公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

7/11 欧米主要株式・為替・商品・債券 各指数

2017-07-12 09:42:07 | 政治経済問題
【 米国株式 】             前日比       高値    安値   ↑ / ↓
*ダウ30種平均 21409.07   +0.55   +0.00% 21441.62 21279.30   14   15
*ナスダック   6193.31  +16.92   +0.27%  6200.58  6149.87 1196 1151
*S&P500      2425.53   -1.90   -0.08%  2429.30  2412.79  223  278
*SOX指数     1075.42   +8.32   +0.78%
*225先物     20110 大証比 -70  -0.35%

【 為替 】               前日比       高値    安値
*ドル・円     113.93   -0.11   -0.10%   114.49   113.72
*ユーロ・ドル   1.1466 +0.0067   +0.59%   1.1480   1.1383
*ユーロ・円    130.63   +0.64   +0.49%   130.77   129.96
*ドル指数      95.77   -0.25   -0.26%   96.21   95.65

【 債券 】           前日比       高値    安値
* 2年債利回り    1.38   -0.00      1.40    1.37
*10年債利回り    2.36   -0.01      2.39    2.35
*30年債利回り    2.92   -0.01      2.94    2.91
*日米金利差     2.26   -0.11

【 商品/先物 】           前日比       高値    安値
*原油先物      45.04   +0.64   +1.44%   45.81   43.83
*金先物       1214.7   +1.5   +0.12%   1217.1   1207.4
*銅先物       267.5   +2.8   +1.02%   267.7   264.2
*CRB商品指数   173.92   +1.18   +0.68%   174.06   171.43

【 欧州株式 】             前日比       高値    安値   ↑ / ↓
*英FT100     7329.76  -40.27   -0.55%  7386.88  7304.77   23   76
*独DAX     12437.02   -8.90   -0.07% 12539.18 12417.85   13   17
*仏CAC40     5140.60  -25.04   -0.48%  5186.44  5135.95   12   28



トランプ長男のメール公開で売り強まるも底堅い=米国株概況 #klugfxnews_379830

配信日時 2017年7月12日(水)05:35:00 掲載日時 2017年7月12日(水)05:45:00

NY株式11日(NY時間16:23)
ダウ平均   21409.07(+0.55 +0.00%)
S&P500    2425.53(-1.90 -0.08%)
ナスダック   6193.31(+16.91 +0.27%)
CME日経平均先物 20150(大証終比:-30 -0.15%)

 きょうのNY株式市場でダウ平均は横ばい。トランプ大統領の長男がロシア問題に関するメールを公開しており、中盤に一気に戻り売りが強まった。ヘルスケア法案も成立できていない中、ロシア疑惑が米政局を不安定にするとの警戒感が強まったようだ。

 トランプ大統領の長男はロシアの弁護士との面会を仲介したゴールドストン氏との一連のメールのやり取りを公表し、ロシア政府がトランプ陣営に対して、クリントン氏の情報などで、トランプ陣営を支援したい意向を示していたことが明らかとなっている。トランプ大統領の長男はロシアの弁護士と会ったことは既に認めており、クリントン氏に関する有意義な情報の提供はなかったと話している。

 また、ヘルスケア法案に関してはマコーネル上院共和院内総務が木曜日にヘルスケア法案の修正案を公表するとしている。また、8月の休会を2週間遅らせる意向も発表した。

 メール公表でダウ平均は一時130ドル近く急速に下落したが、売りが一巡すると前日付近に戻している。今週の大手銀を皮切りに決算発表が始まるが、先行きへの期待感は根強くあるようだ。

 ダウ採用銘柄ではGEが5日ぶりに反発したほか、ボーイング、キャタピラー、エクソンモービルが上昇。きょうの原油相場は買い戻しが優勢となった。一方、ファイザーやメルク、ユナイテッド・ヘルスなどヘルスケア関連が軟調なほか、JPモルガンやナイキが下落した。

 ナスダックは堅調。テスラが反発したほか、エヌビディア、アップル、フェイスブックが上昇。一方、アマゾンが下落している。

 バイオのアリーナが急伸。同社の「Ralinepag」の肺動脈性肺高血圧症の患者への第2フェーズの臨床試験で好結果が出たと報告されたことが材料視されている。

 スナップチャット運営のスナップが下落。前日はIPO価格17ドルを割り込んで終えたが、きょうも見切売りが出ていた。

 REIT(不動産投信)のゲティー・リアルティが大幅安。410万株の新株発行増資を予定しており、その条件が1株23.15ドルでの発行となった。前日終値よりも7.7%低い水準。

 ペプシコが下落。取引開始前に4-6月期の決算を発表しており、売上高、1株利益とも予想を上回った。通期見通しも予想通りではあるが上方修正している。好決算とは思われるが、株価はポジティブな反応を示していない。販売数量が停滞する中、同社のノワイCEOは成長を促進するために、値上げとコスト削減に注力することを表明している。


アリーナ 26.00(+7.61 +41.38%)
ゲティー・リアルティ 23.15(-1.93 -7.70%)
スナップ 15.47(-1.52 -8.95%)
ペプシコ 113.74(-0.53 -0.46%)

アルファベット(C) 930.09(+1.29 +0.14%)
フェイスブック 155.27(+1.77 +1.15%)
ツイッター 18.64(+0.56 +3.10%)
テスラ 327.22(+11.17 +3.53%)
アマゾン 994.13(-2.34 -0.23%)
エヌビディア 155.88(+2.18 +1.42%)

ダウ採用銘柄
J&J       131.23(-0.32 -0.24%)
P&G       86.77(-0.32 -0.37%)
デュポン     82.57(0.00 0.00%)
ボーイング    206.27(+2.31 +1.13%) 
キャタピラー   108.24(+0.40 +0.37%) 
ユナイテッド   123.54(+0.48 +0.39%) 
ビザ     95.41(+0.32 +0.34%) 
ナイキ        58.18(-0.55 -0.94%)
GE        26.38(+0.34 +1.31%) 
3M        209.66(-0.83 -0.39%) 
エクソンモビル  80.60(+0.44 +0.55%) 
シェブロン    103.12(+0.08 +0.08%) 
コカコーラ    44.33(-0.05 -0.11%) 
ディズニー    103.84(+0.25 +0.24%) 
マクドナルド   154.91(-0.61 -0.39%) 
ウォルマート  73.47(+0.24 +0.33%)
ホームデポ   150.60(-0.58 -0.38%)
JPモルガン   92.83(-0.36 -0.39%)
トラベラーズ     125.05(-0.72 -0.57%)
ゴールドマン     226.95(+1.11 +0.49%)
アメックス    84.16(-0.14 -0.17%) 
Uヘルス     185.95(-1.00 -0.53%)
IBM      153.19(-0.23 -0.15%)
アップル      145.53(+0.47 +0.32%)
ベライゾン   42.89(-0.31 -0.72%)
マイクロソフト  69.99(+0.01 +0.01%)
インテル     33.92(+0.27 +0.80%)
ファイザー   33.17(-0.24 -0.72%)
メルク      62.34(-0.49 -0.78%)
シスコ      31.09(+0.11 +0.36%)


米国株式市場はほぼ横ばい、トランプ政権巡る報道に一喜一憂の展開

Business | 2017年 07月 12日 06:33 JST

[ニューヨーク 11日 ロイター] - 米国株式市場は、政治関連のニュースに振り回される展開となる中で、結局ほぼ横ばいで引けた。

朝方は一時相場が急落。トランプ米大統領の長男が昨年の大統領選期間中、クリントン民主党候補に不利な情報の提供を持ちかけたロシア人弁護士と面会した際に、情報の出所がロシア政府だと事前にメールで知らされていた、と伝えられたことが影響した。

ただその後、共和党のマコネル上院院内総務が8月の休会開始を先送りすると発表すると、トランプ政権の経済政策進展への期待から地合いが改善した。

コモンウェルス・ファイナンシャルのブラッド・マクミラン最高投資責任者は「市場に悪影響をもたらすかもしれない材料と好材料になり得る材料があった」と指摘。休会先送りは市場が望む方向に経済を変える政権の決意のように思われるが、トランプ氏長男のメール問題で米大統領選へのロシアの介入疑惑を巡る捜査に一段と注目が集まる可能性がある、との見方を示した。

12日には米連邦準備理事会(FRB)のイエレン議長が下院で証言し、市場は今後の利上げペースに関して新たな手掛かりを得られるかもしれない。14日から始まる大手銀行の第2・四半期決算発表を見極めたいとのムードも続いている。

ジョーンズ・トレーディングのチーフ市場ストラテジスト、マイケル・オルーク氏は「投資家は次に相場を動かす要因が出てくるのを待っている。今は最高値圏にある株式を熱狂的に買う理由を見いだしていない」と述べた。

セクターごとの動きを見ると、 原油高を背景にエネルギー株.SPNYが0.5%上昇と好調だった。個別銘柄では写真共有アプリ運営のスナップ(SNAP.N)が8.9%安。新規株式公開(IPO)で主幹事を務めたモルガン・スタンレーが投資判断を引き下げ、同業インスタグラムとの競争能力に不安を表明した。

騰落銘柄比率はニューヨーク証券取引所とナスダックがともに1.10対1で上げ優勢。米取引所の合計出来高は約59億株と、直近20営業日平均の69億株を下回った。


終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 21409.07 +0.55 0.00 21410.17 21441.62 21279.30 .DJI 前営業日終値 21408.52

ナスダック総合 6193.31 +16.91 +0.27 6171.25 6200.58 6149.87 .IXIC 前営業日終値 6176.39

S&P総合500種 2425.53 -1.90 -0.08 2427.35 2429.30 2412.79 .SPX 前営業日終値 2427.43

ダウ輸送株20種 9599.43 -74.37 -0.77 .DJT

ダウ公共株15種 701.24 -0.19 -0.03 .DJU

フィラデルフィア半導体 1075.42 +8.32 +0.78 .SOX

VIX指数 10.89 -0.22 -1.98 .VIX

S&P一般消費財 709.66 -1.40 -0.20 .SPLRCD

S&P素材 341.02 -0.51 -0.15 .SPLRCM

S&P工業 587.65 -0.19 -0.03 .SPLRCI

S&P主要消費財 556.86 -1.66 -0.30 .SPLRCS

S&P金融 412.07 -2.82 -0.68 .SPSY

S&P不動産 193.92 -0.39 -0.20 <.SPLRCREC>

S&Pエネルギー 475.69 +2.49 +0.53 .SPNY

S&Pヘルスケア 913.21 -0.70 -0.08 .SPXHC

S&P電気通信サービス 148.92 -1.00 -0.67 .SPLRCL

S&P情報技術 956.67 +3.39 +0.36 .SPLRCT

S&P公益事業 260.82 -0.08 -0.03 .SPLRCU

NYSE出来高 7.84億株 .AD.N

シカゴ日経先物9月限 ドル建て 20150 - 30 大阪比 <0#NK:>

シカゴ日経先物9月限 円建て 20120 - 60 大阪比 <0#NIY:>


ダウ平均株価

名称 値 前日比 前日比(%) 1ヶ月利回り変化幅 年間利回り変化幅 更新日時 (JST) 2日

ナスダック 運輸株指数 4,691.07 -38.49 -0.81% +1.62% +44.28% 6:16

S&P 小型株600種 849.34 -5.39 -0.63% -1.71% +16.26% 2017/07/11

ラッセル2000種指数 1,413.05 +4.58 +0.33% -0.61% +18.74% 5:30

ナスダック バイオテクノロジー株指数 3,264.74 +19.11 +0.59% +6.13% +15.38% 6:16

NYダウ 工業株30種 21,409.07 +0.55 +0.00% +0.64% +17.46% 5:37

ナスダック 銀行株指数 3,760.96 -10.19 -0.27% -1.14% +35.89% 6:16

ブルームバーグ REIT指数 277.12 -0.11 -0.04% -2.32% -6.83% 5:00

NYSE 総合指数 11,744.77 -7.02 -0.06% +0.00% +10.52% 6:37

ナスダック 100指数 5,709.80 +15.65 +0.27% -0.56% +25.36% 6:16

ナスダック 金融株指数 7,163.46 -10.86 -0.15% +0.93% +24.25% 6:16

ナスダック 保険株指数 8,459.95 -26.87 -0.32% +0.36% +11.29% 6:16

NYダウ 輸送株20種 9,599.43 -74.37 -0.77% +2.91% +24.48% 5:37

ナスダック 通信株指数 298.02 +0.46 +0.15% -1.62% +10.43% 6:16

S&P 500種 2,425.53 -1.90 -0.08% -0.26% +13.49% 5:37

ナスダック 総合指数 6,193.31 +16.91 +0.27% -0.24% +24.15% 6:16

NYダウ 公共株15種 701.24 -0.19 -0.03% -3.26% -2.09% 5:37

KBW銀行株指数 96.44 -0.60 -0.62% +2.83% +48.42% 6:16

ラッセル1000種指数 1,344.12 -0.55 -0.04% -0.25% +13.58% 5:30

ナスダック 金融100指数 4,164.21 -9.17 -0.22% +0.43% +26.68% 6:16

ラッセル3000種指数 1,437.24 -0.19 -0.01% -0.28% +13.96% 5:30

ナスダック コンピューター株指数 3,514.28 +17.31 +0.50% -0.72% +35.70% 6:16

ナスダック 工業株指数 5,003.70 +6.62 +0.13% -1.70% +15.34% 6:16


今日の世界株価指数

名称 値 前日比 前日比(%) 1ヶ月利回り変化幅 年間利回り変化幅 更新日時 (JST)

アルゼンチン メルバル指数 22,127.33 +170.78 +0.78% +2.37% +47.74% 5:36

ブラジル ボベスパ指数 63,832.15 +806.68 +1.28% +2.61% +18.30% 5:21

S&P/BMV IPC指数 50,510.23 -106.58 -0.21% +2.91% +9.38% 5:16

S&P トロント総合指数 15,149.14 +43.85 +0.29% -2.09% +5.48% 5:45


欧州株価指数


ロンドン株11日 反落 40.27ポイント安で終了 ピアソンが下落、資源株は上昇  :日本経済新聞

2017/7/12 1:04

【NQNロンドン】11日のロンドン株式市場で、FTSE100種総合株価指数は3営業日ぶりに反落。前日終値に比べ40.27ポイント安の7329.76で引けた。構成銘柄の8割近くが下落した。

 保険株やディフェンシブ銘柄を中心に売りが膨らんだ。教育事業のピアソンが大幅下落したことも指数の重荷になった。一方で主力の鉱業株は上昇した。

 ピアソンはペンギン・ランダムハウス出版の一部保有株を売却すると伝わり、5%超安で引けた。同業のRELXも連れ安した。

 プルーデンシャルをはじめ保険株と資産運用株はともに全銘柄が下落した。銀行のロイズ・バンキング・グループも安かった。

 景気動向に左右されにくいとされるディフェンシブ銘柄の医薬品株、たばこ株や総合公益会社のユナイテッド・ユーティリティーズ、衣料小売りと食品事業のアソシエーテッド・ブリティッシュ・フーズなども売られた。

 小売りのマークス・アンド・スペンサー(M&S)の下げが目立った。四半期決算で食品部門の売り上げが軟調だったことが売り材料視された。衣料小売りのネクストにも売りが波及した。

 半面、鉱業株が買われ、全面高で引けた。なかでも資源商社のグレンコアやアングロ・アメリカンが高かった。為替相場でポンド安が進んだことも多国籍企業の買いにつながった。小幅ながら石油株も買い戻された。旅行のTUIや銀行のHSBCホールディングスも上げた。



FTSE100イギリス
▼0.55%
7,329.76
H:7,386.88
L:7,304.77
-40.27
07/11


ドイツ株11日 3日ぶり小反落、DAX8ポイント安の12437 電力が下落、自動車株は上昇  :日本経済新聞

2017/7/12 1:11

【NQNロンドン】11日のフランクフルト株式市場で、ドイツ株式指数(DAX)は3営業日ぶりに小反落した。終値は前日比8.90ポイント(0.07%)安の12437.02だった。

 利益確定目的などの売りで電力株が下落。RWEが安かった。消費財のヘンケルも下げた。一方で、BMWをはじめ自動車株が上昇した。タイヤのコンチネンタルも上げた。銀行株も小高く引けた。



DAXドイツ
▼0.07%
12,437.02
H:12,539.18
L:12,417.85
-8.90
00:35

CAC40フランス
▼0.48%
5,140.60
H:5,186.44
L:5,135.95
-25.04
00:40

SMIスイス
▼0.78%
8,874.07
H:8,952.15
L:8,874.07
-69.77
00:35

FTSE MIBイタリア
▼0.37%
21,111.70
H:21,302.58
L:21,078.17
-78.97
00:39

IBEX35スペイン
▼0.57%
10,449.10
H:10,536.90
L:10,438.80
-60.40
00:35

AEXオランダ
▼0.21%
510.99
H:513.59
L:510.35
-1.06
00:40

BEL20ベルギー
▼0.53%
3,824.74
H:3,859.31
L:3,819.13
-20.34
01:05

ATXオーストリア
▼0.18%
3,146.91
H:3,171.71
L:3,142.25
-5.60
07/11

PSI20ポルトガル
▲0.08%
5,175.07
H:5,202.24
L:5,158.51
3.95
07/11

ASEギリシャ
▲0.06%
844.33
H:850.96
L:838.85
+0.50
07/11

OMXS30スウェーデン
▼0.20%
1,621.57
H:1,631.29
L:1,620.69
-3.24
07/11

OBXノルウェー
▲0.01%
628.61
H:630.59
L:625.21
+0.09
07/11

OMXC20デンマーク
▼0.36%
991.44
H:997.99
L:988.75
-3.61
07/11

RTSロシア
▼0.46%
1,001.51
H:1,010.52
L:993.57
-4.63
00:50

ISE100トルコ
▲2.06%
103,182.64
H:103,558.64
L:101,023.19
+2085.48
00:10

AllShr南アフリカ
▲0.36%
52,376.38
H:52,748.15
L:52,187.92
+188.46
07/11

ユーロ・ストックス50
▼0.39%
3,464.48
H:3,494.49
L:3,460.64
-13.58
07/11

BDI(バルチック)指数
▲1.22%
830.00
+10
07/11


欧州市場サマリー

[11日 ロイター] -
<為替> 欧州終盤 アジア市場終盤
ユーロ/ドル    1.1429 1.1390
ドル/円 114.18 114.31
ユーロ/円 130.51 130.19

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終値
STOXX欧州600種 379.15 -2.49 -0.65 381.64
FTSEユーロファースト300種 1490.61 -10.16 -0.68 1500.77
DJユーロSTOXX50種 3464.48 -13.58 -0.39 3478.06
FT100種 7329.76 -40.27 -0.55 7370.03
クセトラDAX 12437.02 -8.90 -0.07 12445.92
CAC40種 5140.60 -25.04 -0.48 5165.64

<金現物> 午後 前営業日
値決め 1211.05 1211.90

<金利・債券>
米東部時間15時10分

*先物 清算値 前日比 前営業日終盤
3カ月物ユーロ 100.33 0.00 100.33
独連邦債2年物 111.88 -0.03 111.91
独連邦債5年物 131.43 -0.15 131.58
独連邦債10年物 160.69 -0.25 160.94
独連邦債30年物 160.12 -0.68 160.80

*現物利回り 現在値 前日比 前営業日終盤
独連邦債2年物 -0.600 +0.009 -0.609
独連邦債5年物 -0.179 +0.018 -0.197
独連邦債10年物 0.551 +0.010 0.541
独連邦債30年物 1.358 +0.020 1.338

<為替> 

ドルが主要6通貨に対し小幅高、対円では3月15日以来4カ月ぶり高値となる114.47円をつけた。米10年債利回りが過去およそ2週間で25ベーシスポイント(bp)上昇していることがドルの追い風となっている。


<ロンドン株式市場> 

反落して取引を終えた。ディフェンシブ銘柄が売られたほか、教育出版大手のピアソンや小売大手マークス・アンド・スペンサー(M&S)が値を下げた。

携帯電話サービス大手のボーダフォンや保険大手のプルーデンシャルなどのディフェンシブ銘柄の値下がりが顕著だった。

ピアソンは5.1%下落し、FT100種で最も大幅な値下がりとなった。出版社ペンギン・ランダムハウスの株式22%を約10億ドルで売却することで合意した。株式売却でバランスシートを強化するほか、株主還元に充てるとした。発表当初は好意的に捉えられたものの、一部投資家は十分な対策でないとみた。デジタル教育が台頭する中でピアソンは何度も利益見通しを引き下げており、株価は今年に入り約20%値を下げている。

<欧州株式市場> 

反落して取引を終えた。ディフェンシブ銘柄や不動産株の値下がりが自動車や鉱業株の値上がりを上回った。

STOXX欧州600種食品・飲料株指数と日用品・家庭用品株指数、不動産株指数<.SX86P>はいずれも低下した。

一方、自動車・部品株は0.96%上昇した。中国の6月の乗用車販売台数が増えたことが好感された。

世界で1位と2位の人材派遣会社、スイスのアデコとオランダのランスタッドはともに2%超の値下がりとなった。ドイツ銀行が両社の投資判断を引き下げたことが嫌気された。米国と欧州における現在の雇用水準は、ピークを迎えている12ヵ月間の投資収益率と関連していると指摘した。

<ユーロ圏債券> 

債券利回りが再び上昇した。前日はここ2週間程度の売りを受けて買い戻しが入ったが、市場の関心は、米連邦準備理事会(FRB)の金利引き締めペースに移っている。

独10年債利回りは2ベーシスポイント(bp)上昇の0.56%。前日は約1カ月ぶりの大幅低下を記録していた。

他のユーロ圏債券の利回りは総じて1─4bp上昇した。

この日は、欧州中央銀行(ECB)のクーレ専務理事が、ユーロ安は資産買い入れの手段でも目的ではないとの見解を示し、ユーロ圏債券の利回りに上昇圧力がかかった。

アナリストは12日のイエレン米FRB議長の議会証言のほか、FRBのバランスシート正常化に関する手掛かりを得ようと、これから行なわれるブレイナード理事の講演にも注目している。



NY為替・11日=ユーロドルは昨年5月以来の高値 2017年07月12日(水)06時12分

NYタイムのドル円は、ロンドンフィックス前にユーロ円の買いが入り、114.49円まで上昇した。しかし、トランプ米大統領の息子のトランプJr.が昨年の米大統領選挙期間中にロシアがクリントン候補に対する不利益情報を持っていることを知り、ロシア人弁護士と会合をしたことをツイッターで自ら認めたことをきっかけにドルが売られ、米株もマイナスに転じた。その後ブレイナードFRB理事の利上げに対する慎重な発言で米長期債利回りが低下し、さらにドルは売られドル円は113.72円まで下落した。

 欧州通貨は、ユーロドルはメルケル独首相がECBの引き締めを望む発言をしたことが伝わり、1.14ドル前半で底堅く推移していた。そこにトランプJr.のツイッターの情報が流れるとユーロ買いドル売りに拍車がかかり、昨年5月初旬以来となる1.1480ドルまで上昇した。一方ポンドドルは、ブロードベントBOE副総裁の講演で金融政策に言及がなく、タカ派発言を期待していた短期筋がポンドのロングをあきらめ、昨日の安値1.2855ドルを割れたこともあり、1.2831ドルまで下落した。またロンドンフィックスにかけてユーロポンドの買いが出たことを契機に、ユーロポンドは昨年11月9日以来となる0.8900ポンド台乗せ、0.8933ポンドまでユーロポンドは上昇した。

 クロス円はまちまちで、ユーロ円は130.77円まで高値を広げて上昇したが、ポンド円は146.18円まで、NZドル円は82.17円まで下落した。

 オセアニア通貨はアジア時間の流れを受け軟調に推移した。特にNZドルは対豪ドルでの売りが入り、NZドル/ドルは0.7202ドルまで安値を更新した、豪ドルは対NZドルと対ドルでは買われたが、対円では87.00円前後でもみあった。加ドルは原油価格が45ドルまで上昇したことをうけ加ドルが買われる局面もあったが、明日のカナダ銀行(BOC)の政策金利発表を前にして、大きなリスクを保持するのが難しく、ドル加ドルは1.29加ドル前半でのもみ合いが中心になった。

 6時現在、ドル円は113.94円、ユーロドルは1.1467ドル、ユーロ円は130.65円で推移。



為替市場の四本値(ドル円・ユーロドル・ユーロ円)

    ドル円  ユーロドル  ユーロ円
始値  114.04  1.1399  129.99
高値  114.49  1.1480  130.77
安値  113.72  1.1383  129.96
終値  113.94  1.1467  130.65

為替市場の四本値(ポンド円・豪ドル円・カナダ円)

   ポンド円   豪ドル円  カナダドル円
始値  146.90  86.75  88.46
高値  147.78  87.27  88.84
安値  146.18  86.73  88.02
終値  146.39  87.02  88.23


世界各国通貨に対する円

                  現在値    前日比       %   前日終値
*ドル・円           113.92円   -0.12円    -0.11%   114.04円
*ユーロ・円         130.61円   +0.62円    +0.48%   129.99円
*ポンド・円         146.34円   -0.55円    -0.38%   146.89円
*スイス・円         118.19円   +0.11円    +0.09%   118.08円
*豪ドル・円          86.98円   +0.24円    +0.27%   86.75円
*NZドル・円         82.26円   -0.70円    -0.85%   82.96円
*カナダ・円          88.16円   -0.30円    -0.34%   88.46円
*南アランド・円        8.40円   -0.06円    -0.69%    8.46円
*メキシコペソ・円       6.36円   +0.01円    +0.12%    6.35円
*トルコリラ・円       31.51円   -0.09円    -0.29%   31.60円
*韓国ウォン・円        9.91円   -0.01円    -0.10%    9.92円
*台湾ドル・円         3.73円   -0.00円    -0.11%    3.73円
*シンガポールドル・円   82.42円   +0.08円    +0.10%   82.34円
*香港ドル・円         14.58円   -0.02円    -0.11%   14.60円
*ロシアルーブル・円     1.87円   -0.02円    -0.97%    1.89円
*ブラジルレアル・円     35.05円   +0.02円    +0.06%   35.03円
*タイバーツ・円        3.34円   -0.00円    -0.02%    3.34円
              年初来騰落率 過去1年間での高値/安値 昨年末終値
*ドル・円            -2.60%   118.66円   99.54円   116.96円
*ユーロ・円           +6.21%   130.77円   112.09円   122.97円
*ポンド・円           +1.27%   148.46円   121.61円   144.50円
*スイス・円           +2.98%   118.61円   102.89円   114.77円
*豪ドル・円           +3.28%   88.18円   75.97円   84.22円
*NZドル・円         +1.57%   83.81円   72.22円   80.98円
*カナダ・円           +1.32%   88.92円   74.83円   87.01円
*南アランド・円        -1.54%    8.98円    6.99円    8.53円
*メキシコペソ・円      +12.72%    6.38円    4.97円    5.64円
*トルコリラ・円        -5.82%   36.90円   28.62円   33.46円
*韓国ウォン・円        +2.29%   10.20円    8.75円    9.69円
*台湾ドル・円         +2.98%    3.78円    3.15円    3.62円
*シンガポールドル・円    +1.94%   82.67円   72.70円   80.85円
*香港ドル・円         -3.32%   15.29円   12.84円   15.08円
*ロシアルーブル・円     -1.17%    2.02円    1.51円    1.90円
*ブラジルレアル・円     -2.47%   37.45円   30.44円   35.94円
*タイバーツ・円        +2.29%    3.36円    2.88円    3.27円


続伸、ナイジェリア減産免除見直し観測が強材料=NY原油 #klugfxnews_379837

配信日時 2017年7月12日(水)06:05:00 掲載日時 2017年7月12日(水)06:15:00

 NY原油先物8月限(WTI)(終値) 1バレル=45.04(+0.64 +1.44%)

 ブレント原油先物9月限(終値)1バレル=47.52(+0.64 +1.4%)

 ニューヨーク原油は続伸。欧州の時間帯は、欧州系の複数の金融機関がブレント原油の予想平均価格を大幅に引き下げたことなどで、センチメントが弱かったが、前日の安値を下回らなかったことで、下値攻めが一巡した米国の時間帯には、前日同様急反発した。支援材料としては、現在のリビアとナイジェリアの協調減産免除を外すことが24日の会合で検討される可能性が浮上していることなどが挙げられた。



NY金は続伸、株安やドル高一服で=NY金概況 #klugfxnews_379828

配信日時 2017年7月12日(水)05:10:00 掲載日時 2017年7月12日(水)05:20:00

NY金先物8 月限(COMEX)(終値)
1オンス=1214.70(+1.50 +0.12%)

 金8月限は、ドル高や米国債の利回り上昇などを受けて軟調となった。日中取引では戻り売り圧力が強まる場面も見られたが、トランプ氏長男のメール公表を受けて株価が急落したことや、ブレイナード米連邦準備理事会(FRB)理事の発言によるドル安が支援要因となって地合いを引き締めた。



米国債利回りは低下 ブレイナード理事が慎重姿勢示す=NY債券概況 #klugfxnews_379833

配信日時 2017年7月12日(水)05:58:00 掲載日時 2017年7月12日(水)06:08:00

米国債利回り(NY時間16:57)
2年債   1.375(-0.008)
10年債  2.361(-0.013)
30年債  2.923(-0.003)
期待インフレ率  1.754(+0.024)
※期待インフレ率は10年債で算出

 きょうのNY債券市場で利回りは低下。明日のイエレンFRB議長の議会証言を前に様子見気分も強かった。そのような中、きょうはブレイナード理事の発言が伝わっており、「最近のインフレ軟化踏まえて金利軌道を検証。追加利上げ決定前にインフレを見極める意向」と述べた。また、「FF金利の正常化はかなり進行していると認識している」とも言及し、追加利上げに慎重姿勢をほのめかしている。

 同理事は以前からハト派色が強く、ドル高をけん制する傾向にある理事だが、そのスタンスは維持しているようだ。

 この日の米3年債入札をで最高落札利回りが発行日前利回りを下回ったことも利回りを押し下げていた。

 10年債は2.35%付近まで低下し、30年債は2.90%台まで一時低下した。

 ただ、2-10年債の利回り格差は99(前日99)で変わらず。
ジャンル:
経済
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7月11日の安倍晋三 | トップ | 2024年、2028年の夏季オリン... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む