公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

木内孝胤を離党させ、「国民ファーストの会」結党準備に着手させる小沢一郎

2017-08-22 20:32:46 | 政治経済問題
2017年08月22日 03時29分16秒 本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」 小池百合子知事配下の若狭勝衆院議員が「9月早々」を目指して新党「国民ファーストの会」結党準備を急ぐ

◆〔特別情報1〕

 「民進党最後の代表選挙」が8月21日スタートした一方、東京都の小池百合子知事配下の若狭勝衆院議員が9月早々を目指して新党「国民ファーストの会」結党の準備を急いで進めている。政党助成金が支給される政党要件「現職国会議員5人以上」は、すでに確保しており、いま現在、入党議員のボリュームを増やしている。

小池百合子知事と共闘している小沢一郎代表は、民進党の松野頼久元内閣官房副長官(日本新党を結党した細川護熙元首相の政治的な後見人であった縁で入党、日本新党本部に勤務)率いる「創新会グループ」に預けていた木内孝胤衆院議員を離党させて、新党結党準備中の若狭勝衆院議員の下に送り込んでおり、民進党代表選挙が終わり次第、「創新会グループ」はじめ「親小沢一郎派」を合流させる。


やはり、小沢は小池と「よりを戻していた」のかな?

『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 8/23の競輪 | トップ | 8/22 若松・第63回ボート... »
最近の画像もっと見る

政治経済問題」カテゴリの最新記事