公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

9/25 中山・第62回 産経賞オールカマー(GII)

2016-09-24 20:00:15 | 競馬
【オールカマー】1番人気ゴールドアクター 直線伸ばして快勝! ― スポニチ Sponichi Annex 競馬

 「第62回オールカマー」(G2、芝・2200メートル・曇・良)は25日、中山競馬場11Rで行われ、吉田隼騎手騎乗の1番人気、ゴールドアクター(牡5=中川厩舎、父スクリーンヒーロー、母ヘイロンシン)が直線で伸ばして快勝した。勝ち時計は2分11秒9。

 ゴールドアクターはマリアライトとともに中団から競馬を展開。3、4コーナー中間で位置を押し上げると、直線でトップに。そのまま突き抜けて快勝した。

 最後に首差まで迫ったサトノノブレスが2着。そこから1馬身差の3着がツクバアズマオーだった。

 ゴールドアクターは、これが通算4度目の重賞制覇。全成績は16戦9勝。

 ゴールドアクターに騎乗した吉田隼は「(前走の)天皇賞の時よりも落ち着いていて、これならいいな…と思っていた。道中はイメージ通り。後ろにマリアライトがいるのも分かっていた。(2着のサトノノブレスは)今年充実しているので気になっていたけど、ここまでしぶといとは…。何とか、かわせて良かった」と笑顔で振り返っていた。



11R第62回 産経賞オールカマー(GII) 3歳以上オープン 2,200 (芝・外) 別定15:45 WIN5

本賞金:6700、2700、1700、1000、670万円

▲ 11サトノノブレス牡656福永祐一池江泰寿
注 22クリールカイザー牡756田辺裕信相沢郁
  33ショウナンバッハ牡556戸崎圭太上原博之
  44マイネルメダリスト牡856松岡正海田中清隆
△ 55ツクバアズマオー牡556吉田豊尾形充弘
◎ 56ゴールドアクター牡558吉田隼人中川公成
〇 67マリアライト牝556蛯名正義久保田貴士
  68エーシンマックス牡656石橋脩西園正都
  79アクションスター牡656大野拓弥音無秀孝
  710サムソンズプライド牡656横山典弘杉浦宏昭
  811ワンアンドオンリー牡557内田博幸橋口慎介
X 812カレンミロティックせ856柴田大知平田修


156ゴールドアクター牡558.0吉田隼人2:11.9 34.4496+6中川公成1
211サトノノブレス牡656.0福永祐一2:11.9クビ34.6506+10池江泰寿3
355ツクバアズマオー牡556.0吉田豊2:12.1134.3472-2尾形充弘6
422クリールカイザー牡756.0田辺裕信2:12.2クビ35.2484-2相沢郁4
567マリアライト牝556.0蛯名正義2:12.2クビ34.5440+2久保田貴士2
633マル地ショウナンバッハ牡556.0戸崎圭太2:12.3クビ34.3446+4上原博之8
7811ワンアンドオンリー牡557.0内田博幸2:12.3クビ34.4500+8橋口慎介5
879アクションスター牡656.0大野拓弥2:12.93 1/234.6476+4音無秀孝11
9812カレンミロティックせん856.0柴田大知2:12.9クビ35.8452-6平田修7
10710サムソンズプライド牡656.0横山典弘2:12.9アタマ35.6472-4杉浦宏昭9
1144マイネルメダリスト牡856.0松岡正海2:13.9636.1500+10田中清隆12
1268マル外エーシンマックス牡656.0石橋脩2:14.32 1/237.8504-4西園正都10

ハロンタイム12.3 - 11.2 - 11.9 - 12.0 - 12.5 - 12.1 - 12.3 - 12.2 - 12.1 - 11.3 - 12.0
上り4F 47.6 - 3F 35.4

コーナー通過順位
1コーナー8-2,12,10,1,6(4,7)5(3,11)-9
2コーナー8=2,12-(10,1)-6(4,7)5(3,11)-9
3コーナー8-(2,12)(10,1)6,7(4,5)(3,11)-9
4コーナー(8,*2)1(10,12,6)(5,7)4(3,11)9
『競馬』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 9/25の競艇 | トップ | 9月25日の中山競馬 菜七子出... »
最近の画像もっと見る

競馬」カテゴリの最新記事