公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

産経新聞の一番の問題は、「日本語が書けない記者」ばかりということ

2017-07-16 21:17:08 | その他
はっきり言って、産経新聞なるものが、なぜ「全国紙」などと名乗っているのか、不思議でならない。

産経新聞の記事は、結論が何なのかさっぱり分からないものが多い。特に「民進党叩き」関連の記事。

よって、意味もなく、ダラダラと長い文章の記事が多い。

少なくとも、各地の地方紙のほうが産経よりも記事の質は「はるかに上」だ。


産経新聞の記者は相当に馬鹿である 「ネトウヨ並みの頭の悪さなんだから本当に驚く」 小林よしのり 赤かぶ

2017.07.15 小林よしのりオフィシャルwebサイト


産経新聞の「産経抄」がまたしても知性ゼロを晒している。

産経新聞の記者ってネトウヨ並みの頭の悪さなんだから本当に驚く。

「産経抄」は、演繹法の話をして、マスコミ報道は三段論法の最初のAが「安倍首相は悪である」から始まっているからダメだと言うのだ。

おいおいおい、産経新聞の三段論法は「安倍首相は善である」から始まっているから、加計学園も「問題なし」に見えるのであり、加戸守行が救世主に見えるんだろうが!

朝日と毎日が加戸守行の証言を取り上げなかったと文句を言っているが、取り上げるに値しない証言だったからだろう。

わしはブログでちゃんと批判的に取り上げたぞ。

そして今日の東京新聞が「加戸前愛媛県知事どんな人」と題して、大々的に取り上げている。

安倍首相とも日本会議ともお友達で、「つくる会」の教科書を強力に推薦していた人物らしい。

わしとしては「つくる会」の教科書を推薦してくれたことはありがたいが、それと加計学園の疑獄は切り離して評価する。

かつて教科書運動に関わった保守派も、今や劣化保守・ネトウヨ保守に堕落してしまった者たちばかりである。

自称保守が正しく成長していくことができなった。

ほとんどがネトウヨ並みに劣化してしまった。

その一人が加戸守行であるというだけのことだ。

「保守とは何か?」という議論を真剣にやらなかったツケが今になって噴出し、安倍政権と共に崩壊しようとしているだけのことである。

産経新聞は安倍首相マンセー新聞に偏り過ぎて、石破茂を必ずバッシングしているが、石破茂も自民党だぞ。

安倍政権の周辺に、石破茂憎しの者がいて、産経新聞とつるんでいるのだろう。

わしは自民党の中では、石破茂や、船田元や、村上誠一郎には、好感を持っている。



【産経抄】「安倍首相は悪である」演繹法を誤用するマスコミ報道 7月15日
http://www.sankei.com/column/news/170715/clm1707150003-n1.html
2017.7.15 05:03 産経新聞

 一般的な原理から、事実関係を推理・説明することを「演繹(えんえき)」という。AはBである。BはCである。ゆえにAはCである-という「三段論法」は、演繹によって判断を求める演繹法の代表的なものだとされる。これを用いた結論が真であるためには、前提の正しさと、飛躍がないことが不可欠だろう。

 ▼安倍晋三首相は、学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部新設計画をめぐり、野党が要求する閉会中審査への出席を決めた。自ら説明を尽くすという考えに異存はないが、マスコミがその中身をきちんと伝えるかというと心もとない。

 ▼これまでの一連のマスコミ報道を追うと、演繹法が誤用されている印象が濃い。安倍首相は悪である。加計学園理事長は安倍首相の友人である。ゆえに不正がなされたに違いない。そんな根拠のない前提のもとで、飛躍した論理が流布されてはいないか。

 ▼『ビルマの竪琴』の作者として知られるドイツ文学者、竹山道雄は唯物史観を批判する評論の中でこう説いた。「まずある大前提となる原理をたてて、そこから下へ下へと具体的現象の説明に及ぶ行き方は、あやまりである」。

 ▼その上で、さらに続ける。「『上からの演繹』は、かならずまちがった結論へと導く。(中略)事実をこの図式に合致したものとして理解すべく、都合のいいもののみをとりあげて都合の悪いものは棄(す)てる」。

 ▼衆参両院が10日開いた閉会中審査で、加計学園誘致を進めた当事者の加戸守行・前愛媛県知事が行った証言について、翌11日付の朝日新聞と毎日新聞の朝刊は、一般記事中で一行も取り上げなかった。安倍政権の対応を批判する前川喜平・前文部科学事務次官の主張と真っ向から食い違うため、都合が悪いと棄てたのだろう。




産経が例示した「安倍首相は悪である」と説くことがなぜ悪いの?

そうではない、ということであるならば、安倍晋三は少なくともそう説かねばならない。

じゃ、加計孝太郎に便宜を図ったとしか思えない数々の加計学園に関する施策というか「疑惑」は「善」なのかい?

恐らく、「善」などという人物はまずいないと思うけど。

また、

『マスコミがその中身をきちんと伝えるかというと心もとない。』

というからには、マスコミである産経はきちんと伝えてきたの?

もしも伝えてきた、ということであるならば一体どのようにやってきたのか?

具に示してもらいたい。
『社会』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« よく分からない森田実の本性 | トップ | 7/16 伊東・サマーナイトフ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む