公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

5/12 日本・アジア主要株式指数

2017-05-12 07:27:00 | 政治経済問題
外資系証券寄り付き前注文動向 5/12 8:13更新

5月12日

売り 960

買い 1,250

差し引き 290万株の買い越し

金額ベース 買い越し

米国系 買い越し
欧州系 売り越し

セクター別

売り・・・医薬品 輸送用機器 小売業 銀行業 不動産業

買い・・・食料品 電気機器 その他製品 電気・ガス業 サービス業

売り買い交錯・・・機械 精密機器 情報・通信業


日経平均

現在値 19,883.90↓ (17/05/12 15:15)
前日比 -77.65 (-0.39%)
始値 19,941.64 (09:00) 前日終値 19,961.55 (17/05/11)
高値 19,941.64 (09:00) 年初来高値 19,989.94 (17/05/11)
安値 19,809.91 (11:22) 年初来安値 18,224.68 (17/04/17)


日経平均は77円安と3日ぶり反落、米国株安・円高で売り先行、「幻のSQ」に=12日後場 2017/05/12 15:21

12日の日経平均株価は前日比77円65銭安の1万9883円90銭と3日ぶりに反落。前場は、11日の米国株安や円強含みが重しとなり、利益確定売りが先行した。円高・ドル安歩調もあって、株価指数先物にまとまった売り物が出たのをきっかけに下げ幅を拡大し、一時1万9809円91銭(前日比151円64銭安)まで下押した。後場は、前場終値1万9823円28銭(同138円27銭安)近辺で小幅にもみ合った後、下げ渋りの動きとなったが、戻りは限定された。きょうは決算発表のピークで週末要因もあり、全般は様子見気分が尾を引いた。

 きょう算出の日経平均先物ミニ・オプション5月限のSQ(特別清算指数)値は1万9991円27銭で、日経平均株価がSQ値にタッチしない「幻のSQ」となった。

 東証1部の出来高は22億4862万株、売買代金は2兆9645億円。騰落銘柄数は値上がり734銘柄、値下がり1140銘柄、変わらず141銘柄。

 市場からは「SQに絡む売買は225型で買い超だったが、指数は上がらず、売り圧力の強さを印象付けた。幻のSQでもあり、上値の重しとして意識される。テクニカル的な過熱感もあり、それを冷ます意味でも調整の可能性がある」(準大手証券)との声が聞かれた。

 業種別では、住友鉱<5713>、東邦鉛<5707>などの非鉄金属株が下落。菱地所<8802>、東建物<8804>などの不動産株や、特殊陶<5334>、太平洋セメ<5233>などのガラス土石株も売られた。トヨタ<7203>、三菱自<7211>などの輸送用機器株も軟調。

 個別では、18年3月期は連結営業利益16.4%減を見込む日立造<7004>や、Dガレージ<4819>、ヨコオ<6800>、TOWA<6315>などの下げが目立った。

 半面、石油石炭製品株では、18年3月期の増配や中期経営計画などを発表したJXTG<5020>が上昇。第1四半期(17年1-3月)の連結決算で営業利益73.2%増の楽天<4755>や、DeNA<2432>などのサービス株も買われた。18年3月期は連結営業利益12.0%増を見込み4円増配予定に自社株買いも発表の丸井G<8252>や、三越伊勢丹<3099>などの小売株も高い。

 個別では、第1四半期(17年1-3月)の連結決算で黒字転換のKLab<3656>や、エムアップ<3661>がストップ高。18年3月期の連結業績予想で大幅増収増益のIDEC<6652>も大幅高。大林組<1802>によるTOB(株式公開買い付け)実施で前日ストップ高配分の大林道<1896>(監理)は連騰。17年3月期の連結業績予想を上方修正した東京機<6335>や、18年3月期は連結営業利益37.8%増を見込み増配予定の富士機製<6134>などの上げも目立った。なお、東証業種別株価指数は全33業種中、21業種が下落した。

提供:モーニングスター社



トレーダーズウェブ 明日の戦略 5/12 17:17

2万円には届かずも週間では大幅上昇、先高期待が高まる

 東証1部の騰落銘柄数は値上がり734/値下がり1140と売りが優勢。決算が買い材料となった楽天が6%超の大幅上昇。日産自やSMCなども業績確認で強い動きを見せた。丸井Gやフージャース、力の源HDなどが急伸し、強気の見通しを発表したアイビー化粧品はストップ高まで買われた。一方、ルネサスやコニカミノルタ、日立造船などが決算失望で大幅安。昼休みに決算を発表したデジタルガレージが後場に入り急落した。新興市場ではアカツキやオールアバウトなどの下げが目立った。

 決算ラッシュの今週に日経平均はしっかり年初来高値を更新した。節目の2万円はつけられなかったが、19800円台で週を終えたのは上々の結果と言える。決算の反応はまちまちではあるが、日本株全般としては強い動きで、先高期待は高まった。東証一部業種別の週間騰落を見ると、上位は空運、石油・石炭、鉱業、建設、サービスで、下位は海運、繊維、非鉄金属、輸送用機器、ガラス・土石となった。この中でセクターとしての動きの良さが目立ったのが建設セクター。大成建設、大林組、清水建設の大手ゼネコン3社が今週に年初来高値を更新し、きょう昼休みに大幅減益見通しを発表し、後場に急落した鹿島も下値で買いが入り、引けではプラスを確保した。大林組以外の3社は今期は2桁の営業減益計画なのだが、株価はそれほどネガティブ視しておらず、むしろ、先行きを楽観していない姿勢を評価した感もある。他の業種では減益計画なら叩き売られていた銘柄も少なくないだけに、この先、相対優位性が強まる可能性がある。

【来週の見通し】 堅調か。連休明けの日経平均が一段高となり年初来高値を更新したことから、下げづらい地合いが醸成されると予想する。日経平均の2万円乗せが一つの焦点となるが、仮に届かなかったとしても、直近で為替が大きく円安に振れたことが下支え要因となり、大きく崩れる展開にはならないと考える。週前半は引き続き決算銘柄を中心に、個別物色の活況が想定される。決算一巡後は材料難とはなるが、業績発表の初動で大きく動いた銘柄も多いことから、証券会社のレポートなどを手がかりに、しばらくは適正水準を探る売買が続くと予想する。国内指標では17日の3月機械受注や18日の1-3月期GDP発表などが注目される。米国ではNY連銀製造業景気指数や鉱工業生産など指標発表がいくつかあり、これらがドル高・円安を誘因するようなら、日本株をもう一段底上げする展開も期待できる。

【今週を振り返る】 強い動きとなった。東京市場が大型連休中に海外市場ではリスク・オンの地合いが続いたことに加え、仏大統領選の決選投票が波乱のない結果となったことから、連休明けの日経平均は450円高と大幅上昇。これまで抵抗となっていた19500円どころを大きく上回り、年初来高値を更新した。その後も為替市場で円安が進行したことが追い風となり、連日で高値更新の動きとなった。良好な地合いを受けて決算銘柄を中心に個別物色も活況となり、大幅高となった8日に東証1部の売買代金は3兆円を超え、その後も高水準の商いが続いた。節目の2万円にはあと一歩届かず、週末には利益確定売りに押されたものの、日経平均は週間では約438円の上昇となり、週足では4週連続で陽線を形成した。



日経平均寄与度

日経平均 値上がり銘柄数 72

日経平均 変わらず銘柄数 7

日経平均 値下がり銘柄数 146


東証業種別ランキング:石油石炭が上昇率トップ、石油資源が決算結果受けリバウンド見せる[FISCO] 配信日時 2017年5月12日(金)16:40:58 掲載日時 2017年5月12日(金)16:50:58

石油石炭が上昇率トップ。原油相場の上昇が材料視されている。また、石油資源が発表した決算では、18/3期営業見通しが336.2%増と回復を見込んでおり、リバウンドをみせていた。その他、サービス、小売、陸運が堅調。半面、非鉄金属、不動産、ガラス土石、輸送用機器、パルプ紙が冴えない。

業種名/現在値/前日比(%)

1. 石油・石炭製品 / 1,144.09 / 2.01
2. サービス業 / 1,778.18 / 0.69
3. 小売業 / 1,185.45 / 0.65
4. 陸運業 / 2,045.50 / 0.52
5. 電力・ガス業 / 454.77 / 0.49
6. 鉱業 / 319.66 / 0.40
7. 精密機器 / 5,223.67 / 0.23
8. 食料品 / 1,920.66 / 0.19
9. 金属製品 / 1,367.36 / 0.17
10. その他製品 / 2,362.85 / 0.15
11. 医薬品 / 2,658.24 / 0.13
12. 建設業 / 1,189.13 / 0.02
13. 空運業 / 282.49 / -0.01
14. 海運業 / 339.07 / -0.12
15. 卸売業 / 1,305.79 / -0.29
16. 化学工業 / 1,797.52 / -0.34
17. 機械 / 1,744.96 / -0.42
18. 情報・通信業 / 3,366.78 / -0.44
19. 繊維業 / 701.64 / -0.44
20. ゴム製品 / 3,593.58 / -0.53
21. その他金融業 / 607.19 / -0.56
22. 保険業 / 990.74 / -0.62
23. 鉄鋼 / 539.04 / -0.72
24. 証券業 / 409.45 / -0.76
25. 倉庫・運輸関連業 / 1,561.48 / -0.84
26. 電気機器 / 2,152.13 / -0.91
27. 水産・農林業 / 511.98 / -0.93
28. 銀行業 / 187.08 / -0.95
29. パルプ・紙 / 506.76 / -1.01
30. 輸送用機器 / 2,799.28 / -1.11
31. ガラス・土石製品 / 1,139.83 / -1.17
32. 不動産業 / 1,378.45 / -1.61
33. 非鉄金属 / 1,052.31 / -1.91


TOPIX

現在値 1,580.71↑ (17/05/12 15:00)
前日比 -6.15 (-0.39%)
始値 1,585.16 (09:00) 前日終値 1,586.86 (17/05/11)
高値 1,585.16 (09:00) 年初来高値 1,588.84 (17/05/11)
安値 1,574.31 (11:22) 年初来安値 1,452.15 (17/04/17)


JPX日経インデックス400

現在値 14,111.69↑ (17/05/12 15:00)
前日比 -50.79 (-0.36%)
始値 14,153.06 (09:00) 前日終値 14,162.48 (17/05/11)
高値 14,153.06 (09:00) 年初来高値 14,182.65 (17/05/08)
安値 14,053.20 (11:22) 年初来安値 13,018.61 (17/04/17)


JASDAQ平均

現在値 3,073.94↓ (17/05/12 15:00)
前日比 -7.84 (-0.25%)
始値 3,079.80 (09:00) 前日終値 3,081.78 (17/05/11)
高値 3,081.63 (09:02) 年初来高値 3,091.76 (17/05/11)
安値 3,072.03 (13:23) 年初来安値 2,750.70 (17/01/04)


マザーズ指数

現在値 1,060.43↓ (17/05/12 15:00)
前日比 -8.72 (-0.82%)
始値 1,069.03 (09:00) 前日終値 1,069.15 (17/05/11)
高値 1,070.19 (09:00) 年初来高値 1,097.78 (17/03/13)
安値 1,059.67 (11:29) 年初来安値 949.51 (17/01/04)


東証REIT指数

現在値 1,760.07↓ (17/05/12 15:00)
前日比 -7.29 (-0.41%)
始値 1,769.60 (09:00) 前日終値 1,767.36 (17/05/11)
高値 1,772.02 (11:05) 年初来高値 1,868.86 (17/01/06)
安値 1,758.53 (14:30) 年初来安値 1,726.89 (17/04/14)


日経平均VI

現在値 14.55↓ (17/05/12 15:20)
前日比 +0.20 (+1.39%)
始値 14.37 (09:00) 前日終値 14.35 (17/05/11)
高値 15.09 (11:22) 年初来高値 24.33 (17/04/13)
安値 14.29 (10:38) 年初来安値 14.03 (17/05/11)


東証2部指数

現在値 5,892.55↓ (17/05/12 15:00)
前日比 +25.86 (+0.44%)
始値 5,885.88 (09:00) 前日終値 5,866.69 (17/05/11)
高値 5,901.58 (09:45) 年初来高値 6,051.09 (17/04/03)
安値 5,876.28 (12:43) 年初来安値 5,230.62 (17/01/18)


日経平均先物

現在値 19,880.00↑ (17/05/12 05:30)
前日比 -80.00 (-0.40%)
高値 19,980.00 (17:27) 始値 19,950.00 (16:30)
安値 19,790.00 (23:31) 前日終値 19,960.00 (17/05/11)


TOPIX先物

現在値 1,581.00↑ (17/05/12 05:30)
前日比 -6.50 (-0.41%)
高値 1,589.50 (17:22) 始値 1,587.00 (16:30)
安値 1,574.50 (23:23) 前日終値 1,587.50 (17/05/11)


JPX日経400先物

現在値 14,095.00↑ (17/05/12 05:30)
前日比 -70.00 (-0.49%)
高値 14,175.00 (17:22) 始値 14,160.00 (16:30)
安値 14,050.00 (23:23) 前日終値 14,165.00 (17/05/11)


東証マザーズ指数先物

現在値 1,047.00↑ (17/05/12 02:28)
前日比 -5.00 (-0.48%)
高値 1,051.00 (22:47) 始値 1,050.00 (20:49)
安値 1,041.00 (23:43) 前日終値 1,052.00 (17/05/11)


NYダウ先物 円建

現在値 20,870.00↓ (17/05/12 04:57)
前日比 -9.00 (-0.04%)
高値 20,874.00 (04:49) 始値 20,871.00 (17:54)
安値 20,762.00 (23:24) 前日終値 20,879.00 (17/05/11)


CME日経平均先物 円建

現在値 19,870.00↑ (17/05/11 17:13 CST)
前日比 +5.00 (+0.03%)
高値 19,870.00 始値 19,870.00
安値 19,870.00 前日終値 19,865.00 (17/05/11)


SGX日経平均先物

現在値 19,885.00↑ (17/05/12 04:44 SGT)
前日比 -70.00 (-0.35%)
高値 19,980.00 始値 19,955.00
安値 19,795.00 前日終値 19,955.00 (17/05/11)


12日の日本国債市場概況:債券先物は150円66銭で終了[FISCO] 配信日時 2017年5月12日(金)18:54:25 掲載日時 2017年5月12日(金)19:04:25

<円債市場>

長期国債先物2017年6月限
寄付150円61銭
高値150円69銭
安値150円60銭
引け150円66銭
売買高総計17447枚

2年 376回 -0.180%
5年 131回 -0.125%
10年 346回  0.040%
20年 160回  0.600%

債券先物6月限は、150円61銭で取引を開始。150円60銭を安値に、円高・株安を受けて買いが優勢になり、150円69銭まで上昇した。日銀の国債買い入れオペの結果も好感され、買いにつながった。現物の取引では、2年債、5年債、10年債が買われ、20年債はもみ合いになった。

<米国債概況>2年債は1.33%、10年債は2.37%、30年債は3.02%近辺で推移。債券利回りはやや低下。(気配値)

<その他外債市況・10年債>ドイツ国債は0.41%、英国債は1.13%で推移、オーストラリア10年債は2.63%、NZ10年債は2.95%。(気配値)



長期国債先物

現在値 150.610↓ (17/05/12 05:24)
前日比 +0.030 (+0.02%)
高値 150.620 (23:27) 始値 150.580 (15:30)
安値 150.530 (16:50) 前日終値 150.580 (17/05/11)


日本国債3年

年利回り -0.150 (17/05/12 02:05)
前日比 +0.001


日本国債5年

年利回り -0.116 (17/05/12 02:05)
前日比 +0.002


日本国債10年

年利回り 0.051 (17/05/12 02:05)
前日比 -0.001


アジア株 総じて下落、上海株は上昇 配信日時 2017年5月12日(金)18:31:00 掲載日時 2017年5月12日(金)18:41:00

東京時間18:30現在

香港ハンセン指数   25156.34(+30.79 +0.12%)
中国上海総合指数  3083.51(+22.01 +0.72%)
台湾加権指数     9986.82(-14.66 -0.15%)
韓国総合株価指数  2286.02(-10.35 -0.45%)
豪ASX200指数    5836.90(-41.44 -0.70%)
インドSENSEX30種  30139.86(-111.12 -0.37%)

 12日のアジア株は、総じて下落。週末を控えて、利益確定の売りに押される市場が多かった。一方、上海株は安寄り後に上昇に転じた。シルクロード経済圏構想(一帯一路)への期待感も買いにつながったもよう。

 上海総合指数は反発。一時7か月半ぶりの安値に沈んだ後、下げ渋りから上昇に転じた。金融を中心に上昇した。保険大手の中国人寿保険、銀行大手の中国農業銀行、自動車メーカーの上海汽車集団、医薬品メーカーの康美薬業、ウエハメーカーの三安光電が買われた。
     
 香港ハンセン指数は小幅高。一時マイナス圏に沈んだものの、プラス圏で引けた通信サービスのテンセント・ホールディングス、世界的金融グループのHSBCホールディングスが買われる一方で、保険会社のAIAグループ、電子部品メーカーの瑞声科技(AACテクノロジーズ・ホールディングス)が売られた。
   
 豪ASX200指数は反落。一般消費財・サービス、情報技術、ヘルスケアが下げの中心となった。ギャンブルマシン製造・販売のアリストクラート・レジャー、娯楽施設運営のクラウンリゾーツ、ソフトウェア会社のテクノロジー・ワン、病院経営のラムゼー・ヘルスケアが売られた。



中国 上海総合指数 アジア株価 リアルタイムチャート


12日の中国本土市場概況:上海総合0.7%高と続伸、金融株が相場けん引[FISCO] #klugfxnews_369827

配信日時 2017年5月12日(金)17:00:59 掲載日時 2017年5月12日(金)17:10:59

12日の中国本土市場は値上がり。主要指標の上海総合指数は、前日比22.01ポイント(0.72%)高の3083.51ポイントと続伸した。上海A株指数も上昇し、23.15ポイント(0.72%)高の3229.13ポイントで取引を終えている。中国人民銀行(中央銀行)の資金供給が支援材料。

人民銀は12日、金融政策ツールの一種である「中期流動性ファシリティ(MLF)」を通じ、4590億人民元(約7兆5735億円)を市場に供給したと発表した。金融当局が流動性確保に動いたと歓迎されている。政策期待も高まる状況。「一帯一路」(中国が掲げるシルクロード経済圏構想)に関する初の国際会議は、今月14~15日に開催される。本土景気の先行き不安や、金融当局の監督管理強化などが懸念され小安く寄り付いたものの、指数は上げ幅を徐々に広げた。

時価総額上位の金融株が相場けん引。中国工商銀行(601398/SH)が2.6%、中国人寿保険(601628/SH)が2.7%ずつ値を上げた。バイオ医薬関連株の一角も物色される。政府(中央と地方)の2017年医療向け予算が1兆4044億人民元となり、医療制度改革前の08年と比べ4.4倍に膨らむと報告されたことが手がかり。康美薬業(600518/SH)が3.9%高、上海復星医薬集団(600196/SH)が3.4%高で引けた。空運株や海運株、自動車株などもしっかり。北京、天津などに事業拠点を置く銘柄群はそろって続伸。河北省の「雄安新区」設立に絡む期待感が再び広がった。

下水処理の天津創業環保集団(600874/SH)がストップ高、インフラ・公共設備運営の北京首創(600008/SH)が5.3%高、送配電機器の保定天威保変電気(600550/SH)が3.2%高と買い進まれた。一方、外貨建てB株相場はまちまち。上海B株指数が0.70ポイント(0.22%)安の321.92ポイント、深センB株指数が6.28ポイント(0.58%)高の1086.11ポイントで終了した。



上海総合指数 中国
▲0.72%
3,083.51
H:3,090.49
L:3,051.87
+22.01
16:05

CSI300指数 中国
0.86%
3,385.38
H:3,387.27
L:3,349.17
28.73
16:05

上海B株 中国
▼0.22%
321.92
H:323.32
L:321.33
-0.70
05/12

深センB株 中国
▲0.58%
1,086.11
H:1,087.70
L:1,078.47
+6.28
05/12

上海A株 中国
▲0.72%
3,229.13
H:3,236.43
L:3,195.86
+23.15
05/12

深センA株 中国
▲0.06%
1,903.83
H:1,907.57
L:1,888.25
+1.06
05/12


12日の香港市場概況:ハンセン0.12%高と5日続伸、テンセントが指数を押し上げ[FISCO] 配信日時 2017年5月12日(金)20:07:14 掲載日時 2017年5月12日(金)20:17:14

12日の香港市場は続伸。ハンセン指数は前日比30.79pt高(+0.12%)の25156.34ptだった。狭いレンジでの取引となったが、連日で年初来高値を更新している。2015年7月以来、約1年10ヶ月ぶりの水準。ハンセン指数の構成銘柄の騰落は、上昇が27、下落が21、横ばいが2だった。中国ネット大手のテンセントが続伸し、1銘柄で同指数を41pt押し上げている。テンセントが出資する韓国ゲーム開発大手のネットマーブル・ゲームズが韓国市場に新規上場しており、これが材料視されたようである。


HangSeng 香港
▲0.12%
25,156.34
H:25,211.28
L:25,087.32
+30.79
05/12

H株指数 香港
▲0.24%
10,282.65
H:10,323.82
L:10,236.18
+25.02
05/12

レッドチップ指数 香港
▼0.04%
3,918.91
H:3,927.80
L:3,906.39
-1.38
05/12

AORD オーストラリア
▼0.70%
5,836.90
H:5,878.70
L:5,815.60
-41.44
05/12

KOSPI 韓国
▼0.45%
2,286.02
H:2,296.51
L:2,283.38
-10.35
05/12

STI シンガポール
▼0.48%
3,255.29
H:3,272.02
L:3,253.54
-15.82
18:10

加権 台湾
▼0.15%
9,986.82
H:10,008.25
L:9,961.37
-14.66
05/12

KLSE マレーシア
▲0.03%
1,775.87
H:1,778.64
L:1,773.15
+0.48
05/12

PSEi フィリピン
▼0.01%
7,815.53
H:7,815.53
L:7,724.37
-0.87
05/12

JKSE インドネシア
▲0.39%
5,675.22
H:5,698.96
L:5,668.72
+22.21
05/12

VN ベトナム
▲0.05%
725.37
H:726.40
L:724.41
+0.38
05/12

SET タイ
▼0.41%
1,543.94
H:1,550.13
L:1,537.43
-6.33
05/12

Sensex インド
▼0.21%
30,188.15
H:30,299.74
L:30,111.45
-62.83
05/12

Nifty インド
▼0.23%
9,400.90
H:9,437.75
L:9,372.55
-21.50
05/12
ジャンル:
経済
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5/12 国内主要商品指数 | トップ | 5/11 欧米主要株式指数  »
最近の画像もっと見る

政治経済問題」カテゴリの最新記事