公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

「モーターじゃないボート」、IOCが韓国開催検討

2016-10-18 19:55:51 | スポーツ
以下の記事に関連して、平昌五輪を連日のように「いじくりまわしている」産経の論評が見てみたいものだ。


ボート、韓国開催も検討 IOC、現計画で困難なら(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース

朝日新聞デジタル 10月18日(火)7時18分配信

 2020年東京五輪・パラリンピックのボート・カヌー会場について、国際オリンピック委員会(IOC)が、現計画の海の森水上競技場(東京湾臨海部)での実施が困難な場合を想定し、韓国での開催を検討していることが17日、分かった。複数の大会関係者が明らかにした。

 小池百合子・東京都知事が長沼ボート場(宮城県登米市)への移転を含めて開催計画の見直しを検討しているが、IOCや国際競技団体は「海の森」を最善と評価している。トーマス・バッハIOC会長が18日に小池氏と会談し、開催計画について意見交換する。今後、日本側との調整が難航した場合、IOCが韓国案を持ち出す可能性がある。

 IOCが検討対象としているのは、韓国・忠州市のボート場。2014年アジア大会のボート会場で、交通アクセスに課題があるものの、ボート関係者によると「数カ月あれば、五輪を開催できるような能力をもったコース」という。



こんなことがまかり通ってしまうと、オリンピックでは「屈辱的」ともいえる措置になる。

もっとも、あっちもダメ、こっちもダメ、と、「決められない」以上、自国ですら開催はムリというIOCの合理的判断なのだろう。
ジャンル:
オリンピック
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アッキー、「大麻栽培で町お... | トップ | 国後、択捉の二島は「完全に... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む