公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

「日本人の代弁者」である江崎大臣を辞めさせる理由などない

2017-08-10 03:30:30 | 政治経済問題
と言ってほしかった安倍晋三。


首相、江崎沖北相を続投の考え「緊張感もって職務に」(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170809-00000058-asahi-pol @YahooNewsTopics

8/9(水) 14:30配信 朝日新聞デジタル

 安倍晋三首相は9日、訪問先の長崎市で、「(国会答弁では)役所の答弁書を朗読する」と発言し、日米地位協定の見直しにも言及した江崎鉄磨・沖縄北方相について「今後一層、緊張感をもって職務にあたってほしいと考えている」と述べ、続投させる考えを示した。同市で開かれた平和祈念式典などに出席した後の記者会見で語った。

 国連で採択された核兵器禁止条約への対応については、「署名、批准を行う考えはない」と従来の方針を改めて示した。「核兵器国が1カ国として参加していない。核兵器国と非核兵器国の隔たりを深め、『核兵器のない世界』の実現をかえって遠ざける結果となってはならない」と述べた。



「核兵器国と非核兵器国の隔たりを深め、『核兵器のない世界』の実現をかえって遠ざける結果となってはならない」


自分で言ってて理解できるか?

よく分からん言葉だけど。
『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本当に米軍は日本の味方かよ! | トップ | 8/9 佐世保ミッドナイト・ガ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む