公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

持ちペラ廃止へ

2011-12-26 13:12:33 | 競艇
ボートレースの持ちペラが廃止される。

賞金王決定戦中継において、2012年4月27日を開幕とする開催より、持ちペラができなくなるという話があった。

持ちペラ解禁は1988年だったから、24年でその歴史に幕を閉じることになる。

(12/26 追記)

“モチペラ廃止”来年4月から新プロペラ制度(スポニチアネックス)

来年4月から新しいプロペラ制度を導入することが25日、日本モーターボート競走会から発表された。現行の選手持ちペラ制度を廃止し、エンジン1機につきペラを2枚ずつ備え付ける制度に変更。同競走会の宮本賢治常務理事は制度変更の狙いを「お客さまの“選手がどのペラを使っているのか分からない”“エンジン成績が参考になるのか分からない”という声に対応するため」と説明した。

 新制度では、各エンジンにヤマト製、ナカシマ製と異なるメーカーのペラを1枚ずつ配備。ペラは抽選ではなく、エンジンとのセットで割り当てられる。また、ペラの使用状況をファンに正確に伝えるため、交換があった場合は「ヤマト→ナカシマ」のように情報を公開していく。破損などでペラが使用不可能になった場合は、壊れたペラと同じメーカーの予備ペラを競技委員長が割り当てる。その場合は「ヤマト→ヤマト新」のように表示する予定だ。また、前操者の最終レースと使うペラが異なる場合もペラ交換として発表。そのため初戦からペラ交換と表示されることもある。

 新制度が最初に実施されるのはボートレース浜名湖で、来年4月12日の新エンジン導入と同時にスタート。残る23場は4月27日以降に初日を迎えるシリーズからの実施となる。
ジャンル:
マリンスポーツ
キーワード
日本モーターボート競走会 スポニチアネックス 賞金王決定戦
コメント (2) |  トラックバック (0) |  この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 福永、ついにリーディングジョッ... | トップ | 「裏MVP」 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ナミヘー)
2011-12-26 03:10:56
24年の間違いだぞう。オーナーペラ時代を覚えてる親父だが、チルトサンダーとか今後どうするんだろう?
Unknown (Unknown)
2011-12-29 07:38:54
噂通り廃止か。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。