期)

(準決勝は)4番手まで固めてくれた近畿ラインのおかげで1着を取れたと思います。調子は前回から特に変わらずで臨んでますし、気持ちは集中できていると思います。本当に周りが頑張ってくれて乗れたと思ってます。(決勝戦は)準決勝同様、脇本君の番手で勝負したいと思います。一生懸命、全力出し切りたいと思います。

4 深谷知広(愛知・96期)

(準決勝は)展開が向いたと思います。初日を走ったときは不安も多かったんですけど、ある程度、セッティングとかいろいろ修正できたんで、いい方に出ていると思います。(前橋バンクは)うまく走れれば展開も向きますし、スピードの出やすいバンクなんで、展開が向けばチャンスはあると思います。(決勝戦は)近畿がどうなっても自分はしっかり浅井さんと2人で。自分が先頭でしっかりチャンスをつかめるように頑張りたいです。

5 村上義弘(京都・73期)

(準決勝は)前の脇本、稲垣、後ろを(三谷)将太が固めて、そのなかでいいレースができたなと思います。将太は33バンクで4番手なんで、僕は3番手から外と決めてましたけど。調子は追走していく分には問題ないと思います。(決勝戦は)今日と一緒で脇本、稲垣の3番手で。


6 古性優作(大阪・100期)

(準決勝は)しっかり南さんと決められるように、力を出し切ろうと思ってました。とりあえず南さんと一緒に勝ち上がれたのがすごいうれしいです。初日の感じは体に芯がないような状態で全然踏めなかったんですけど、初日の刺激が入ったんで2日目、3日目は自分の走りはできてるかなって思ってます。(前橋は)ドームで33ですごい展開が早くなるんで、組み立てはすごい難しいんですけど、何とかしのげてるかなって思います。(決勝戦は)近畿で別になったので、南さんとしっかり決められるように頑張りたいです。自分の持ち味をしっかり出したいと思ってます。

7 園田匠(福岡・87期)

(準決勝は)一番最後方で、すごい前に選手がいたんで、ドキドキしながら(中川)誠一郎さんに千切れないようにと思ってました。(繰り上がりの3着で)こんなツキはないと思うんで、(大会)連覇もかかってますし、自分に(流れが)向いてきたんじゃないでしょうか。連日、一番上のレースを走って、強い人と走れているんで、脚は日に日に仕上がってきていると思います。(決勝戦は)相手は別に、チャンスは巡ってくると思うんで。獲ることだけ集中していきたいと思います。運だけで勝ちたいと思います。

8 南修二(大阪・88期)

(準決勝は)初手だけ決めて、あとは(古性に)任せてました。状態はいいと思います。(前橋バンクは)クセはあるんですけど、みんな一緒なんで。(G1決勝は3年ぶりで)なかなか乗れんかったんでうれしいです。(決勝戦は)今日と一緒で古性君へ。

9 脇本雄太(福井・94期)

(準決勝は)僕としては近畿4人並んでいたわけですし、ラインで決めたいっていう意識があったんで、出切ってからは自分なりに落ち着いてレースができたかなって思います。近畿で上位独占できたのは本当に最高の結果だと思ってます。調子自体はちょっと分からないですけど、向日町記念と変わらないのかなって思ってます。オリンピックから帰ってきて、僕のなかで一番集中したいのは前橋の親王牌だったので、そこに向けてしっかり調整できているのかなって思います。(前橋は)僕のなかでは一番、相性のいいバンクだと思いますし、自分が一番獲りたいと思っている親王牌が前橋なので、チャンスだと思って頑張りたいです。(決勝戦は近畿別線勝負で)僕としては心境は複雑ですけど、そこはしょうがないと思って割り切って勝負したいなって思ってます。近畿5人いて、できれば上位独占したいなっていう気持ちはあるんですけど、とにかく僕は自分なりのレースをして、結果ラインで決まったらいいなって思ってます。
ジャンル:
自転車
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 全日本選抜オートレース2016回顧 | トップ | 10/12 徳山周年4日目 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

関連するみんなの記事