公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

9/18 中山・第70回 朝日杯セントライト記念(GII)

2016-09-17 11:00:07 | 競馬
皐月賞馬ディーマジェスティが始動戦V いざ2冠制覇へ/セントライト記念 - netkeiba.com

[中央] 2016年09月18日(日)15時50分

 18日、中山競馬場で行われたセントライト記念(3歳・GII・芝2200m)は、後方でレースを進めた蛯名正義騎手騎乗の1番人気ディーマジェスティ(牡3、美浦・二ノ宮敬宇厩舎)が、3~4コーナーで先団に取りついて、好位追走から一旦先頭に立った2番人気ゼーヴィント(牡3、美浦・木村哲也厩舎)を直線で捕らえ、これにクビ差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分13秒1(良)。

 さらに1.1/4馬身差の3着に3番人気プロディガルサン(牡3、美浦・国枝栄厩舎)が入った。

 勝ったディーマジェスティは、父ディープインパクト、母エルメスティアラ、その父ブライアンズタイムという血統。日本ダービー(3着)以来のレースをキッチリと制し、菊花賞でのクラシック2冠制覇に向け弾みをつけた。なお、本馬及び2着のゼーヴィント、3着のプロディガルサンは10月23日に京都競馬場で行われる菊花賞の優先出走権を獲得した。

【勝ち馬プロフィール】
◆ディーマジェスティ(牡3)
騎手:蛯名正義
厩舎:美浦・二ノ宮敬宇
父:ディープインパクト
母:エルメスティアラ
母父:ブライアンズタイム
馬主:嶋田賢
生産者:服部牧場
通算成績:7戦4勝(重賞3勝)
主な勝ち鞍:2016年皐月賞(GI)


11R第70回 朝日杯セントライト記念(GII) (菊花賞トライアル) 3歳オープン 2,200 (芝・外)15:45

本賞金:5400、2200、1400、810、540万円

△ 11メートルダール牡356北村宏司戸田博文
  22ピースマインド牡356大野拓弥宮徹
注 33プロフェット牡356石橋脩池江泰寿
◎ 44ディーマジェスティ牡356蛯名正義二ノ宮敬宇
▲ 55マウントロブソン牡356川田将雅堀宣行
  56キークラッカー牡356柴田大知土田稔
  67ネイチャーレット牡356野中悠太郎根本康広
  68ケンホファヴァルト牡356柴田善臣森秀行
X 79プロディガルサン牡356田辺裕信国枝栄
〇 710ゼーヴィント牡356戸崎圭太木村哲也
  811ノーブルマーズ牡356高倉稜宮本博
  812ステイパーシスト牡356吉田豊尾関知人


144ディーマジェスティ牡356.0蛯名正義2:13.1 34.5476+4二ノ宮敬宇1
2710ゼーヴィント牡356.0戸崎圭太2:13.1クビ35.0480-2木村哲也2
379プロディガルサン牡356.0田辺裕信2:13.31 1/434.5496+8国枝栄3
467ネイチャーレット牡356.0野中悠太郎2:13.51 1/434.7446-4根本康広11
5811ノーブルマーズ牡356.0高倉稜2:13.5ハナ35.24700宮本博8
611メートルダール牡356.0北村宏司2:13.6クビ35.1468+2戸田博文5
755マウントロブソン牡356.0川田将雅2:13.73/435.2486+18堀宣行4
822ピースマインド牡356.0大野拓弥2:13.7アタマ35.6434-4宮徹10
933プロフェット牡356.0石橋脩2:13.91 1/435.6462+6池江泰寿7
10812ステイパーシスト牡356.0吉田豊2:14.03/435.3426-6尾関知人6
1168ケンホファヴァルト牡356.0柴田善臣2:14.2136.4446-4森秀行12
1256キークラッカー牡356.0柴田大知2:14.7337.0512+10土田稔9

ハロンタイム12.5 - 11.6 - 12.0 - 12.2 - 12.7 - 12.5 - 12.5 - 11.7 - 11.7 - 11.5 - 12.2
上り4F 47.1 - 3F 35.4

コーナー通過順位
1コーナー6,8(2,10)(3,11)5,1-9(12,4)7
2コーナー6,8(2,10)(3,11)(1,5)-(9,4)12,7
3コーナー(*6,8)-(2,10)(3,11)(1,5)4(12,7,9)
4コーナー(6,*8,10)(11,4)2,9(3,1,5)(12,7)
『競馬』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 9月18日の中山競馬 菜七子出... | トップ | 9/18の競輪 »
最近の画像もっと見る

競馬」カテゴリの最新記事